ペア80 雲ひとつなき秋晴の日なりけり ハードエッジ

ペア80

◎割れた花

皿割れて絵の花割れて春のくれ 池田澄子

陶片とうへんに残るまったき草の花 ハードエッジ

 

 

◎雲一つ無き

雲一つなくてまばゆき雪解ゆきげかな 久保田万太郎

うつくしや雲一つなき土用どよう空 小林一茶   いっさ

雲ひとつなき秋晴の日なりけり ハードエッジ

いざよひは雲ひとつなき寒さかな 高井几董   きとう

富士山に雲ひとつなき懐手ふところで まゆずみまどか

 

 

◎大きな地、大きな海

淡海あわうみといふ大いなる雪間ゆきまあり 長谷川櫂はせがわ かい

大いなる近江おうみの国に梅雨籠つゆごもり ハードエッジ

みすずかる信濃しなのは大き蛍籠ほたるかご 伊藤伊那男  いなお

 

 

◎湯水と微笑

うぐひすや微笑ほほえむやうにスープゆ 南うみを

田をわたる風に微笑む植田水 高澤良一たかざわ よしかず

さくらんぼくすぐるやうに洗ひけり 金子敦かねこ あつし

寒卵かんたまご微笑むやうに湯のきて 小池康生

 

 

◎城の高さ

巣燕すつばめの城の高さをまだ知らず 八染藍子やそめ あいこ

黄落こうらくのはじまる城の高さより 野見山ひふみ

 

 

◎マンションの四季

マンションの昼の閑けさ花水木はなみずき 鶴岡加苗

荒梅雨あらつゆやマンションもある大通り ハードエッジ

マンションの又もちたる西日かな ハードエッジ

花火が見えるマンションの説明会 今村豊

マンションの干蒲団ほしぶとんみな白き舌 山口誓子   せいし

 

 

◎まとわる

日盛ひざかり梯子はしごりつくガスタンク 相子智恵あいこ ちえ

青空や道に巻かれて山眠る 鈴木六林男  むりお

 

 

◎葱と女

妻老いて冷索麺ひやそうめんねぎきざむ 遠藤梧逸   ごいつ

もう去らぬ女となりて葱刻む 高柳克弘たかやなぎ かつひろ

OL四年主婦二十年葱刻む 小川軽舟    けいしゅう

葱きざみ妻の三十路みそじくるごとし 宮津昭彦

葱きざむこの音とわが四十年 加藤楸邨    しゅうそん

 

 

◎秋の暮の音

水入れてつぼに音する秋の暮 桂信子

引く浪の音はかへらず秋の暮 渡辺水巴   すいは

火とともに消ゆる火の音秋の暮 神尾久美子

かねの音は音速で消ゆ秋の暮 ハードエッジ

 

 

◎木の葉型

土いまだ木の葉のかたち山眠る 正木ゆう子

灰の上の灰は木の葉の形して 長谷川櫂はせがわ かい

 

以上です