開発素句報 2022-01 湯上りの子を初夢に託しけり

開発素句報 2022-01 「謹賀新年

◎葉書俳句

 

 

◎テキスト

かねのしみ入るやうに去年今年こぞことし ハードエッジ

鐘の音:
鐘の音を追ふ鐘の音よ春の昼 木下夕爾きのした ゆうじ

さびしさやけばのどかな鐘の音 矢島渚男やじま なぎさお

鐘のおとまづ鳴りわたるおぼろかな 久保田万太郎

聞かぬ日もありて鐘の音かすみけり 鈴木花蓑    はなみの

驚くや梅見うめみの寺の鐘の音 ハードエッジ

鐘の音は音速で消ゆ秋の暮 ハードエッジ

鐘のおとしのびて柿を食ひにけり 相生垣瓜人あいおいがき かじん

狐火きつねびミ手に消えて鐘の音 ハードエッジ

 

神々は陸海空りくかいくうに初日の出 ハードエッジ

神々:自作:
神々の呵々かか大笑たいしょう花吹雪はなふぶき ハードエッジ

神々もさびしがりしや秋の暮 ハードエッジ

神々も家路いえじを急ぐ寒夕焼かんゆやけ ハードエッジ

希臘ぎりしゃにも神々多し水仙花すいせんか ハードエッジ

天球てんきゅうまわ神々去年今年こぞことし ハードエッジ

神々が大挙たいきょ今年をととのへる ハードエッジ

神々の仲よきことも宝船たからぶね ハードエッジ

神々と季語きごと我らと初句会はつくかい ハードエッジ

 

パソコンは開かれし窓年明としあくる ハードエッジ

開かれ:自作:
あじの香や日がな天日てんぴに開かれて ハードエッジ

開かれてあじ干物ひものに花は葉に ハードエッジ

開かれてうなぎ大きくなりにけり ハードエッジ

焚火たきびの手押し開かれて行くやうな ハードエッジ

 

あけまして光るは金の福寿草ふくじゅそう ハードエッジ

光るは:
遠目にも光るは硝子がらす初景色はつげしき 岸本尚毅   なおき

 

長男の負けてゆゆしや絵双六えすごろく ハードエッジ

負けて:
じゃんけんで負けてほたるに生まれたの 池田澄子

ずるずると負けて悲しき終戦日 ハードエッジ

一度負けてそれから老いし角力すもうかな 野村喜舟    きしゅう

 

湯上りの子を初夢にたくしけり ハードエッジ

託し:
蒲公英たんぽぽわたすべてを託しけり ハードエッジ

 

年賀状とら千里せんりを十二年 ハードエッジ

千里:
千里来て千里遠くへ秋の風 ハードエッジ

酒買に千里の外や今日の月 高井几董   きとう

千里飛び来て白鳥のあらそへる 津田清子

千里飛ぶ白鳥のうで太きかな ハードエッジ

 

 

◎推敲過程/テキスト

開発素句報 2022-01

 

 

◎推敲過程/手書き

開発素句報 2022-01

 

◎葉書俳句表側

 

 

以上です