ペア81 初春の風にひらくよ象の耳 原和子

ペア81

◎絶賛の春

新邸しんていに楽しき春を待つばかり 鈴木花蓑    はなみの

大好きな春を二人で待つつもり 西村麒麟   きりん

 

 

◎濃きところ

古町の春色の濃きところかな 日野草城    そうじょう

風が見ゆ青田もつとも濃きところ 池田秀水    しゅうすい

猫が知る冬日もつとも濃きところ 伊藤伊那男  いなお

雑炊ぞうすいの卵の黄身の濃きところ 澤田和弥さわだ かずや

金屏きんびょうにともし火の濃きところかな 高濱虚子たかはま きょし

緑濃きところは捨ててねぎ白し ハードエッジ

 

 

◎象の耳の四季

春風をあふぎ駘蕩たいとう象の耳 山口青邨    せいそん

南風やよりも重く象の耳 有馬朗人ありま あきと

梅雨晴や歩けばそよぐ象の耳 村田篠    しの

象も耳立てゝ聞くかや秋の風 永井荷風   かふう

象の耳開くは落葉聴くために 対馬康子つしま やすこ

初春の風にひらくよ象の耳 原和子

 

 

◎先っぽの死

涅槃会ねはんえ蚯蚓みみずちぎれしくわの先 正岡子規  しき

割箸わりばしの先に毛虫がくねくねと ハードエッジ

 

 

◎花を踏んだ草履

花を踏みし草履ぞうりも見えて朝寝かな 与謝蕪村よさ ぶそん

花ふみし草履をぬいで絵踏えふみかな 松瀬青々まつせ せいせい

 

 

◎帰る家

落椿おちつばきまたいで帰る家がある 加藤静夫

菜の花や帰る家ある子供たち 矢口晃    こう

みんな帰る家あり赤い羽根つけて 菖蒲しょうぶあや

日に一度帰る家ありすいつちよん 黄土眠兎きづち みんと

帰る家ありて摘みけり草の花 小島健

 

 

◎さびしくなれば

夕焼のさびしくなれば消ゆるなり ハードエッジ

露草つゆくささびしくなれば泣きもする 星野立子

おりわし寂しくなれば羽搏はうつかも 石田波郷    はきょう

 

 

◎コア

自我じがのなきものは去るべし青嵐あおあらし 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

命なきものはほろびず定型派 筑紫磐井つくし ばんせい

 

 

◎富裕層

手の薔薇ばらはち来れば我王のごとし 中村草田男

幼きに木の実わかちて富むごとし 岡本眸     ひとみ

 

 

◎バス遅延

真冬日をバスは二時間来ぬつもり 櫂未知子かい     

うそつきのバス時刻表雪もよひ 丸田余志子  よしこ

 

以上です