俳壇賞2021 落選作-B 麗かに蝶よ花よと遊びをる

俳壇賞2021 落選作 プランB「蝶よ花よ」

落選作

投稿当時はプランBまで出来て、
自信満々でしたが、
読み返すと、
今一つな句が多いような、、、

◎葉書俳句

プリンタの目詰りにより、
本文の黒字が灰色に、
バックの赤文字が途切れてますがご容赦

◎テキスト

うららかにちょうよ花よと遊びをる ハードエッジ

蝶よ:
バケツの絵蝶よ蜻蛉とんぼ磯遊いそあそび 後藤比奈夫  ひなお
蝶よ蝶よと道をれると道にでた 池田澄子
蝶よ昔荘周そうしゅうと云ふうつけあり 寺田寅彦    とらひこ
頬杖ほおづえの蝶よ花よと気がきぬ 池田澄子
一瞥いちべつを与へ初蝶よとおもふ 後藤夜半   やはん
初蝶よと見ればあたりにちらちらす 鈴木貞雄

花よ:
ほころびをつくろふこともなく花よ ハードエッジ
花ひらく小さな花よ花びらよ ハードエッジ

特急の臨時停車りんじていしゃ花吹雪はなふぶき ハードエッジ

臨時:
電気を運ぶ臨時の柱夜桜よざくらへ 田川飛旅子たがわ ひりょし

春昼しゅんちゅうや公園もあるガスタンク ハードエッジ

公園:
公園に遊具ゆうぐ残して鳥帰る 大串章
青丹あおによし奈良公園のひやしあめ 辻田克巳つじた かつみ
草刈つてあとをながめて公園課 内田美紗  みさ
小公園片側冬の川流れ 大野林火   りんか
公園を見おろす家の干蒲団ほしぶとん 上田信治

公園/自作:
公園の土砂つちすな小石梅雨晴間つゆはれま ハードエッジ
公園にありあまた蟻あまた ハードエッジ
公園にまれし蟻の数いくつ ハードエッジ
公園に夜のブランコ夜の蟻 ハードエッジ
公園のベンチに小さき雪だるま ハードエッジ
鹿しかがゐて奈良公園のクリスマス ハードエッジ
公園に灯のめし大晦日おおみそか ハードエッジ

青梅雨あおつゆいねまつすぐに立てりけり ハードエッジ

梅雨明けは、
水を得て伸びゆく稲や梅雨明つゆあける ハードエッジ

炎天下えんてんかつひにキリンの倒さるる ハードエッジ

打水うちみずをけふは神輿みこしの男らに ハードエッジ

男ら:
男らの汚れるまへの祭足袋たび 飯島晴子

西日にしびして太平洋に島いくつ ハードエッジ

太平洋:
野遊のあそびの終り太平洋にづ 大串章おおぐし あきら
波音の太平洋や松の花 小圷健水こあくつ けんすい
遠泳えんえいの太平洋のしずくかな 曽根新五郎そね しんごろう
白浪しらなみの太平洋や夏期講座 泉美予子
はえふや太平洋の船の中 正岡子規  しき
虫鳴けり太平洋もまつくらに 茨木和生いばらき かずお
日本海に太平洋に千代ちよの春 ハードエッジ
胸高むなだかに太平洋の初日かな 沼尻巳津子ぬまじり みつこ

夜濯よすすぎのボタンを押せば水の音 ハードエッジ

夜濯の最後の水の吸はれ消ゆ ハードエッジ

吸はれ:
しやぼん玉れたる土に吸はれけり 村上鞆彦    ともひこ
揚雲雀あげひばり雲に吸はれてしまひけり ハードエッジ
ソーダ水深きところを吸はれをる ハードエッジ
子が泣けばマスクに吸はれ行く涙 ハードエッジ

七夕たなばた坊主頭ぼうずあたまの子が二人 ハードエッジ

天の川うつす大きな水たまり ハードエッジ

つくつくとつくつく法師ぼうし名乗るなり ハードエッジ

非電化区間なりけり天高し ハードエッジ

む水の石をのみこむ水輪かな ハードエッジ

霧雨きりさめ連絡船れんらくせんの着く港 ハードエッジ

連絡船:
遊船ゆうせんを連絡船が抜いてゆく 中本真人   まさと
連絡船は磁気嵐じきあらしとやほたるの夜 ハードエッジ
荒波の連絡船や日短ひ みじか ハードエッジ

子規しき糸瓜へちま鶏頭けいとうかきかね ハードエッジ

受け出せし女房にょうぼうの焼く秋刀魚さんまかな ハードエッジ

女房:
女房も一つ年取る桜かな ハードエッジ
汗女房饂飩地獄うどんじごくといひつべし 小澤實おざわ みのる
胡瓜きゅうりもみ世話女房せわにょうぼうといふ言葉 高濱虚子たかはま きょし
女房も亭主ていしゅも古りぬ今年酒ことしざけ ハードエッジ
色さめし古女房ふるにょうぼうや帰り花 蝶夢ちょうむ
女房も同じ氏子うじこ除夜詣じょやもうで 中村吉右衛門きちえもん

長き夜の小学校の椅子いすつくえ ハードエッジ

春は雲丹うに秋は毬栗いがぐり針長し ハードエッジ

白粉花おしろい前輪駆動ぜんりんくどう三輪車 ハードエッジ

三輪車:
花吹雪はなふぶき抜け全速の三輪車 対馬康子つしま やすこ

曼珠沙華まんじゅしゃげたやすくあくまるなり ハードエッジ

化けてでて顔にりつく曼珠沙華まんじゅしゃげ ハードエッジ

エイリアン

切株の丸くて小春日和こはるびよりかな ハードエッジ

小春日和:
玉のごとき小春日和をさずかりし 松本たかし
小春日和洗濯せんたく日和もず日和 ハードエッジ
挿話そうわめく小春日和といふがあり 相生垣瓜人あいおいがき かじん
汀女ていじょゐる小春日和の熊本へ 星野立子
座布団ざぶとんや小春日和の人を待つ ハードエッジ
面影おもかげのそのまま小春日和かな 深見けん二
捨てられし仔猫こねこに小春日和かな 飯田龍太いいだ りゅうた
こんなにも小春日和の続くとは ハードエッジ

ラーメンを待つ列進め初時雨はつしぐれ ハードエッジ

かき混ぜて納豆なっとうねばる虎落笛もがりぶえ ハードエッジ

かき混ぜ:
き混ぜないカルピスに似て月朧つきおぼろ H・T
ふじの花風呂の熱きをかき混ぜて 岸本尚毅   なおき
乱暴らんぼう滝壺たきつぼの水かき混ぜて ハードエッジ
かき混ぜて浮かぶ生姜しょうがひやあめ 岸本尚毅   なおき
反対にかきまぜてみる葛湯くずゆかな 五十嵐義知いがらし よしとも
かき混ぜるお玉の重し薺粥なずながゆ ハードエッジ

虎落笛げき弔合戦とむらいがっせんか ハードエッジ

木枯こがらしの一番乗りの火事場なり ハードエッジ

火事場:
鍋焼なべやきや火事場に遠き坂の上 正岡子規  しき

いくたびも雪に置かれし旅鞄たびかばん ハードエッジ

旅鞄:
鳥雲とりくもに子等にも持たす旅鞄 西村和子
花見んと花屑はなくずに置く旅鞄 まゆずみまどか
初夏や虚子きょしやなぎの旅鞄 藤田あけがらす
歳時記さいじきは秋を入れたり旅かばん 川崎展宏    てんこう
旅鞄小さく軽し秋のちょう 阿部みどりじょ
旅鞄雪に降ろせばいかりめく 西村和子

つくづくと風邪かぜじゃの字のあることを ハードエッジ

新年

一堂に姫や坊主ぼうず歌留多かるた会 ハードエッジ

◎推敲過程 データ

俳壇賞 2021 プランB

◎推敲過程 データ補遺

投稿に使用しなかった捨句

俳壇賞 2021 プランB 補遺

◎推敲過程 プリントに手書き

原稿捜索中、、、

◎葉書俳句 表側

◎落選葉書一覧

DuckDuckGo 検索:
最新版はこちら

Google検索:
最新版はこちら

以上です