角川俳句賞2020 落選作-a 春待つや猫より小さき箱に猫

【改善】
プラグイン調整で不具合解消したようです
ただし、
フォントやpdfなど一部見え方が変ってしまいました
このまま行くかどうかは様子見です/2020.11.24

【お詫び】
iPadなどでご覧の方へ:
スクロール途中で表示されなくなる可能性があります
  ※手元のiPad/A5X/iOS9.3.5 の、SafariやChromeで発現

   最新型なら大丈夫かも?

このサイトへのアクセス環境は、
モバイルやタブレットが6割以上なのに、
ご迷惑おかけして、申し訳ありません
PCをお持ちでしたら、そちらでご覧ください m(_ _)m

WordPressのテーマ(Tortuga ver.2.1.1)か、
プラグイン/23個!が原因かも知れませんが、
私の技術力では、どうにも対処できずにおります

角川俳句賞2020
プランA「小さき箱」50句

落選作

◎葉書俳句

 

 

 

 

 

◎テキスト

トンネルを抜けて明るし春の雪 ハードエッジ

  トンネルの自作:
  長き長き冬のトンネルへびづる ハードエッジ

  トンネルの向ふへ長しとよの秋 ハードエッジ

 

明暗めいあんの春よ根を張り芽を伸ばし ハードエッジ

  明暗の秀句:
  稲妻いなづまの明暗雲の裏走る 高濱年尾たかはま としお

 

枯草の火力おそろしあぜを焼く ハードエッジ

  火力の秀句:
  長雨に火力おとろ曼珠沙華まんじゅしゃげ 高澤良一たかざわ よしかず

 

浅春せんしゅんの日だまりにある水たまり ハードエッジ

  少し前なら、
  日溜ひだまりの水となりけり雪兎ゆきうさぎ 安里琉太あさと りゅうた

 

たがやして土の断面だんめんばかりなり ハードエッジ

  断面の秀句:
  蜥蜴とかげかなし尾の断面もしまをもつ 中島斌雄   たけお

  焚口たきぐちまきの断面秋収あきおさめ 寺澤一雄てらさわ    

 

天井てんじょうに届く悲しみ涅槃絵図ねはんえず ハードエッジ

  3月なら、
  天井にとどけひいな高御座たかみくら 高濱虚子たかはま きょし

 

春の風邪かぜチクッとしますよと言はれ ハードエッジ

  秋には、
  立秋の肌さらさらと注射受く  阿部みどりじょ

 

消印に消されし切手かり帰る ハードエッジ

  消印の秀句:
  クリスマスカード消印までも読む 後藤夜半   やはん

 

破裂はれつして風船消ゆる桜かな ハードエッジ

  風船秀句:
  日曜といふさみしさの紙風船 岡本眸    ひとみ

  さびしさは紙風船の銀の口 中村与謝男  よさお

  手にしたる風船見あげては走る 大串章おおぐし あきら

  風船を子分のやうに連れ回す 抜井諒一ぬくい りょういち

  風船浮くひもたたみにさはりをり 小川軽舟    けいしゅう

  風船自作宣伝:
  紙風船部屋にも空のあるごとく ハードエッジ

  てのひらを紙風船の港とす ハードエッジ

  風船を離さず迷子まいご泣き止まず ハードエッジ

  風船は空に片手袋は地に ハードエッジ

  風船の割れてしまひし赤い皮 ハードエッジ

 

波音は波の残骸ざんがい松のしん ハードエッジ

  結局は、
  引く浪の音はかへらず秋の暮 渡辺水巴   すいは

  のこりもの:
  虫止んで声のまぼろし残りけり 照屋眞理子てるや まりこ

  冬浜になみのかけらの貝拾ふ 上田五千石    ごせんごく

  鳥笛は息のなきがら春隣はるとなり 長谷川櫂      かい

 

 

海へ出て五月の川の塩辛しおからき ハードエッジ

  塩辛い秀句:
  塩辛き声で呼びこみ海の家 伊藤妙    たえ

  ひた泳ぐ自由は少し塩辛い 櫂未知子かい      

  塩辛い自作:
  落椿おちつばき海にほうれば塩辛き ハードエッジ

  胡瓜揉きゅうりもみ塩辛き手をめもして ハードエッジ

  蛞蝓なめくじの泣いて涙の塩辛き ハードエッジ

  新涼しんりょう味噌みそ醤油しょうゆ塩辛き ハードエッジ

  食品の塩辛:
  塩辛に烏賊いかかつお夏始なつはじめ ハードエッジ

 

さくらんぼ美しき血をやさずに ハードエッジ

  さくらんぼの名句秀句:
  恋文の起承転転きしょうてんてんさくらんぼ 池田澄子

  さくらんぼ子に食べさせて母若し 星野立子

  いたづらをせむとむ子やさくらんぼ 鶴岡加苗

  美しやさくらんぼうも夜の雨も 波多野爽波はたの そうは

  さくらんぼ夜明けのやうにつぱくて 小池康生   やすお

  自作も大量投与: \(^o^)/
  素麺そうめん紅一点こういってんのさくらんぼ ハードエッジ

  姉妹のやうに仲良しさくらんぼ ハードエッジ

  その人の口の中なるさくらんぼ ハードエッジ

  二三日雨読うどくの続くさくらんぼ ハードエッジ

  雨の夜を会ひに行くなるさくらんぼ ハードエッジ

  冷蔵庫の中の暗黒さくらんぼ ハードエッジ

  真夜中に変る日付やさくらんぼ ハードエッジ

 

干傘ほしがさは開き蝸牛かぎゅう渦巻うずまいて ハードエッジ

  干傘の句:
  差すときも干すときも梅雨つゆの傘ひらく ハードエッジ

  傘干しに出て朝顔の種子もる 岡本眸    ひとみ

  干傘や日に照らさるゝはぎのつゆ 高橋淡路女   あわじじょ

  干傘のうらにかくれぬ鳳仙花ほうせんか 高橋淡路女

 

土嚢どのうごとく金魚すくひの子ら蹲踞しゃがむ ハードエッジ

  やや高めに、
  隙間すきまなく金魚すくひの背の壁 北大路翼きたおうじ つばさ

 

くわへられいまはの空を行く毛虫 ハードエッジ

  咥えられる秀句:
  帰りたし子猫のやうに咥へられ 照井翠てるい みどり

 

自らもけがれてかな蠅叩はえたたき ハードエッジ

  自作をもう一句:
  金蠅きんばえの金をべたる蠅叩 ハードエッジ

  より穢れた蠅叩:閲覧注意!反転表示

 ←iPadは反転→「辞書」等で見えます

  はらわたのひつかかりゐる蠅叩 右城暮石うしろ ぼせき

  蠅叩き色々:
  手にとりてしみじみ青し蠅叩き 高野素十    すじゅう

  ととのへて打ちらしけり蠅叩 飯田蛇笏   だこつ

  蠅叩くには手ごろなる俳誌はいしあり 能村登四郎のむら としろう

  蠅叩折れしをビニルテープかな 生駒大祐いこま だいすけ

  蠅打を持て居眠いねむるみとりかな 正岡子規  しき

  葬式そうしきのやがて始まる蠅叩 小島健

  蠅たたき叩き殺してやるつもり ハードエッジ

 

飛行場周辺の草刈つてをる ハードエッジ

  もっと近くの周辺:
  うろうろとわが家周辺あたたかし ハードエッジ

 

マンションの又もちたる西日かな ハードエッジ

  マンションの四季:
  マンションの昼のしずけさ花水木はなみずき 鶴岡加苗

  荒梅雨あらつゆやマンションもある大通り ハードエッジ

  花火が見えるマンションの説明会 今村豊

  マンションの干蒲団ほしぶとんみな白き舌 山口誓子   せいし

 

余生よせいなほばたばたあお団扇うちわなり ハードエッジ

  余生の秀句:
  余生なほなすことあらむ冬苺ふゆいちご 水原秋櫻子    しゅうおうし

 

皿に置く豆腐とうふすなはち冷奴ひややっこ ハードエッジ

  先行句:
  いつまでが豆腐いつより冷奴 朝妻力あさつま りき

  手順の俳句:
  手をあげて足を運べば阿波踊あわおどり 岸風三楼きし ふうさんろう

 

子の髪の匂ひ確かめ洗ひやる ハードエッジ

  子の髪の秀句:
  日の匂ひある子の髪を洗ひやる 大橋敦子   あつこ

  吾子あこの髪少し切らばや洗ひやる 星野立子

 

流木りゅうぼくに水着を干してキャンプの夜 ハードエッジ

  流木の四季:
  流木の根をね上げて雪解川ゆきげがわ 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

  流木にその故郷ふるさとつばめやも ハードエッジ

    ※「かも」→「やも」に推敲
    しかし、意味的、文法的に合ってるのかどうか?

  流木のふるさと知らず夜の秋 櫂未知子かい      

  流木は小貝よろひて厄日前やくびまえ 鷹羽狩行

  みづうみがあげた流木秋の声 川崎展宏    てんこう

  流木をくわへてこおる波ころし 大島民郎

 

爆発ばくはつの大爆発の揚花火あげはなび ハードエッジ

  駄作

 

よく遊びよく学ぶべき秋のチョコ ハードエッジ

  チョコの名句:
  いつの間にがらりと涼しチョコレート 星野立子

  学ぶ俳句:
  火に学ぶごとく焚火たきびを囲みけり 木村淳一郎    じゅんいちろう

  翁忌おきなきやおきなにまなぶ俳諧苦はいかいく 久保田万太郎

 

秋風に乗つて遠くへ行く虫ぞ ハードエッジ

  人ならば、
  遠くまで行く秋風とすこし行く 矢島渚男    なぎさお

 

白も黄も春を知らざる秋のちょう ハードエッジ

  先行句:
  秋蝶や春そのまゝの黄に白に 尾崎迷堂    めいどう

 

追ふ馬は何処いずこへ行きしすいつちよん ハードエッジ

  馬追うまおいの別名がスイッチョン/DuckDuckGo

 

王道を歩むが如く鹿しかつの ハードエッジ

  先行句:
  秋風にふりたて行くや鹿の角 正岡子規  しき

 

タクシーの出払つてゐる昼の虫 ハードエッジ

  先行句:
  旅客機の出払つてをる草の花 千葉皓史   こうし

 

故郷ふるさと野分のわきさまも少しうつる ハードエッジ

  メディアに載る、
  新聞で見るや故郷こきょうの初しぐれ 正岡子規

  駅伝のテレビに映る近所かな 北川美美  びび

 

干柿はのき熟柿じゅくしは枝にかな ハードエッジ

  熟柿自作:
  ひとところさざなみたてる熟柿かな ハードエッジ

  微笑ほほえんで落下の時を待つ熟柿 ハードエッジ

    推敲:落下→放下か?/2020.11.16

  ゆふぐれは赤から黒へ熟柿落つ ハードエッジ

  木に残る熟柿を冷ます夜の雨 ハードエッジ

  晩年は熟柿を投げてあばれたし ハードエッジ

 

踏まれたる木の実の白き悲鳴ひめいなり ハードエッジ

  踏む俳句:
  かたつむり踏まれしのちは天のごとし 阿部青鞋    せいあい

  蝸牛かたつむりピシと音して踏まれたる 松野苑子

  馬場ばばの砂踏めばしいの実鳴りにけり 小川軽舟    けいしゅう

 

 

親子丼おやこどん親子で食べて秋の暮 ハードエッジ

  シャレです

 

満月やダム湖の中の取水口 ハードエッジ

  ネットで見た画像がヒント
  モンティセロダム/DuckDuckGo

 

落としても割れぬコップを今朝けさの冬 ハードエッジ

  落として俳句:
  ふろの火をおとしてよりのおぼろかな ハードエッジ

  境内けいだいに糞を落してさえずれり 前田普羅  ふら
    ※糞=くそ/ふん/まり

  水飯すいはん味噌みそを落してくもりけり 高濱虚子たかはま きょし

  蜘蛛くもけば太鼓たいこ落して悲しけれ 高濱虚子

  雪をき落して白し雪の上 右城暮石うしろ ぼせき

  ぬく飯に落してまど寒玉子かんたまご 高濱虚子

 

ざくざくとねぎきざんで子沢山こだくさん ハードエッジ

  女は家庭!:
  妻老いて冷索麺ひやそうめんの葱きざむ 遠藤梧逸   ごいつ

  もう去らぬ女となりて葱刻む 高柳克弘たかやなぎ かつひろ

  OL四年主婦二十年葱刻む 小川軽舟    けいしゅう

  葱きざみ妻の三十路みそじくるごとし 宮津昭彦

  葱きざむこの音とわが四十年 加藤楸邨    しゅうそん

 

煮凝にこごり白身魚しろみざかなひらべつた ハードエッジ

  煮凝自作:
  ふたとれば煮凝りにさす朝日かな ハードエッジ

  煮凝の綺麗きれいげしなべの底 ハードエッジ

  きよしこの夜のくりやの煮凝よ ハードエッジ

 

荒海あらうみの向ふは佐渡さど日短ひ、みじか ハードエッジ

  荒海といえば、
  荒海や佐渡に横たふ天の川 松尾芭蕉    ばしょう

  海は荒海向こうは朱鷺ときに寒からん 池田澄子

  たける浪のたけるにまかせ日短き 久保田万太郎

  『砂山』北原白秋詩/中山晋平曲/YouTube

 

ここよここよと鮟鱇あんこうの冷たき灯 ハードエッジ

  ここよの名句:
  揚雲雀あげひばり空のまん中ここよここよ 正木ゆう子

 

煤逃すすにげのロマンスカーはさけの色 ハードエッジ

  鮭の色自作:
  鮭の色あり白菜はくさいを割りたれば ハードエッジ

  鮭飯の薄紅色に冷めてをる ハードエッジ

 

新年

大いなる赤子のあくび初日の出 ハードエッジ

  正月の欠伸:
  元日の猫の欠伸あくびのなまなまし 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

 

八百万やおよろずの神に輪飾り注連しめ飾り ハードエッジ

  輪飾り秀句:
  丸きもの初日輪飾り鏡餅かがみもち 正岡子規  しき

  あまりたる輪飾かくるところかな 後藤夜半   やはん

  輪飾の少しゆがみて目出度めでたけれ 高濱虚子たかはま きょし

  くぎといふこの強きもの輪飾りす 殿村菟絲子とのむら としこ

  輪飾に暗く静かや農具部屋 岡本癖三酔    へきさんすい

  血のにほひする輪飾の屠牛場とぎゅうじょう 藤井亘    わたる

 

初富士の一句を得たる目出度めでたさよ ハードエッジ

  月並、駄作

 

負けてやるはず双六すごろく勝ちさうな ハードエッジ

  先行句:
  子に負けてやる双六のむづかしく 嶋田一歩

 

みずうみ氷湖ひょうことなつて日をこばむ ハードエッジ

  拒むの秀句:
  珈琲コーヒーはミルクを拒みきれず冬 山口優夢   ゆうむ

 

魚屋の雪ふるころの品揃しなぞろへ ハードエッジ

  「品揃え」の別の言い方を考えつつ、時間切れ ←今だに/2020.10.31

 

雪折ゆきおれ現場げんば近くを通りけり ハードエッジ

  現場秀句:
  花見山現場の指示に従へり 加藤静夫

  水打つて工事現場の昼休 杉原祐之   ゆうし

  トンネルの工事現場の鯉幟こいのぼり 日比野和子

 

水仙すいせんを取り囲みたる書斎しょさいしょ ハードエッジ

  書斎の四季:
  籠城ろうじょうの書斎にとどく桜餅さくらもち 鷹羽狩行

  冷房や書斎にふえし機器いくつ 大久保白村      はくそん

  金魚あり蓄音機ちくおんきあり夜の書斎 京極杞陽きょうごく きよう

  色鳥いろどりや書斎は書物散らかして 山口青邨    せいそん

  桃の香の残る書斎に稿こうぐ ハードエッジ

  ゐながらに日向ひなたぼこりの小書斎 上村占魚うえむら せんぎょ

  水仙をけて書斎のひんやりと ハードエッジ

 

すみ探梅たんばいの日を心待ち ハードエッジ

  梅と墨の香:
  白梅やすみかんばしき鴻艫館こうろかん 与謝蕪村よさ ぶそん
  
  すみや奈良の都の古梅園こばいえん 夏目漱石なつめ そうせき

  紅梅こうばいき墨おろす墨の香と 水原秋櫻子    しゅうおうし

 

春待つや猫より小さき箱に猫 ハードエッジ

  猫と箱の俳句:
  おぼろなり猫がもどりて蜜柑箱みかんばこ 中田剛    ごう

  また一人子猫の箱に下校の子 ハードエッジ

  野良猫のらねこに眠るべき箱クリスマス 大塚凱    がい

 

◎初案50句

※おおよそ季節順ですが、
推敲管理の関係で、
途中で季語を変更した句が違う季節に入っています

 

 

◎推敲過程 データ

角川俳句賞 2020 プランA

 

 

◎推敲過程 プリントに手書き

角川俳句賞2020 プランA

以上です