俳壇賞2019 落選作 鉄橋は鉄を響かせ山桜

俳壇賞2019

落選作

 

◎葉書俳句

20句抄

俳壇賞2019

 

 

◎テキスト

春たのし雪美しく新しく ハードエッジ

鉄橋は鉄をひびかせ山桜 ハードエッジ

妙齢みょうれいはしころげて春の旅 ハードエッジ

春昼しゅんちゅうの手分けして読むファンレター ハードエッジ

鉛筆のBはブラック桜咲く ハードエッジ

花種や地味な中にも色かたち ハードエッジ

 

猫の子の黄昏たそがれどきを鳴く声ぞ ハードエッジ

チョコレートの分厚ぶあつき五月来りけり ハードエッジ

  何で五月なんだ、、、
  でも、五月って分厚いだろ?

風薫かぜかおる本の中からその書評しょひょう ハードエッジ

  「風薫る」はどうだろう?
  初案は「あたたか」。
  最終的にヒネリを効かせたつもりが、読み返すとどうも座りが悪い

  あたたかや古書の中からその書評 ハードエッジ

 

枇杷びわの種ほどの大きさ枇杷の種 ハードエッジ

 

黙々もくもくと我らがための冷蔵庫 ハードエッジ

  「われ等がため」の秀句:
  永き日のわれ等が為の観世音かんぜおん 高濱虚子たかはま きょし

 

夏負けに冷してうま蜆汁しじみじる ハードエッジ

  「旨き」といえば、
  はつうまや煮しめてうまき焼豆腐 久保田万太郎

手の甲にふつくらとゆるすまじ ハードエッジ

ざぶざぶと日焼彦ひやけのひこを洗ひやる ハードエッジ

  歌会始め風に人名に「の」を入れてみたかったのです

 

秋晴の丸一日となりにけり ハードエッジ

食パンを運ぶトラックさわやかに ハードエッジ

自転車の低きをげるばばの秋 ハードエッジ

草の色がやさしくなりぬ秋の風 ハードエッジ

流れ行く水輪の数も秋の暮 ハードエッジ

秋の夜は遠き電車を聞くべかり ハードエッジ

 

 

耳掻みみかきの先がくるつと小六月 ハードエッジ

  狙ったんだが、ハズレか

北の風吹けば風力ありぬべし ハードエッジ

  ラジオの天気予報の定型文
  「室戸岬では東北東の風、風力3、晴れ、19ミリバール、12度、、、」
  現在では、ミリバール→ヘクトパスカル

大根があれば何とか成りさうな ハードエッジ

  風呂吹き、千六本の味噌汁、おろし、、、

聖夜かな銀の湯舟に身をまかせ ハードエッジ

  当時は銀のクリスマスで上出来と思ったものの、、、失敗作

 

 

新年

初夢の電車がとても美しく ハードエッジ

  電車の名句:
  春の都電光りて中の夫見えず 岡本眸    ひとみ

紅白で飾る金銀宝船 ハードエッジ

 

 

木も草もすずめの色に冬深し ハードエッジ

  ちなみに、雀色時すずめいろどき=夕方、日暮の意です

 

押し寄せて夜となるなる氷柱つららかな ハードエッジ

  ワケワカ、失敗作

 

足もとにさきすみれを雪女 ハードエッジ

  菫が小さいのは当り前、、、ではありますが

 

春近し牛のごとくにうんと押す ハードエッジ

  ホントに春は来るんでしょうか

 

 

◎推敲過程/データベース

 

 

◎「落選俳句」検索結果/Google

今朝はこんな感じでした/2020.1.31
上位独占!!

落選俳句/Google

最新状況はこちら

以上です