和語俳句 【ひ】 ひもとけば重箱ふたとれば桜餅 ハードエッジ

◎和語俳句、は行の「ひ」です
分割しました/2017.12.7
→「は」
→「ふ」
→「へ」
→「ほ」

◎犇く=ひしめく

蠢く=うごめく
寒の鵙墓犇きてあるばかり  石田波郷(はきょう)
  ※鵙=もず、「冬の鵙」バージョンもあり

影となるものの犇く枯木山  宇多喜代子

 

 

◎顰む=ひそむ=嚬む

美しき眉をひそめて朝寝かな  高濱虚子(きょし)
  ※眉=まゆ

眉ひそめゐるかに風の日の牡丹  片山由美子
  ※牡丹=ぼたん

聞くだにも眉を顰むる毛虫かな  ハードエッジ

 

 

◎捻る、撚る=ひねる

捻る=ねじる

ひねくれし葉からまつすぐチューリップ  栗山麻衣

ガス栓を捻ればガスやガスの冬  ハードエッジ

枯原の蛇口ひねれば生きてをり  高柳克弘

 

 

◎繙く=ひもとく

ひもとけば重箱ふたとれば桜餅  ハードエッジ

いざ冷やし中華思想をひもとかむ  佐山哲郎

素麺に繙くといふことのあり  ハードエッジ
  ※素麺=そうめん

 

 

◎翻る=ひるがえる

覆る=くつがえる

翻る青のみならず青嵐  後藤比奈夫(ひなお)

あひみての後の日傘をひるがへす  中尾杏子
  古の「あひみて」、
  逢ひ見てののちの心にくらぶれば
  昔はものを思はざりけり  権中納言敦忠(ごんのちゅうなごん・あつただ)

ひるがへる葉に沈みたる牡丹かな  高野素十(すじゅう)
  ※牡丹=ぼたん

 

以上です