角川俳句賞2021 落選作-B 新妻の新緑の旅衣かな

角川俳句賞 2021
プランB「汗の笑顔」50句

制作総数:原句106句/推敲総数592句 平均推敲数=5.6
内、捨句:原句57句/推敲総数229句→最終稿0句 平均推敲数=4.0
最終稿 :原句49句/推敲総数363句→最終稿50句 平均推敲数=7.3

落選作

◎葉書俳句

 

◎テキスト

春昼しゅんちゅうや糸の尾ながきティーバッグ ハードエッジ

糸の尾:
針のひく糸の尾ながき弥生やよいかな 久保田万太郎

春昼しゅんちゅうや糸の尾長くグルーガン 利普苑りーふぇんるな

 

 

成田なりたフライトインフォメーション地虫じむしづ ハードエッジ

 

 

の花や明日あるごとく咲き続く ハードエッジ

明日ある:
明日あると思ふ春燈しゅんとう消しにけり 三田きえ子

もの芽出づ明日あることの確かさに 山田弘子

身を折りて明日あるための髪洗かみあらふ 舘岡沙緻たておか さち

稲妻いなづまのほしいままなり明日あるなり 石田波郷    はきょう

揚花火あげはなび明日に明日あるごとく 阪西敦子   あつこ

 

初夏はつなつのガードレールの緑色 ハードエッジ

ガードレール:
花吹雪はなふぶきガードレールのふにやとあり 中原道夫

ばつたねガードレールをかんと打つ 中本真人   まさと

 

すでに子らあせをいとはぬ五月かな ハードエッジ

先頭のすでに:
すでにして声とどかざる野に遊ぶ 中村汀女    ていじょ

すでにして玉のつぼみ玉椿たまつばき ハードエッジ

すでに書を読めぬ暗さの端居はしいかな ハードエッジ

すでに女は裸になつてゐた「つづく」 加藤静夫

すでにしてを抱くかたち毛糸編けいとあみ 岡本眸    ひとみ

すでにして寄鍋よせなべらしきくりやなり ハードエッジ

 

公園に木の椅子いすかわ薄暑はくしょかな ハードエッジ

乾く椅子:
にじ立ちてたちまち雨の乾く椅子 岸本尚毅   なおき

 

 

新妻にいづま新緑しんりょく旅衣たびごろもかな ハードエッジ

「新」の読み方2種、句跨くまたが

新妻:
新妻のかひがひしくも夏痩なつやせて 山田弘子

新妻のくつずれ花野来しのみに 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

 

 

新緑しんりょくや白と黒なるチェスのこま ハードエッジ

白と黒:
十字路じゅうじろで別れ日傘ひがさの白と黒 鶴岡加苗つるおか かなえ

虫干むしぼしせ字の白と黒の丸 高千夏子こう ちかこ

蒟蒻こんにゃくの白と黒とが秋水に 辻桃子

 

新緑しんりょくを虫がこのめり鹿しかふ ハードエッジ

好めり:
雀らも色を好めり藪椿やぶつばき 松本ヤチヨ

こいもまた日ざし好めり冬の山 茨木和生いばらき かずお

 

青空も見えて若葉の雨宿あまやどり ハードエッジ

雨宿り:
せなの子のつばめ見てをり雨やどり 福田蓼汀    りょうてい

雨やどりにじ消ゆるまで見つくせり 塚本回子

夕立に幾人乳母うばの雨やどり 森川許六    きょりく

雨宿りしてしばらくは薔薇ばらの前 山口青邨    せいそん

牡蠣舟かきぶねに雨宿りせり淀屋橋よどやばし 冨田みのる

 

梅雨空つゆぞらのグラデーションのきところ ハードエッジ

濃きところ:
古町の春色の濃きところかな 日野草城    そうじょう

風が見ゆ青田もつとも濃きところ 池田秀水    しゅうすい

裸婦像らふぞうかげ濃きところ薔薇園そうびえん 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

猫が知る冬日もつとも濃きところ 伊藤伊那男  いなお

雑炊ぞうすいの卵の黄身の濃きところ 澤田和弥さわだ かずや

金屏きんびょうにともし火の濃きところかな 高濱虚子たかはま きょし

緑濃きところは捨ててねぎ白し ハードエッジ

 

横にしてかさをバサバサ梅雨つゆの日々 ハードエッジ

ばさばさ:
ぱさぱさと木ごもる羽音夜の雪 宇佐美うさみ魚目ぎょもく

 

梅雨明つゆあけの小学校がかわくなり ハードエッジ

小学校:
猫のに小学校のチャイム鳴る 岡田由季

の花や小学校の昼餉ひるげ時 正岡子規  しき

日焼して小学校の教師たり 星野高士ほしの たかし

富士見ゆる小学校や夏休 高田風人子たかだ ふうじんし

青葉しげれる小学校の鼓笛隊こてきたい 穴井太

貧しげな小学校や秋の暮 京極杞陽きょうごく きよう

風花かざはなや小学校の昼やすみ 上村占魚うえむら せんぎょ

湯の町の小学校や冬休 高田風人子たかだ ふうじんし

小学校/自作:
遠足の小学校のがらんどう ハードエッジ

村々の小学校の桜かな ハードエッジ

麦秋ばくしゅうや小学校の二階建 ハードエッジ

長き夜の小学校の椅子いすつくえ ハードエッジ

小学校老人の日の静けさに ハードエッジ

荒海あらうみや小学校の冬休 ハードエッジ

 

夜明けなり決死けっしせみが穴をづ ハードエッジ

決死:
いてはげし人は決死の形相ぎょうそうに 久米三汀く め さんてい

 

早起はやおきにあれもこれもと夏休 ハードエッジ

早起き:
早起の夫につかへて明易あけやすし 京極杞陽きょうごく きよう

簗守やなもりは早寝早起を持たず 大橋越央子   えつおうし

世につらきこと早起きよ霜柱しもばしら 嶋田摩耶子  まやこ

旅なればみんな早起き柳絮りゅうじょ飛ぶ 溝口博子

早起き/自作:
湖の宿に早起き蜆汁しじみじる ハードエッジ

さえずるや早起き鳥の月曜日 ハードエッジ

豆腐屋とうふやの早寝早起き冷奴ひややっこ ハードエッジ

早起きのお城を巡る捕虫網ほちゅうもう ハードエッジ

早寝早起き避暑地ひしょちの日々に少しく ハードエッジ

早起や胡瓜きゅうりのみどり茄子なすこん ハードエッジ

寒雀かんすずめみな早起きでありにけり ハードエッジ

よき初夢に早起きをしてしまふ ハードエッジ

 

日盛ひざかりの地下水を吸ふ木の根かな ハードエッジ

木の根:
地に覚めて木の根草の根雛祭ひなまつり 矢島渚男    なぎさお

炎昼えんちゅうの木の根のごとき兜太とうたの字 友岡子郷    しきょう

木の根に晝寝ひるねゑにひたるごとかりき 中村草田男   くさたお

地蔵盆じぞうぼん木の根に赤子置かれある 黛執まゆずみ しゅう

いのししの雪につまづく木の根かな 正岡子規  しき

遠くへる大木の根や草の花 西山泊雲    はくうん

草の根も深き木の根も冬に入る 藤田湘子    しょうし

 

アスファルトもコンクリートも日の盛り ハードエッジ

雑木ぞうきの芽コンクリートの乾きゆく 上田信治   しんじ

コンクリの基礎の部屋割り紫木蓮しもくれん 小池義人   よしと

さくら咲くコンクリートをつてゐる 加倉井秋を《かくらい あきお》

川底もコンクリートや花筏はないかだ 相子智恵あいこ ちえ

コンクリの中の鉄筋てっきん桃の花 ハードエッジ

健気けなげなりコンクリートも大根も ハードエッジ

永遠はコンクリートを混ぜる音か 阿部青鞋あ べ せいあい

 

炎天えんてんをのらりくらりと松が伸び ハードエッジ

くらり:
春愁しゅんしゅうやくらりと海月くらげくつがへる 加藤楸邨    しゅうそん

余花よかの谷くらりと深し晩年や 殿村菟絲子とのむら としこ

 

くさりつつもののけゆく暑さかな ハードエッジ

腐り:
秋立つや達磨だるましりのくさりより 正岡子規  しき

盆供物ぼんくもつ腐りて紙にへばりつく 辻田克巳つじた かつみ

相触あいふれてより白桃はくとうの腐りそむ 中田剛なかた ごう

冬牡丹ふゆぼたん咲かで腐りしつぼみかな 正岡子規  しき

 

皺腹しわばらさばきなばすずしかろ ハードエッジ

涼しかろ:
炎天えんてんも雲の中なら涼しかろ ハードエッジ

無人島の天子とならば涼しかろ 夏目漱石なつめ そうせき

水切のざるになりなば涼しかろ ハードエッジ

ぶかぶかの水着にすれば涼しかろ ハードエッジ

 

 

時もまた滴一滴てきいってきしたたるよ ハードエッジ

一滴:
香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女   はつじょ

二滴一滴そして一滴新茶かな 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

つひの一滴のこきんと新茶かな 鷹羽狩行

空を行く血の一滴のなりけり ハードエッジ

酸橘すだち一滴正鵠せいこくるやうに 佐藤郁良   いくら

 

 

抱きついて汗の笑顔をこすりつけ ハードエッジ

こすり:
女来て枯木に煙草たばここすり消す 阿波野青畝あわの せいほ

きゆつきゆつとシャワーはいつも全開に ハードエッジ

 

籐椅子とういすの母にかれし古写真 ハードエッジ

母に抱かれ:
母に抱かれてわれまつさきにさえずれり 八田木枯はった こがらし

いいにお春著はるぎの母にいだかれて ハードエッジ

 

うすぐらき蚊帳かやの昼寝をこのみけり ハードエッジ

好みけり:
今日の月馬も夜道を好みけり 村上鬼城    きじょう

鯛焼たいやきを人にはげず好みけり 富安風生とみやす ふうせい

干菜風呂ほしなぶろ火の粉はやみを好みけり ながさく清江きよえ

 

監獄かんごくおそひし日なり巴里祭ぱりまつり ハードエッジ

監獄:
監獄のへいの外なる氷かな 京極杞陽きょうごく きよう

 

消毒や日焼のうで脱脂綿だっしめん ハードエッジ

消毒:
花冷はなびえや消毒液にメス沈む 椎野順子しいの   

 

弱虫も泣虫も西瓜すいか切る ハードエッジ

弱虫:
病院一の弱虫患者かんじゃ黄水仙きすいせん 石田波郷   はきょう

泣虫:
泣き虫の子猫を親にもどしけり 久保より江

どろんこの泣虫洗ふシャワーかな ハードエッジ

泣き虫のまた泣かされて胡麻ごまの花 高倉和子

 

多福たふく型スプーンで食ふアイスかな ハードエッジ

お多福:
天狗てんぐにはお多福の妻御田植 中本真人   まさと

 

すくひたるアイスクリーム毛羽けば立ちぬ ハードエッジ

毛羽立つ:
黒雲の底の毛羽立つ厄日やくびなり 正木ゆう子

ぽたぽたの氷菓ひょうかの棒は急ぐべし ハードエッジ

失敗作

焼そばの人と相席あいせきごおり ハードエッジ

焼そば:
アラビアン焼そばを食ふ熱帯夜ねったいや ハードエッジ

にじ消えてカップ焼そば出来上る ハードエッジ

焼そばのはしを燃やせる海の家 ハードエッジ

 

 

捕虫網ほちゅうもうおさなき兄を先頭に ハードエッジ

先頭:
二次会へ行く先頭のサングラス 金子敦かねこ あつし

かんばせを先頭にしてへび長し ハードエッジ

天高く先頭を行く教習車きょうしゅうしゃ ハードエッジ

先頭を男踊りの少女かな 齋藤朝比古さいとう あさひこ

先頭は早稲わせの香に入るそうかね 鈴木鷹夫   たかお

一月の先頭を切る寒さかな ハードエッジ

渋滞の先頭にゐしラッセル車 杉原祐之すぎはら ゆうし

先頭の水鳥みおを長うして 佐々木六戈ささき ろっか

 

土くれを穴から運び出すありも ハードエッジ

土くれ:
土くれと同じ色なる花の種 ハードエッジ

土塊つちくれをちんとひねりしひなのかほ 高田正子

土塊を一つ動かし物芽ものめづ 高濱虚子たかはま きょし

土くれはどんな味するつばめの子 正木ゆう子

土くれにはえてつゆおく小草かな 村上鬼城    きじょう

 

を殺しつくせしけむり明易あけやすし ハードエッジ

 

はたらいて働きありまっとううす ハードエッジ

働いて:
働いて楽しさうなる撒水車さんすいしゃ ハードエッジ

働いて太ることなしありの列 ハードエッジ

 

 

ほんまやなものの五分でありたかる ハードエッジ

ものの五分:
身仕度みじたくのものの五分や桃の花 大西朋    とも

初富士はつふじをものの五分で通過して ハードエッジ

 

 

はすの花に自壊じかいきざしなかりけり ハードエッジ

 

向日葵ひまわりにこれはバールのやうなもの ハードエッジ

 

 

地球儀ちきゅうぎ西日にしびの部屋のすべてかな ハードエッジ

 

夕焼が地下へ沈んでゆくところ ハードエッジ

地下:
春なれや地下の浅きを銀座線 加藤静夫

ありの列ここより地下に入りゆけり 山口波津女  はつじょ

蝉の穴地下から掘つて来りけり ハードエッジ

地下を出て地下より暗し秋の暮 藤田湘子    しょうし

銀行の地下に金庫や秋の風 ハードエッジ

駅と駅地下で結ぶよ星祭 ハードエッジ

曼珠沙華まんじゅしゃげ地下に血脈あるごとし 福田蓼汀    りょうてい

曼珠沙華地下に束ね持つ手あるかに 福田蓼汀

地下深くミサイル立てて枯野かな ハードエッジ

クリスマス地下に京橋日本橋 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

クリスマス愚者ぐしゃの楽園地下にあり 福田蓼汀

 

 

職業しょくぎょう寺山修司てらやましゅうじ夜店の灯 ハードエッジ

 

 

交番に向日葵ひまわりさとすなり ハードエッジ

交番:
腰かけいこふ交番うらの鞦韆しゅうせんに 中村草田男   くさたお
※鞦韆=しゅうせん、ふらここ、ぶらんこかも

交番へ冷し中華の届けられ 近恵こん けい

 

螢火ほたるびや庭にうずめし宝物 ハードエッジ

宝物:
行く春や土に隠せば宝物 山田露結   ろけつ

山寺の宝物ほうもつ見るや花の雨 高濱虚子たかはま きょし

ひなの灯に子の宝物ありつたけ ハードエッジ

宝物のことごとく武具ぶぐ夏館なつやかた 高井紅雨   こうう

命終めいしゅうのぽたりと落る蚊遣かやり ハードエッジ

命終:
命終に一つは欲しき流れ星 ハードエッジ

命終や埋火うずみびのこの純白じゅんぱくは ハードエッジ

 

これもまた一夜の命蚊遣かやりの火 ハードエッジ

一夜:
われら一夜大いに飲めばかん明けぬ 石田波郷    はきょう

夜桜の一夜をかけし落花なり ハードエッジ

くひとに一夜のえん蛍籠ほたるかご 大野林火   りんか

そろへある一夜かぎりのおどり下駄げた 染矢恵二そめや けいじ

芋虫いもむしの一夜の育ち恐ろしき 高野素十   すじゅう

いのししの血抜の一夜音やまず 小澤實おざわ みのる

一夜経て虫吐きにけり木の実独楽ごま 山田みづえ

煮凝にこごりに一夜の闇を閉じ込めぬ ハードエッジ

寒鮒かんぶなの一夜のせいに水にごる 桂信子

風音や大つごもりへあと一夜 鈴木鷹夫   たかお

喰て寝てことしも今よひ一夜かな 小林一茶  いっさ

 

山奥の清き流れの紅葉もみじかな ハードエッジ

清き:
白魚しらうおや清きにつけてなまぐさき 炭太祇たん たいぎ

はんけちのたしなみきよき薄暑はくしょかな 久保田万太郎

拍手かしわで白息しらいききよき初詣 森澄雄

雪よりも清ききつねの母ならむ 竹岡一郎

銭湯せんとうの朝影きよき師走しわすかな 広瀬惟然   いぜん

 

山々のはつきり見ゆるからかぜ ハードエッジ

はつきり:
はつきりと一つ一つや花辛夷はなこぶし ハードエッジ

木蓮もくれnのはつきり白し雨曇 日野草城    そうじょう

はつきりとやなぎの中の桜かな 正岡子規 しき

はつきりと桜の中の柳かな 正岡子規

はつきりと翡翠かわせみ色にとびにけり 中村草田男   くさたお

はつきりと富士の見えたる寒さかな 正岡子規  しき

奈良寒し鼻孔びこうはっきり鬼瓦おにがわら 森田智子

耳うごくときはつきりとかりの犬 後藤比奈夫  ひなお

はつきりと月見えてゐる枯木かれきかな 星野立子

 

汗かいてゐる鯛焼たいやきあわれかな ハードエッジ

汗かいて:
睾丸こうがんの汗かいて居るあはれなり 正岡子規  しき

四十年前汗かいて波郷はきょうゐし 藤岡筑邨    ちくそん

 

埋火うずみびのありし空間純白じんぱくす ハードエッジ

純白:
白木蓮はくれんに純白といふ翳りあり 能村登四郎のむら としろう

山百合やまゆりの純白守り抜く香なり 廣瀬町子ひろせ   

花野来て夜は純白の夜具やぐの中 岡本眸    ひとみ

純白で私を避ける雪ばかり 櫂未知子かい      

街に雪この純白のいづくより 橋本榮治

狐火きつねび見し純白の夜をみごもれり 齋藤愼爾さいとう しんじ

 

 

◎初案49句

季語順
最終稿の順とは異なる
季語も異なることあり
初案=最終稿:10句
49句しかないのは、
推敲過程で原句から最終稿が2句出たため

永き日の長き糸ひくティーバッグ ハードエッジ
成田フライトインフォメーション地虫出づ ハードエッジ
菜の花や明日ある如く咲き続く ハードエッジ
腐るより他に手も無く腐る夏 ハードエッジ
皺腹を掻つ捌きなば涼しかろ ハードエッジ
すでに子ら汗をいとはぬ五月かな ハードエッジ
軽暖のガードレールの緑色 ハードエッジ
公園の木の椅子乾く薄暑かな ハードエッジ
アスファルトもコンクリートもみな暑し ハードエッジ
大木を涼しき水の上るなり ハードエッジ
梅雨晴間小学校の乾くなり ハードエッジ
梅雨空のグラデーションの濃きところ ハードエッジ
ばさばさと翼を畳む梅雨の傘 ハードエッジ
炎天をのらりくらりと松の枝 ハードエッジ
地球儀は西日の部屋に孤独なり ハードエッジ
夕焼が丸ごと西へ沈みゆく ハードエッジ
なすすべもなくて滴るにはあらず ハードエッジ
扁平な匙でアイスを削るなり ハードエッジ
抱きついて汗の笑顔を拭かんとす ハードエッジ
ぽとぽとと蚊の征伐や蚊遣香 ハードエッジ
見てをれば長き命の蚊遣かな ハードエッジ
蚊を殺すひと夜の命蚊遣香 ハードエッジ
ラーメンの客も混りて掻き氷 ハードエッジ
新しき籐椅子に写る父と母 ハードエッジ
消毒の涼しき別れ脱脂綿 ハードエッジ
舐めて解かし暑さで解けしアイスかな ハードエッジ
涼しさや昼寝の蚊帳の薄暗き ハードエッジ
職業は寺山修司夜店の灯 ハードエッジ
捕虫網持つて幼き兄として ハードエッジ
早起の楽しみ幾つ夏休 ハードエッジ
監獄を襲ひし日なり巴里祭 ハードエッジ
シャワー激しく排水孔へ流れ込む ハードエッジ
働いて働き蟻を全うす ハードエッジ
つくづくとものの五分や蟻たかる ハードエッジ
拡張の土塊を出す蟻もかな ハードエッジ
螢火と庭の盥の小舟かな ハードエッジ
蝉いでて決死の穴の残りけり ハードエッジ
新緑や白と黒なるチェスの駒 ハードエッジ
新緑を食べる虫ゐる鹿も食ふ ハードエッジ
新妻と行く新緑の旅衣 ハードエッジ
明け方の雨に若葉の雨宿り ハードエッジ
向日葵軍団自壊の兆しあり ハードエッジ
真剣で切れば血を噴く向日葵か ハードエッジ
交番に夜の向日葵が保護されて ハードエッジ
弱虫も泣虫も来よ西瓜切る ハードエッジ
清流に棒を流しぬ初紅葉 ハードエッジ
山々が見えて盆地の空つ風 ハードエッジ
埋火が埋めし処にて消ゆる ハードエッジ
汗かいてゐる鯛焼の袋かな ハードエッジ

 

 

◎推敲過程データ/pdf

最終稿まで残った句:推敲数363句→50句
角川俳句賞 2021 プランB

途中放棄の句:推敲数229句→0句
角川俳句賞 2021 プランB 断念句

 

◎推敲過程 プリント+手書き

原稿行方不明

 

◎落選葉書一覧

DuckDuckGo 検索:
最新版はこちら

Google検索:
最新版はこちら

以上です