開発素句報 2022-02 寒卵プリンになつて喜びぬ

開発素句報 2022-02 「寒玉かんだま

◎葉書俳句

◎テキスト

はるかなる北をもらす冬日かな ハードエッジ

をも:
花烏賊はないかといへばすみをもゆるしけり 今泉貞鳳いまいずみ  ていほう
老躯ろうくをも痩躯そうくをもは選ばざる 相生垣瓜人あいおいがき かじん
虚構きょこうをもひものにする紙魚しみなりし 中原道夫
落穂おちほをもみかためつゝ道となる 高濱虚子たかはま きょし
冬の雨火箸ひばしをもして遊びけり 小林一茶   いっさ

雪崩なだれても雪崩なだれても山眠るなり ハードエッジ

「ても」のリフレイン:
さえずりてもさえずりてもかごの鳥 阿部みどりじょ
まれても踏まれても犬ふぐりかな 稲畑汀子いなはた ていこ
開いても開いてもちるけしの花 正岡子規  しき
わかれてもまたわかれても花野みち 富安風生とみやす ふうせい

「ても」のリフレイン/自作:
こらへてもこらへてもこの落椿おちつばき ハードエッジ
秋雨あきさめや灯をともしても点しても ハードエッジ
母眠し毛糸みても編みてもや ハードエッジ
切られても切られてもクリスマスケーキ ハードエッジ

石投げてみても枯野かれの枯野かれのなり ハードエッジ

みても:
しみても惜しみても散る桜かな 武原はんじょ
水を切る仕ぐさや日傘ひがさたたみても 岡本眸    ひとみ
紙魚しみならばみてもみたき一書いっしょあり 能村登四郎のむら としろう
つるみても秋はさびしやちょうも ハードエッジ
おしみても余りある年惜みけり ハードエッジ
行く年やいくたびなべを囲みても ハードエッジ

使ひ捨てマスク業火ごうかに投ずべし ハードエッジ

業火:
山火事の立ち木業火となりてゆ 右城暮石うしろ ぼせき
秋の暮業火となりてきびは燃ゆ 石田波郷    はきょう
業火にて焼くべき鶏頭けいとうの肉 ハードエッジ
吹雪ふぶに業火で走る鉄の馬 ハードエッジ

雪を出て寒玉かんだまと言ふキャベツかな ハードエッジ

雪を出:
雪を出でそれから直に青葉かな 正岡子規  しき
雪を出し額の枝々影をひき 高野素十    すじゅう
塗椀ぬりわんみやこへのぼる雪を出て 川崎展宏    てんこう
二三寸雪をでたる何かの ハードエッジ

寒卵かんたまごプリンになつてよろこびぬ ハードエッジ

喜びぬ:
梅雨晴つゆばれをテレビの人も喜びぬ ハードエッジ
追ひ抜けば人喜びぬ撒水車さんすいしゃ ハードエッジ
窓あけば家よろこびぬ秋の雲 小澤實おざわ みのる
三つにて腹よろこびぬ丹波栗たんばぐり 森澄雄
枯原に手を振れば影よろこびぬ 細川加賀  かが
寒牡丹かんぼたんつめたき風をよろこびぬ 黒田杏子   ももこ

冬苺ふゆいちご赤しケーキの断面だんめんに ハードエッジ

断面:
パンケーキの断面ましろ涅槃西風ねはんにし 青木ともじ
たがやして土の断面だらけなり ハードエッジ
蜥蜴とかげかなし尾の断面もしまをもつ 中島斌雄なかじま たけお
ドーナツに断面四つ秋の暮 西生さいしょうゆかり
焚口たきぐちまきの断面秋収あきおさめ 寺澤一雄てらさわ かずお
断面のやうなかおからふくろう鳴く 津川絵理子

 

◎推敲過程/テキスト

開発素句報 2022-02 推敲 テキスト

 

◎推敲過程/手書き

 

◎葉書俳句表側

 

以上です