和語俳句 【ま】 春雨やみなまたたける水たまり 木下夕爾

分割/2018.2.7、免る/2017.12.22、貪る/2017.10.5、蝕む/2017.9.21、愛づ/2017.9.19、召す/2017.9.13、/2017.9.6-7 /2017.8.26
◎和語俳句、ま行の「ま」です
→「み」
→「む」
→「め」
→「も」

◎任す=まかす

仕る=つかまつる
菜の花の黄のひろごるにまかせけり  久保田万太郎

神々の力任せの雲の峰  ハードエッジ
  ※雲の峰=くものみね

秋かぜの入るにまかせむ窓あけよ  久保田万太郎
  春なら、こんな感じか、、、
  仏間までさくらの風を通しけり  櫛原希伊子(くしはら・)

鶇死して翅拡ぐるに任せたり  山口誓子(せいし)
  ※鶫=つぐみ、翅=はね

雪も亦怒りに任せ降るらしも  相生垣瓜人(あいおいがき・かじん)

 

 

◎紛る=まぎる

続き咲く花に初花紛れゆく  中本真人
  ※初花=はつはな  ←濁らず清音  要注意→オレ

  初花に対する、初雪には、こんな句もあります
  初雪を人が踏み人々が踏む  鈴木牛後

枯色の中に紛れず寒鴉  ハードエッジ
  ※寒鴉=かんがらす

 

 

 

◎勝る=まさる=優る

永き日の睡魔にまさる朋ありや  糸大八(いと・だいはち)
  ※睡魔=すいま、朋=とも

啓蟄をかがやきまさるわが三角州  櫂未知子(かい・)
  ※啓蟄=けいちつ、三角州=デルタ

一輪の百花にまさる返り花  山本茂子

金銀に勝る子宝宝船  ハードエッジ
  万葉集、
  銀も金も玉も何せむに
     優れる宝子にしかめやも  山上憶良(やまのうえの・おくら)

 

 

◎瞬く=またたく

春雨やみなまたたける水たまり  木下夕爾(ゆうじ)

道化師の眼のなかの眼が瞬ける  渡辺白泉(はくせん)

 

 

◎纏ふ=まとう

うす絹をまとふ恨や今日の月  鈴木花蓑(はなみの)
  ※恨=うらみ

冬菊のまとふはおのがひかりのみ  水原秋櫻子(しゅうおうし)

 

 

◎免る=まぬがる

香水やまぬがれがたく老けたまひ  後藤夜半
  ※老け=ふけ

芥子咲けばまぬがれがたく病みにけり  松本たかし
  ※芥子=けし、病み=やみ

 

 

以上です
お読み頂きありがとうございました