名詞 【金の目】 黒猫の金の瞳やパリー祭 吉田ひろし

追加:金の瞼/2019.7.13

俳句類題 名詞

【金の目】 きんのめ

瞳、まぶたを含む

◎人

焚火たきび人金色の眼におしだまり  内藤吐天   とてん

 

 

◎動物

地上:

猫の目の奥の金色五月闇さつきやみ  宇多喜代子

黒猫の金のひとみやパリー祭  吉田ひろし

緑蔭りょくいんに黒猫の目のかつと金  川端茅舎    ぼうしゃ

青蛙ぱつちり金の瞼かな  川端茅舎

空中:

はとの目に金のまじれる桜かな  夏井いつき

ふくろうの眼の金色に冬来たり  右城暮石うしろ ぼせき

水中:

金色の目玉動きぬひきがえる  近藤英子

寒鯉かんごい金鐶きんかんの眼をめにけり  福田蓼汀    りょうてい

 

 

◎非生物

閉ざされしまぶたも金の寝釈迦ねしゃかかな 若井新一

ふつくらと金の瞼の寝釈迦かな ハードエッジ
  目の近くの金色:
  涅槃像ねはんぞうの金の詰りし鼻の穴 ハードエッジ

春塵しゅんじん木馬もくばの金の目のいやし  中村和弘

木偶でくの目の夜は金色に木枯こがらし吹く  桂信子

 

以上です