和語俳句 【え】 涼しさは花えらびゐる尼二人 長谷川双魚

追記:笑む/2018.9.6、新設/2018.2.5

◎和語俳句、あ行の「え」です
→「あ」
→「い」
→「う」
→「お」

 

◎選ぶ=えらぶ(選る=える)

→選る=すぐる、選る=よる/共に未開設

涼しさは花えらびゐるあま二人  長谷川双魚そうぎょ

水着選ぶいつしか彼の眼となつて  まゆずみまどか

老躯ろうくをも痩躯そうくをも蚊は選ばざる  相生垣瓜人あいおいがき・かじん

どちら選ばうかひざまくら菊枕  鈴木鷹夫

赤とんぼ人をえらびて妻の膝  山口青邨せいそん

大寒だいかんを選びしごとくきたまふ  鷹羽狩行たかは・しゅぎょう
 

 

◎笑む=えむ

→笑ふ(未収録、ゴメン)

笑みかぬひなをそのままおさめけり  山本朱鷺男

ちらと笑む赤子の昼寝通り雨  秋元不死男  ふじお

お面らの笑みて祭を売れ残る  坊城俊樹ぼうじょう としき

いたづらをせむと笑む子やさくらんぼ  鶴岡加苗
 

 

◎微笑む=ほほえむ

お雛さま永久とわはさびしと微笑みぬ  中塚健太

寒卵かんたまご微笑むやうに湯のきて  小池康生   やすお

 

以上です