春 【花篝】花篝がさりと夜はふけにけり

全然堂歳時記 春の部

【花篝】はなかがり

 

◎葉書俳句

全然堂歳時記 春 花篝

 

◎リアル

裸火はだかびの空に近きは花篝  ハードエッジ

折からの風にあおられ花篝  ハードエッジ

やみ深し花の篝を焚けばなほ  ハードエッジ

花びらの飛んで火に入る花篝  ハードエッジ

花篝花びら赤く染まりけり  ハードエッジ

花篝火花にぜいつくしたる  ハードエッジ

 

 

◎幻想

花篝花より赤き命かな  ハードエッジ

火をくはいくさごとし花篝  ハードエッジ

ときの声あげよ無頼ぶらいの花篝  ハードエッジ

城跡しろあとに城ある如し花篝  ハードエッジ

 

 

◎雨

本降りとなつてしまひし花篝  ハードエッジ

雨の夜の人こそ知らね花篝  ハードエッジ

待人まちびとは雨をきたりぬ花篝  ハードエッジ

 

 

◎夜更け

花篝がさりと夜はけにけり  ハードエッジ

いつの間に火のおとろへし花篝  ハードエッジ

火が消えて花篝とはもう言へず  ハードエッジ

 

 

◎昼間

昼は消え花の篝の鉄の足  ハードエッジ

 

 

以上です