ペア95 八月に「帽振れ」といふ別れかな

ペア95

◎刃物の曇り

花冷はなびえ包丁ほうちょう獣脂じゅうしもてくもる 木下夕爾きのした ゆうじ

短夜みじかよあぶらに曇るナイフかな 相子智恵あいこ ちえ

 

 

◎丼の蓋

ふたあけて天丼てんどん匂ふ花の雨 ハードエッジ

花時やカツ丼の蓋閉じきらず 相子智恵あいこ ちえ

 

 

◎高速の山

時速百キロつぎつぎと山笑ふ 太田うさぎ

初富士はつふじをものの五分で通過して ハードエッジ

 

 

◎地方紙

岩手日報ひざにひらいて草のもち 遠藤梧逸えんどう ごいつ

朝刊は秋田新報鰯雲いわしぐも 中岡毅雄なかおか たけお

信濃しなのには「信濃毎日」とよの秋 広渡敬雄ひろわたり たかお

黒葡萄くろぶどう包む「山梨日日」に 中村与謝男  よさお

 

 

◎文字の果

涅槃ねはん黒板拭こくばんふきに文字のくず ハードエッジ

地虫じむしづ吸ひ取り紙に字のかけら 西原天気さいばら てんき

燃えし屑まだ字が読める焚火たきびあと 能村研三のむら けんぞう

 

 

◎飯粒大事

飯粒めしつぶあり宝物ほうもつ涅槃像ねはんぞう ハードエッジ

飯粒を神輿みこしに蟻や木の芽山 矢島渚男やじま なぎさお

 

 

◎帽子振る

夏帽子振つて大きなさやうなら 太田うさぎ

八月に「帽振れ」といふ別れかな ハードエッジ

 

 

◎鳴くか、鳴かぬか

もずのごと鳴けざることのくやしかり 藤井あかり

さみしさのいま声出さばかものこゑ 岡本眸    ひとみ

つるくやわが身のこゑと思ふまで 鍵和田秞子かぎわだ ゆうこ

 

 

◎皿の絵

大皿に青き山脈さんみゃく雪催ゆきもよい ハードエッジ

皿の絵の波また波や蕪村ぶそんの忌 鈴木鷹夫   たかお

 

 

◎自販機

販売機ごとりと落葉はじまりぬ 岡本眸    ひとみ

缶コーヒー取出口の落葉かな 金子敦    あつし

 

以上です