開発素句報 2020-01 お雑煮の雑と言ふ字も目出度けれ

開発素句報 2020-01

謹賀新年

 

◎葉書俳句

 

 

◎テキスト

静かなるもののはじめの初日の出 ハードエッジ

  改案:
  大いなるものはゆるりと初日の出 ハードエッジ

  その上空では、
  高く飛ぶものはゆつくり初御空 ハードエッジ

やはらかな赤子のあくび年明くる ハードエッジ


歳時記の古きを開く淑気しゅくきかな ハードエッジ


雑煮ぞうにざつと言ふ字も目出度めでたけれ ハードエッジ


人々の歩みゆくなり初詣はつもうで ハードエッジ


参道に泣初なきぞめの子や微笑ほほえまし ハードエッジ


もち食うて餅の心地の寝正月ねしょうがつ ハードエッジ

  画像では誤入力で「心地」の「地」が脱落してます
  今朝、ようやく気が付いて仰天!/2020.1.4
 

 

◎推敲過程/データベース

開発素句報 2020-01

 

 

以上です