ペアリング35 冷たくてほのと色香や桜餅 ハードエッジ

ペアリング 35

 

◎前処理

行く春や土にかくせば宝物  山田露結   ろけつ

冬ざるるリボンかければおくり物  波多野爽波はたの そうは

 

 

◎笛の担い手

つかまつる手に笛もなし古雛ふるひいな  松本たかし

芦の葉も笛仕る神の旅  高濱虚子たかはま きょし

 

 

◎子抜き

桜餅さくらもち子が寝て夫婦水入らず  西宮舞にしみや まい

白玉しらたまや子のなきつまをひとり占め  岡本眸   ひとみ

 

 

◎冷餅

冷たくてほのと色香いろかや桜餅  ハードエッジ

美しき冷えをうぐひす餅といふ  岡本眸

 

 

◎鳥の声

夕空のなほかすかにもさへづれる  岸本尚毅   なおき

うみ暮れてさえずりばかり残りけり  佐藤郁良   かおる

烈風れっぷうにきこゆるとなき雲雀ひばりかな  木下夕爾   ゆうじ

 

 

◎どんな味

そら豆はまことに青き味したり  細見綾子

秋の風豆腐四角き味したり  小川軽舟    けいしゅう

 

 

◎妻との会話

妻がゐて夜長を言へりさう思ふ  森澄雄

いたく降ると妻に語るや夜半よわの雪  高井几董   きとう

 

 

◎秋の水

行く秋の草にかくるる流れかな  加舎白雄かや しらお

秋晴あきばれや草にかくれてにわたずみ  五十嵐播水いがらし ばんすい

 

 

◎まとうもの

曼珠沙華まんじゅしゃげ月光のほかまとふなし  三橋敏雄

冬菊のまとふはおのがひかりのみ  水原秋櫻子   しゅうおうし

 

 

◎木の実とどんぐり

へたのあと白々とある木の実かな  西山泊雲    はくうん

どんぐりを拾へば根あり冬日向  藺草慶子いぐさ けいこ

以上です