開発素句報 2017-06 赤々と金魚の夢は何ならむ

2月以来、半年ぶりの発行
思ったより簡単に出来た、、、が、推敲不足

印刷は従来の表計算ソフトを使用せず、
データベースソフトから直に印刷
振仮名付けられず
マークも手書き、、、まっ、いいや

文字もQ屈、もう少し小振りで行間が欲しかった

◎開発素句報 2017-06 金魚の夢

なすと云へば那須の与一ぞ茄子の花

  ※那須与一=なすのよいち
  ダジャレです
  でも、
  武士のイメージとして、茄子の花は悪くはないと

  下五に合せて表記を「那須の与一」としましたが、
  ここはやはり「那須与一」でしょう

  改案、
  なすと云へば那須与一ぞ茄子の花
    →しばやんの日々、那須与一

  ちなみに、
  与一とは、十余り一、で、
  長男、次男、三男、、、十一男のことらしい、、、子沢山!

  ちなみに、ちなみに、
  俳句・短歌の会津八一さんは、
  明治14年8月1日生れ故の「八一」です

  ダジャレと言えば、こんな句

赤い根のところ南無妙菠薐草  川崎展宏(てんこう)

  ※南無妙=なんみょう/なむみょう、菠薐草=ほうれんそう
  初読、ワケワカ
  そもそも、菠薐草が読めず
  ダジャレらしいと分っても、
  こんなのが俳句でいいのか、、、の感
  今は、、、大いに納得の俳味
  展宏さんは時々、こういう規格外の句を作りますね
    →GGL画像、ほうれん草

 

赤々と金魚の夢は何ならむ

  「金魚の夢」なんて陳腐なフレーズですが、
  例句は意外に少なく、5句のみでした

虫の声金魚の夢にこぞりけり  久保田万太郎

藻を落つる金魚の夢や時鳥  長谷川零餘子(れいよし)

  ※時鳥=ほととぎす

 

水底に暑を逃れたる豆腐かな

  作り過ぎ、捻り過ぎか

  初案、
  水底の涼しかりける豆腐かな
  改案、
  水底に暑を忘れたる豆腐かな
  水底に暑さ忘るる豆腐かな
  水底に沈んで豆腐涼しけれ
  水底に豆腐の沈む涼しさよ
  暑に遠く水に沈みし豆腐かな

  水底が泥沼と化しております

  さて、
  拙句の場面は豆腐屋(店舗)を想定していますが、
  今の人は豆腐屋をどれくらい知っているのでしょうか?
  私の近所には、かつては2軒
  今はナシ
  されば、
  懐かしの豆腐屋俳句など、

豆腐屋が寄附を集めに秋祭  阿部みどり女

豆腐屋の早寝につもる夜の雪  関成美(せいび)

  そして、以下は、
  豆腐と水の参考句:(秋の新豆腐、冬の湯豆腐を除く)

鶯や豆腐沈みし水の底  川端茅舎(ぼうしゃ)

柿若葉豆腐ふれあふ水の中  長谷川櫂(かい)

雲の峰豆腐はしんと水の底  小檜山繁子(こひやま・)

よき水に豆腐切り込む暑さかな  井上井月(せいげつ)

豆腐屋の豆腐の水にもみぢ哉  正岡子規(しき)

 

水底の栓を涼しく抜かんとす

  上記の豆腐屋風景の抽象化
  洗濯機でも、湯舟でも、プールでも、、、ダムでも

  当初、
  「涼しく抜かん」がキマったと思ったものの、
  2日も経つと、なんだか鼻についてきて、
  改案、
  水底の栓を抜きたる涼しさよ
  涼しさや水底の栓抜かんとす

  ふと、
  「底抜」という単語が浮んだので捜してみました

大昼寝湖の底抜けんとす 眞鍋呉夫

  涼しさも、自ずから、です

  結局、栓を抜き、底が抜けたらどうなるかで、
  さらなる改案;/2017.7.18
  渦巻くや栓を抜きたる涼しさに

  理科の授業みたいです
  右回りか、左回りか

  そして、またも、泥沼の推敲、
  涼しさや水抜く穴の渦巻いて
  涼しさや渦を巻きつつ水抜け行く
  涼しさや水渦巻いて穴に入る
  涼しさや渦巻く水の穴に入る
  涼しさや渦巻いて水穴に入る
  涼しさや水渦巻きて穴に消ゆ

 

人魂も涼みに来れ蚊遣香

  ※人魂=ひとだま、蚊遣香=かやりこう
  しかし、
  集ってきたのは、
  恨めしやの、蚊の魂、だったかもしれません

  即吟、/2017.7.18
  ひつそりと蚊遣火は蚊の魂迎
  しづかさや蚊遣火は蚊の魂迎

  ※魂迎=たまむかえ(秋季)
  しかし、
  蚊にしてみれば、
  「何、勝手、言ってやがる」でしょうね、、、  (^_^;;;

 

火も人も裸なりけり夜の海

  関係ないけど、
  「人」に点々付けると「火」になるです

  裸火関連では、

裸火を神の灯と置く涼しさよ  林翔(はやし・しょう)

  ※裸火=はだかび
  神事であればこその涼しさ

 

暗闇に神のごと立つ誘蛾燈

  ※誘蛾燈=ゆうがとう
  少し、もたつき
  改案、
  暗闇に神立つ如く誘蛾燈

◎改訂版です

 

 

◎後記

やたら、長文になりました

当初は、
画像とテキストでシンプルにまとめ、
開発素句報10枚分で、1ページ位に思ってたのですが、
言訳やら、推敲過程やらが増殖し、
参考句にも気合入れたので、
文字数2000字オーバー

読みやすさを考慮して、
1枚1ページ仕立、としました

また、
自作掲載分、7句が目立たなくなったので、色付もしました
我が子可愛や、ご容赦ください

或る日、
「参考句は秀句揃いですね」
ハイハイ、私もがんばります  \(^o^)/

以上、長文をお読み頂き、ありがとうございました
/2147字