和語俳句 【う】 初夢の吉に疑無かりけり 松瀬青々

再分割/2018.2.5、分割/2017.12.14
◎和語俳句、あ行の「う」です
→「あ」
→「い」
→「え」
→「お」

◎蠢く=うごめく

→犇めく=ひしめく
  春めく、夏めく、という言葉から逆算すると、
  うごめく=動く+めく、でありますが、
  さて、どうでしょうか?

爺婆の蠢き出づる彼岸かな  内藤鳴雪(めいせつ)
  ※爺婆=じじばば、彼岸=ひがん
  蠢く=春+虫+虫、ですから、
  爺婆を虫けら扱いの、非情な句とも読めますが、
  冬眠を終えて、春の虫が出て来る=
  啓蟄=けいちつ=3月6日頃、も過ぎた、
  彼岸=3月21日前後の1週間、なら、
  いよいよ満を持して、爺婆の出番だ、とも読めます
  暑さ寒さも彼岸までですから、
  よく晴れた日にお墓参りに行って、
  同世代の誰彼と会って、ご機嫌なのかも知れません

  余談ですが、
  二葉亭四迷=ふたばてい・しめい、は、
  「くたばって仕舞(め)え」のモジリですが、
  鳴雪さんは、
  「何事も成行きに任す」の当字だそうです

  鳴雪さんの句には、
  元日や一系の天子不二の山  内藤鳴雪
  という、堂々たる句もありますが、
  貰ひ来る茶碗の中の金魚かな  内藤鳴雪
  ※貰ひ=もらい、茶碗=ちゃわん
  という、呑気な句もあります

  さらに、余談ですが、
  1-2、の目出度さ以外に、
  7-8-9、の目出度さもあります
  いにしへの奈良の都の八重桜
    けふ九重に匂ひぬるかな  伊勢大輔(いせのたいふ)

  奈良七重七堂伽藍八重桜  松尾芭蕉(ばしょう)
  ※伽藍=がらん

春潮のひじきの岩の蠢ける  矢島渚男(なぎさお)
  ※春潮=しゅんちょう
  ちょっと不気味です
  ヒジキ=鹿尾菜は、
  ワカメや昆布と違って、海中ではなく、
  波当たりのやや強い岩上に生えるので、
  まさに、岩が蠢く様であります

鵙が食みこぼしゝものぞうごめける  八木絵馬(えま)
  ※鵙=もず、食み=はみ

 

 

◎疑ふ=うたがう

すぐ晴れん空疑はぬ辛夷かな  阿波野青畝(せいほ)
  ※辛夷=こぶし

通り雨薄暑疑ひなかりけり  ハードエッジ

こもり居て雨うたがふや蝸牛  与謝蕪村(よさ・ぶそん)
  ※蝸牛=かたつむり

初夢の吉に疑無かりけり  松瀬青々

 

 

◎促す=うながす

散ることをうながすごとく花篝  片山由美子
  ※花篝=はなかがり

夕焼に促されつつさやうなら  ハードエッジ

八朔や太鼓うながす巫女の鈴  小川軽舟(けいしゅう)
  ※八朔=はっさく、太鼓=たいこ、巫女=みこ

全山のもみぢ促す滝の音  山内遊糸(ゆうし)

 

 

◎頷く=うなずく

白玉やうなづくばかり子の返事  目迫秩父(めさく・ちちぶ)
  ※白玉=しらたま

水桶にうなづきあふや瓜茄子  与謝蕪村
  ※水桶=みずおけ、瓜茄子=うりなすび

うり西瓜うなづきあひて冷えにけり  高濱虚子(たかはま・きょし)
  ※西瓜=すいか

 

 

◎肯ふ=諾ふ=うべなう

故友なきこと除夜時かけて肯ふも  石田波郷(はきょう)
  ※故友=こゆう=旧友、除夜=じょや

身を以て五十の冷えを肯へる  石田あき子
  ※以て=もって
  作者は波郷さんの奥さんです

 

 

以上です