開発素句報 2021-01 初日の出しづかに富士のうかびたる

開発素句報 2021-01

謹賀新年

◎葉書俳句

 

 

◎テキスト

初日の出しづかに富士のうかびたる ハードエッジ

  参考句:
  ありの列しづかにちょうをうかべたる 篠原梵しのはら ぼん

  浮びたる自作:
  浮びたる地球の上に浮寝鳥うきねどり ハードエッジ

  雨降るや水鳥水に浮びたる ハードエッジ

 

青空は青の本命ほんめい初御空はつみそら ハードエッジ

  ウチのデータベースは現在59万句収録/自作除外だが、
  「本命」を含んだ句は見当らない

  初案:
  青空は青にそまりて初御空 ハードエッジ
  元旦、起床直後に作句
  「大空は青に」なら凡句だが、
  あえて、青を塗り重ねて深みを、
  と得意だったが、、、そうでもなかった

  

初詣はつもうで神もほとけへだてなく ハードエッジ

  隔ての四季:
  耕牛こうぎゅうの谷を隔てて高く居る 高濱虚子たかはま きょし

  世を隔て人を隔てゝ梅雨つゆに入る 高野素十    すじゅう

  郭公かっこうや母とこだまをへだて住む 今瀬剛一いませ ごういち

  曇る月さらに青葉の隔てけり 林原耒井    らいせい

  稲妻いなづまや海をへだてゝ博多はかたの灯 久保より江

  何もなき冬田へだてゝ村と村 赤星水竹居あかぼし すいちくきょ

  谷隔てあひ傾ける冬菜畑 福田蓼汀    りょうてい

  隔ての自作:
  ハンカチは汗も涙も隔てなく ハードエッジ

  城若葉ホテルはほりを隔てたる ハードエッジ

  古酒のひ新酒の酔ひも隔てなく ハードエッジ

 

 

ねがはくは夢みるちから宝船 ハードエッジ

  願はくは自作:
  願はくは海鼠なまこけて海の底 ハードエッジ

 

 

初夢といふ年玉をたまわりぬ ハードエッジ

  賜りぬ自作:
  うたた寝に団扇うちわの風を賜はりぬ ハードエッジ

  良薬をかびの神より賜りぬ ハードエッジ

  年の瀬に午後の日差を賜りぬ ハードエッジ

 

 

綺羅星きらぼし月雪花つきゆきはな初芝居はつしばい ハードエッジ

  月雪花の自作:
  めでたさの月雪花の絵双六えすごろく ハードエッジ

 

 

この年はマスクも取らず御慶ぎょけいかな ハードエッジ

  御慶の俳句:
  長松ちょうまつが親の名で来る御慶かな 志太野坡しば やば

  日のあたる二階へ御慶申しけり 高田正子

  二十世紀なり列國れっこくに御慶申すなり 尾崎紅葉    こうよう

 

 

◎推敲過程

途中で手書き推敲分の入力をサボったので、
季語や日付のグループがスッキリしてないけど、
もういいや、の倦怠感

開発素句報 2021-01

 

以上です