春 【桜2】 破裂して風船消ゆる桜かな

全然堂歳時記 春の部
【桜2】さくら
「桜かな」特集
枝垂れ桜、夜桜、落花を含む

全然堂歳時記=本号を含め53記事=春夏秋冬=17-9-14-10—2-1/年末年始

◎葉書俳句

◎テキスト

超然ちょうぜん歳月さいげつに立つ桜かな ハードエッジ

歳月:
歳月を花守はなもりとこそ言ふべけれ 岩城久治いわき ひさじ
砂となるまでの歳月さくら貝 笹下蟷螂子ささか とうろうし
さくらしべ降る歳月の上にかな 草間時彦
歳月も梅酒のかめも古りしかな 安住敦あずみ あつし
歳月はほこの車輪をきしませて ハードエッジ
歳月の千手せんじゅなりけり秋の風 永田耕衣ながた こうい
贋作がんさくに歳月のつや枇杷びわの花 中戸川朝人なかとがわ ちょうじん
絶海ぜっかい漂流壜ひょうりゅうびんの歳月よ 三橋敏雄みつはし としお

ダム底に花を忘れし桜かな ハードエッジ

忘れし:
くもることわすれし空のひばりかな 久保田万太郎
故山こざんわれせりつむ我を忘れしや 橋閒石はし かんせき
鳥渡とりわたる北を忘れし古磁石ふるじしゃく 鍵和田秞子かぎわだ ゆうこ
寒柝かんたくが忘れしころにもどり来る 山口波津女   はつじょ
忘れし字妻に教はり冬籠ふゆごもり 富安風生とみやす ふうせい
武運長久ぶうんちょうきゅう忘れし神社七五三 辰巳比呂史たつみ ひろし
枇杷びわの花忘れしものに母のこゑ 鈴木鷹夫   たかお
つまづきしごとく忘れし手毬歌てまりうた 橋本多佳子  たかこ
野のはてに名前忘れし美容院 筑紫磐井つくし ばんせい

忘れし/自作:
夜店よみせにて時を忘れしシンデレラ ハードエッジ
東京にいねを忘れしすずめかな ハードエッジ
にえいくつ忘れしもず高音たかねかな ハードエッジ
下駄箱げたばこの奥に忘れし猫じやらし ハードエッジ
雪女ゆきおんな熱き血潮ちしおを忘れしや ハードエッジ
恋の歌いくつ忘れし歌留多かるたかな ハードエッジ

鉄橋をへてゐる桜かな ハードエッジ
遠山の白雪しらゆきみゆる桜かな ハードエッジ

白雪:
白雪のへんといふべき雪崩なだれかな ハードエッジ
白雪のけて流るる桜かな ハードエッジ
夏氷くや白雪にはかなる 日野草城    そうじょう
女生徒に白雪姫の雪が降る 楠節子くすのき せつこ
白雪の筆捨山ふですてやますみつけん 正岡子規  しき
白雪の下に灯ともす木曾路きそじかな 正岡子規
白雪を蹴散けちらしてゐる寒鴉かんがらす ハードエッジ
白雪を乗せて紅白こうはく紅椿べにつばき ハードエッジ

村々の小学校の桜かな ハードエッジ

村々:
湖を囲む村々の灯や舟遊び 島田青峰    せいほう
村々のその寺々の秋の暮 鷹羽狩行たかは しゅぎょう
町が村村が枯野でありしころ ハードエッジ
鶏鳴けいめいや神の旅する村々に ハードエッジ

今はもう住めば都の桜かな ハードエッジ

住めば都:
半生はんせいの住めば都の桜かな ハードエッジ
住めば都花の名所とあらねども 石塚友二いしづか ともじ
たんだすめ住めば都ぞ今日の月 松尾芭蕉    ばしょう
時雨しぐるるや住めば都の街並に 岩田由美
ふくろうや住めば都とたとふれど 石昌子いし まさこ

その中に一本若き桜かな ハードエッジ
アスファルトかわめたる桜かな ハードエッジ

アスファルト:
摘草つみくさのこんな道までアスファルト ハードエッジ
アスファルト花びら吹かれやすきかな ハードエッジ
アスファルト驟雨しゅううに冷えて灯をうつす 川島彷徨子    ほうこうし
アスファルトもコンクリートも日のさかり ハードエッジ
アスファルトかがやきさばしゅんが来る 岸本尚毅   なおき

長きの長きを枝垂しだれ桜かな ハードエッジ

長き枝:
長き枝のすぐに盛りやももの花 藺草慶子いぐさ けいこ
花まばらなる山吹やまぶきの長きえだ 長谷川櫂はせがわ かい
雪折ゆきおれ連翹れんぎょうすいと長きえだ 高野素十    すじゅう

咲き満ちて神をおそれぬ桜かな ハードエッジ

恐れぬ:
夜店よみせいま神を恐れぬ明るさに ハードエッジ
人間をおそれぬありの黒づくめ 右城暮石うしろ ぼせき
掛稲かけいねに人を怖れぬ虫ばかり 岸本尚毅   なおき
末枯うらがれに人を恐れぬきつねかな 正岡子規  しき

尿いばりして子らが逃げゆく桜かな ハードエッジ
対岸の二階のともる桜かな ハードエッジ
昼は鳥夜は猫鳴く桜かな ハードエッジ
ぼつてりと夜をはらみし桜かな ハードエッジ
また一つかがりの消ゆる桜かな ハードエッジ

また一つ:
しん折るる音またひとつ大試験 堀切克洋ほりきり かつひろ
はちもののまた一つ枯れ初氷 宇佐美魚目うさみ ぎょもく
また一つ誤植ごしょくみつけぬみかんく 久保田万太郎
また一つ風の中より除夜じょやかね 岸本尚毅   なおき

また一つ/自作:
また一つ消えて最後の花篝はなかがり ハードエッジ
一つ落ち又一つ落ち椿つばきかな ハードエッジ
また一つ死出しでの火花を誘蛾燈ゆうがとう ハードエッジ
またひとつちょう来て蜘蛛くもを太らする ハードエッジ
また一つ離陸りりくの灯あり大晦日おおみそか ハードエッジ

この先はやみへと続く桜かな ハードエッジ
いつせいに散つて水面みなもの桜かな ハードエッジ
花びらが花びらを追ふ桜かな ハードエッジ
女房も一つ年取る桜かな ハードエッジ
破裂はれつして風船消ゆる桜かな ハードエッジ

◎推敲過程/テキスト/pdf

全然堂歳時記 春 【桜2】テキスト推敲

 

◎推敲過程/A4+手書き/pdf

全然堂歳時記 春 【桜2】A4推敲

◎推敲過程/葉書+手書き/pdf

一部行方不明を操作中、、、

 

以上です