俳壇賞2021 落選作-A 紅さしてこの子どこの子祭の子

俳壇賞2021 落選作「この子どこの子」

落選作

◎葉書俳句

 

 

◎テキスト

春雪の白の攻め入る水たまり ハードエッジ

春+雪+白:
春立つや雪嶺せつれいはまだ夢の白 大串章おおぐし あきら
立春の雪白無垢しろむく藁家わらやかな 川端茅舎かわばた ぼうしゃ
花よりも白く大きく春の雪 ハードエッジ
ほろほろと白のこわるる春の雪 ハードエッジ
紅白の菓子美しや春の雪 小津安二郎おづ やすじろう
黒と白みだれ降るなり春の雪 阿波野青畝あわの せいほ
雪よりも真白き春の猫二匹 高濱虚子たかはま きょし

 

またしても長閑な駅に止るなり ハードエッジ

またしても:
またしても鴬餅うぐいすもちの粉厚し 飯島晴子
夏座敷なつざしきまたしてもとり散らしけり 久保田万太郎
またしてもふりくる雨や秋出水あきでみず 久保田万太郎
またしてもきつね見舞ひぬ下りやな 黒柳召波くろやなぎ しょうは
行くかりやまたしても建つビルディング 久保田万太郎
またしても人のおちめや年の暮 久保田万太郎
またしても賀状の干支えとの一廻り ハードエッジ

 

 

公園に地元の赤子風薫る ハードエッジ

地元:
夕方は地元のニュースあつぱつぱ 小池康生   やすお

波郷忌はきょうきや地元のバスの深大寺じんだいじ ハードエッジ

温泉に地元の赤子年の暮 森田智子

 

 

湯加減ゆかげん塩梅あんばい申す新茶殿 ハードエッジ

加賀人が酢の塩梅や霜のかに 正岡子規  しき

 

舌頭ぜっとう千転せんてんせよと蛞蝓なめくじり ハードエッジ

舌頭:
舌頭に千転するや汗の玉 正岡子規  しき
舌頭にとろりと甘きかんの水 高橋淡路女    あわじじょ
笹鳴ささなきの舌頭見ゆるかに近し 皆吉爽雨みなよし そうう

 

揚羽蝶あげはちょう黒く正しく美しく ハードエッジ

美+黒:
美しき黒の剥落はくらく揚羽蝶 ハードエッジ
枇杷びわの種黒く大きく美しく ハードエッジ
枝々の黒美しき夕紅葉ゆうもみじ 川崎展宏    てんこう
黒板を美しくして冬休 齋藤朝比古さいとう あさひこ

 

縦横に水羊羹の詰め合せ ハードエッジ

詰め合せ:
紫と黒の葡萄ぶどうの詰め合せ ハードエッジ

 

紅さしてこの子どこの子祭の子 ハードエッジ

紅さし:
紅さして寝冷ねびえの顔をつくろひぬ 高濱虚子たかはま きょし
紅さして口数減りぬ七五三 近藤英子
紅さしてゐしはまことか雪女郎ゆきじょろう 永井龍男   たつお
寒紅かんべにに紅さしゆびのふと不憫ふびん 後藤比奈夫  ひなお
掃除婦そうじふの紅さし指もひびの指 岡本眸    ひとみ
凍鶴いてづるの眼の紅さしてかなしけれ 山口青邨    せいそん

 

夕立や草刈る人にその草に ハードエッジ

 

夏の夜のソースにける赤茄子とまとかな ハードエッジ

化ける:
明月や茶釜ちゃがまに化ける古狸ふるだぬき 寺田寅彦
何にでも化ける力の烏瓜からすうり 宇多喜代子うだ きよこ
化ける気もなくて海鼠なまこのままでゐる ハードエッジ

 

夢見よとつぶやくやうに遠花火とおはなび ハードエッジ

夢見:
くちなはの夢見て伸ぶる黒髪か 黛執[《まゆずみ しゅう》
夢見ざる眠りまつくら神の旅 小川軽舟    けいしゅう
こおりりあふて何を夢みる海鼠哉なまこかな 松瀬青々まつせ せいせい

夢見/自作:
こんな日は夢みるやうに春の雪 ハードエッジ
海底に夢みる空母夏の月 ハードエッジ
寝待月ねまちづき夢見の月となりにけり ハードエッジ
鬼の子も父母ちちははの夢見るならむ ハードエッジ
うとうとと夢見るごとき小春かな ハードエッジ
こわい夢見しや氷柱つららの曲りしは ハードエッジ
願はくは夢みるちから宝船 ハードエッジ

 

 

蟻地獄夜通し風の吹きすさぶ ハードエッジ

吹きすさぶ:
植木市春ゆく風の吹きすさぶ 飯田蛇笏いいだ だこつ

 

秋晴のフライトを待つレストラン ハードエッジ
はらわたをくねくね納め秋昼寝 ハードエッジ

くねくね:
割箸わりばしの先に毛虫がくねくねと ハードエッジ

 

白露しらつゆやほどけば消ゆる花結び ハードエッジ

花結び:
けやすきものにうすら花結び ハードエッジ
さへづりや遍路へんろの笠の花結び 吉田未灰   みかい
武者人形むしゃにんぎょうかぶとひもの花結び 高橋淡路女    あわじじょ

 

澄む水は母なる海を恋ひ流る ハードエッジ

海と母:
絶海ぜっかいをいまも流るる母のひな 吉田汀史
海底に空母くうぼが四つ夏の月 ハードエッジ
海にきて母の日傘ひがさかげぐ 佐野美智
母の日の海が集めるちぎれ雲 岡本眸    ひとみ

地下鉄が闇を押し行く赤い羽根 ハードエッジ

作者としては丸ノ内線のイメージ
とは言え、
「丸の内線って、全体が真っ赤で、、、」とは、
既に、古老の昔語りか?

地下鉄:
竜天りゅうてんに昇る地下鉄の通気孔つうきこう 鈴木きぬ絵
地下鉄を出れば銀座の春の雪 吉屋信子
地下鉄の押し来る空気花疲はなづかれ 小川軽舟
猫の恋地下鉄郡部ぐんぶまで延びて 前山松花
地下鉄は青き火花を夜の秋 長谷川櫂はせがわ かい
コクトー忌地下鉄の窓鏡なす 榮猿丸さかえ さるまる
牡蠣船かきぶねし地下鉄の工事音 右城暮石うしろ ぼせき
地下鉄も初日浴びゆく小石川 福島胖    ばん

地下鉄/自作:
地下鉄の使はぬ駅にほたるふ ハードエッジ
地下鉄で行く地下街のクリスマス ハードエッジ
地下鉄の中に踏まるる落葉かな ハードエッジ
地下鉄が速くて便利義士祭ぎしまつり ハードエッジ
地下鉄で参る浅草都鳥みやこどり ハードエッジ

 

アメリカへ新車を運ぶ月の船 ハードエッジ

月の舟:
座布団ざぶとんしてこれより月の舟 ハードエッジ
一燈いっとうを目ざしぎゆく月の舟 桂信子

 

ひ上げて切らるる糸の夜長よながかな ハードエッジ

縫ひ上げ:
縫ひあげて汗のわが身に遠く置く 宍戸富美子
縫ひ上げてすぐにて出る浴衣ゆかたかな 宮崎君子
縫ひ上げて歯で切る糸や一葉忌いちようき 岩城のり子
縫ひあげし春著はるぎをかりのそでだたみ 村田青麦    せいばく

 

秋深し画鋲がびょうの穴は紙に木に ハードエッジ

画鋲:
春惜はるおしむ画鋲を深くし直し 金子敦かねこ あつし
ポスター破れ画鋲びたる修司しゅうじ ハードエッジ
新緑しんりょくや画鋲も金をそろへたる ハードエッジ
文化の日幹はあまたの画鋲刺す 福永耕二
画鋲ひとつ枯木に光り学園祭 桂信子

 

珈琲コーヒー練乳れんにゅうらす神の留守るす ハードエッジ

珈琲/自作:
梅雨寒つゆざむの部屋のコーヒー卵焼 ハードエッジ
置かれあるアイスコーヒー稲荷いなりずし ハードエッジ
女中頭じょちゅうがしらアイス珈琲ひと口飲み ハードエッジ
珈琲に負けてはならじ柏餅かしわもち ハードエッジ
秋の夜のにごる珈琲む紅茶 ハードエッジ
秋灯しゅうとうや珈琲の香とペンの音 ハードエッジ
珈琲を芭蕉ばしょうは知らず初時雨はつしぐれ ハードエッジ
珈琲にミルクのうずや神の留守るす ハードエッジ
数へ日の街が暮れ行くカフェオーレ ハードエッジ
帰り来て珈琲の香や初詣はつもうで ハードエッジ

 

木枯のガスステーション屋根大き ハードエッジ

 

屋敷やしきの子らが落葉をいてをる ハードエッジ

屋敷:
琴やめてうぐいす聞くや下屋敷しもやしき 正岡子規  しき
うぐひすの宿はと問へば梅屋敷 酒井抱一さかい ほういつ
釣堀つりぼりへぬくるみちあり梅屋敷 大場白水郎    はくすいろう
物売ものうりを梅からよぶや下屋敷 小林一茶   いっさ
お屋敷の音にこそ聞け松手入まつていれ ハードエッジ
柿買の裏門のぞく屋敷かな 正岡子規  しき
人住まぬ屋敷の池の氷かな 正岡子規  しき
変化へんげ住む屋敷もらひて冬籠ふゆごもり 与謝蕪村よさ ぶそん
水仙ややぶの付きたる売屋敷うりやしき 浪化

落葉道長き小枝を拾ひけり ハードエッジ

小枝:
啓蟄けいちつや水道管の枝小枝 ハードエッジ
木をつて小枝をちらす春の土 矢島渚男やじま なぎさお
春待つや花なき小枝伸ばしては ハードエッジ
寒禽かんきんの取り付く小枝あやまたず 西村和子
落葉かき小枝ひろひて親子かな 正岡子規  しき
裸木はだかぎつまびらかなる枝小枝 ハードエッジ
菜箸さいばしのやうな小枝に返り花 金子敦かねこ あつし

ふる雨は落葉の闇にしみとほる ハードエッジ

 

木枯や鉄階段の螺旋なす ハードエッジ

螺旋:
遺伝子いでんし銀河ぎんがも螺旋かんの明け ハードエッジ
赤き火の螺旋を辿たど蚊遣かやりかな ハードエッジ

 

腸詰ちょうづめの腸の悲しみ枯木立かれこだち ハードエッジ

腸詰:
腸詰が秋の河原にはじけ飛ぶ ハードエッジ

うたた寝のこの子どこの子こたつの子 ハードエッジ

うたた寝:
うたた寝のやうに春日が水の中 南うみを
うたた寝の覚めて降りゐし春の雪 原石鼎  せきてい
うたた寝のやうな明るさ春の雪 ハードエッジ
うたたねのいまが佳境かきょう春炬燵はるごたつ 清水凡亭    ぼんてい
うたた寝のじやまにはならず百千鳥ももちどり 鎌田保子
うたた寝に団扇うちわの風をたまはりぬ ハードエッジ
人生や秋うたた寝もその一つ 鈴木鷹夫   たかお
小春日こはるびのうたたね哀れ小傾城こけいせい 会津八一あいづ やいち
うたたねの夢美しやおきごたつ 久保より江

 

雪の夜に寝かす味噌・酒・赤ん坊 ハードエッジ

寝かす:
子を寝かす子守唄かも蚯蚓みみず鳴く ハードエッジ
南瓜かぼちゃて一晩寝かす手紙かな ハードエッジ

 

 

新年

年玉の穴あき金貨枕辺まくらべに ハードエッジ

金貨:
金貨ほど重たくもなし桜貝 ハードエッジ
いくさよあるな麦生むぎふに金貨天降あもるとも 中村草田男   くさたお

 

◎推敲過程 データ

壇2021 プランA 推敲

 

◎推敲過程 プリントに手書き

原稿捜索中、、、

◎葉書俳句 表

 

◎落選葉書一覧

DuckDuckGo 検索:
最新版はこちら

Google検索:
最新版はこちら

 

 

以上です