夏 【素麺】素麺を冷やす蛇口の露まみれ

全然堂歳時記
【素麺】そうめん

 

◎葉書俳句

 

◎テキスト

素麺の入りし桐箱きりばこひらべつた ハードエッジ

  桐箱の句:
  桐箱と云ふにあらねど桃の箱 ハードエッジ

  桐箱にかるたの月日をさめあり 稲畑汀子いなはた ていこ

  へその桐箱なゝつ七光 攝津幸彦せっつ ゆきひこ

素麺に願ひの糸のごとき赤 ハードエッジ

  願ひの糸の秀句:
  針子はりこたち願の糸をとり~に 清原枴童    かいどう

素麺にひもとくといふ事始ことはじめ ハードエッジ

  春なら、
  ひもとくや春のはじめの花むすび ハードエッジ

素麺の湯をかしつつ胡瓜揉きゅうりもみ ハードエッジ

  胡瓜揉みの自作:
  手間暇てまひまと云ふにあらねど胡瓜揉み ハードエッジ

  蛸足たこあしの肉の真白を胡瓜揉み ハードエッジ

  めてみる手も塩味の胡瓜揉み ハードエッジ

  胡瓜揉み昼餉ひるげも済んでしまひけり ハードエッジ

素麺を翻弄ほんろうすべき湯のたぎり ハードエッジ

煮え滾る湯に素麺を突き立てて ハードエッジ

素麺を冷やす蛇口じゃぐちの露まみれ ハードエッジ

素麺をで上げる水冷ます水 ハードエッジ

  冷ますの名句:
  ぬくめるも冷ますも息や日々の冬 岡本眸    ひとみ

素麺の細く長くと流れ来る ハードエッジ

  改案:
  素麺を細く長くと流すなり ハードエッジ

印度いんど人も素麺すする暑さかな ハードエッジ

  インドの暑さは、
  残暑とは皮のあまりし印度象 雪我狂流ゆきが ふる

素麺の細さを伊太利亜いたりあ人が言ふ ハードエッジ

素麺に紅一点こういってんのさくらんぼ ハードエッジ

  紅一点の秀句:
  切手売る初髪の紅一点嬢 秋元不死男あきもと ふじお

素麺に箸休はしやすめなる西瓜かな ハードエッジ

夏痩なつやせの素麺腹となりにけり ハードエッジ

 

◎推敲過程

全然堂歳時記 夏 【素麺】

 

 

以上です