和語俳句 【ほ】 ほころびをつくろふこともなく花よ ハードエッジ

◎和語俳句、は行の「ほ」です
→「は」
→「ひ」
→「ふ」
→「へ」

◎綻ぶ=ほころぶ

涅槃までつひに一花もほころびず  能村登四郎
  ※涅槃=ねはん

ほころびをつくろふこともなく花よ  ハードエッジ

朝顔は綻び蝉は背を割つて  ハードエッジ

元日や梅ほころびし二三輪  久保田万太郎

  「ほころぶ」、、、「りんごの花ほころび、川面に霞立ち」の連想で、
  →UT、青木光一「カチューシャ」  UT、ガルパン、プラウダ高校「カチューシャ」
  「カチューシャ」なんて、
  歌声喫茶のものと思っていましたが、
  アニメに登場してたとは!!
  、、、ガルパンとか初見でした

  さらに、横道ですが、
  人名の愛称:エカテリーナ→カーチャ→カチューシャ、だとか

 

 

◎迸る=ほとばしる

春暁や水ほとばしり瓦斯燃ゆる  中村汀女
  ※春暁=しゅんぎょう、瓦斯=がす

製材の香のほとばしる山桜  西村和子

童女かがみ尿ほとばしる麦の秋  西東三鬼
  ※尿=しと

手花火の火は水にして迸る  山口誓子

 

 

◎褒む=ほむ

寒椿師を悼む句を褒められぬ  草間時彦