角川俳句賞2021 落選作-A 吹かば吹け春一番の空の旅

角川俳句賞 2021
プランA「御国の宝」50句

作句総数:原句86句/推敲総数629句 平均推敲数=7.3
内、捨句:原句37句/推敲総数199句 平均推敲数=5.4
最終稿 :原句49句/推敲総数430句→選句50句 平均推敲数=8.6

 

落選作

◎葉書俳句

背景の白抜き文字がうまく行ったので油断した
背景の区切りが、本文の上下の区切りと一致せず、
下段の先頭がどこにあるか判然としない
とはいえ、
40枚も印刷し、サインも済ませた後なので、
再印刷の気力なく、そのまま強行発行
後半の20句では、
背景の行間を開け、本文と背景がシンクロするよう修正

一安心と思いきや、
その後の発見は、
今週末を想定して、
印刷やサインに記した日付が、
どこで勘違いしたのか、翌週末だったこと

1週間ほど早めの、2021.12.10発行です/twitterなど

 

 

 

 

◎テキスト

啓蟄けいちつ首都しゅと乗換案内図のりかえあんないず ハードエッジ

乗換:
浅草へ乗り換へてゆく祭髪まつりがみ 津野利行 つ の としゆき

乗り替へるだけの米原まいばら秋の暮 北川英子

なほ北へ乗り換ふきり跨線橋こせんきょう 角田敬恵

乗換の越後湯沢えちごゆざわの雪起し 大久保白村おおくぼ はくそん

乗り換への雪の小駅で投函す 西村和子

 

 

吹かば吹け春一番はるいちばんの空の旅 ハードエッジ

吹かば:
東風こち吹かば帰るといひし夫かな 尾崎紅葉    こうよう

 

 

特急と疎遠そえんな村の日永宿ひながやど ハードエッジ

特急:
家族の春特急の窓に鼻押し当て ハードエッジ

「つばめ」てふ特急ありきつばめかな ハードエッジ

特急といふも単線山桜 大久保白村おおくぼ はくそん

特急の臨時停車に花吹雪はなふぶき ハードエッジ

白塗りの特急電車にじを抜け ハードエッジ

夜行特急寝酒にむせて雪国へ 鈴木鷹夫   たかお

初夢の夢の超特急速し ハードエッジ

 

 

春昼しゅんちゅう時報じほうきこゆる港町みなとまち ハードエッジ

時報:
天高く時報が鳴つて留守るすの家 ハードエッジ

時報にてニュース始まるクリスマス ハードエッジ

港町:
春灯しゅんとうの山へのびゆき港町 高濱年尾たかはま としお

つばくらめ坂の名あまた港町 松崎鉄之介    てつのすけ

一過いっかみよ港町初夏しょかの景 中村汀女    ていじょ

蜜豆みつまめや手にとるごとく港町 岬雪夫

朝霧や消え残る灯の港町 寺田寅彦    とらひこ

おでん屋の種を豊かに港町 ハードエッジ

 

あまたある星のひとつがさえずるよ ハードエッジ

あまたある:
あまたあるともづなはみな鰆船さわらぶね 岸本尚毅  なおき

 

ちょうふパンもケーキも無き寺に ハードエッジ

蝶が舞ふ:
大原や蝶の出て舞ふ朧月おぼろづき 内藤丈草ないとう じょうそう

陽炎かげろうの中に舞ひこむ胡蝶哉こちょうかな 正岡子規  しき

蝶しばし舞ふやおきなの夢の上 正岡子規

ひとたびは高くも舞へり秋の蝶 上村占魚うえむら せんぎょ

蝶もはちも舞ふよ小さき冬日向ふゆひなた 山口青邨    せいそん

野に山に蝶が舞ふ日も遠からじ ハードエッジ

 

口中こうちゅう千金せんきんどろつばくらめ ハードエッジ

千金:
無為むいといふこと千金や春のよい 富安風生とみやす ふうせい

春宵しゅんしょう余生よせい値千金あたいせんきんぞ ハードエッジ

 

つばくらや雨ふる国の深庇ふかびさし ハードエッジ

深庇:
深庇ちょうぶらさがる暑さかな 下村槐太   かいた

初富士はつふじかくさうべしや深庇 阿波野青畝あわの せいほ

 

 

つかみがたしよ落るナイフもつばくらも ハードエッジ

掴み難し:
未来おそろしおでんの玉子つかみがたし 山口優夢   ゆうむ

 

 

春雷しゅんらいにグラスをみがく女かな ハードエッジ

グラス:
馬を追ふオペラグラスに花菜の黄 内田美紗  みさ

黒人のミラーグラスや夏のちょう 中嶋憲武なかじま のりたけ

スポンジにグラスの泣ける青葉の夜 林昭太郎

 

 

がさごそと浅蜊あさりのたうつ煮立にたちかな ハードエッジ

煮立ち:
焚火たきびして雪が煮立つてきたりけり ハードエッジ

 

幼子おさなご御国おくにの宝桜咲く ハードエッジ

桜咲く:
桜咲くゼロ系新幹線の鼻 涼野海音すずの うみね

軽々と又重々と桜咲く 相生垣瓜人あいおいがき かじん

桜咲くをみて見ざりき散るときも 草間時彦くさま ときひこ

暗闇くらやみに海あり桜咲きつつあり 西東三鬼さいとう さんき

ミス卑弥呼ひみこ準ミス卑弥呼桜咲く 茨木和生いばらき かずお

星屑ほしくずのいわおとなりて桜咲く 五島高資ごとう たかとし

桜咲く金をつかいに東京へ 折勝家鴨おりかつ あひる

遊園地動かす電気桜咲く 遠藤容子

桜咲く/自作:
ガガーリン少佐の地球桜咲く ハードエッジ

東進とうしんの後の北上ほくじょう桜咲く ハードエッジ

百獣ひゃくじゅうの動物園に桜咲く ハードエッジ

校庭は校舎の南桜咲く ハードエッジ

鉛筆の柔らかな黒桜咲く ハードエッジ

 

熱飯あつめしに卵を落す朝桜 ハードエッジ

熱飯:
熱飯に紅生姜べにしょうが夏百日来 森澄雄

熱飯にけふ秋晴となりぬべし ハードエッジ

 

洗桶あらいおけ洗濯籠せんたくかごと朝桜 ハードエッジ

洗濯籠:
空つぽの洗濯籠やさえずれる 西村和子

 

村々の小学校の桜かな ハードエッジ

村々:
村々のその寺々の秋の暮 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

 

山奥に海を知らざる山桜 ハードエッジ

知らざる:
さからふを知らざるひなおさめけり 大木あまり

黒きゆえ疲れ知らざるあり出初む 右城暮石うしろ ぼせき

まだ昨日を知らざる白さ花辛夷はなこぶし 鎌倉佐弓かまくら さゆみ

まぶし土を知らざるヒヤシンス 神野紗希こうの さき

海底を知らざる空や冬近し 丸田洋渡   よっと

この道しか知らざる妻の盆の路 能村登四郎のむら としろう

白も黄も春を知らざる秋の蝶 ハードエッジ

玄海げんかいの引くを知らざる冬の浪 伊藤通明いとう みちあき

煮凝にこごりや今に知らざる妻のとし 森川暁水    ぎょうすい

 

山に山桜水力すいりょく発電所はつでんしょ ハードエッジ

発電:
発電は水こそよけれ山眠る 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

五月雨さみだれを集め水力発電所 ハードエッジ

 

花衣はなごろも母の衣桁いこうも持ち出して ハードエッジ

衣桁:
春の夜や衣桁のすそにひそむ鬼 高田蝶衣    ちょうい

春雨の衣桁に重し恋衣こいごろも 高濱虚子たかはま きょし

鏡台きょうだいも衣桁も朱に花の雨 久保田万太郎

春灯しゅんとうの衣桁に何もなかりけり 清崎敏郎きよさき としお

衣裳持いしょうもちなりしひひなの衣桁かな 後藤夜半ごとう やはん

衣桁よりくづほれ落ちて花ごろも 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

広間たゞ衣桁に春着かかるのみ 室積波那女むろづみ はなじょ

 

すたこらと花見弁当はなみべんとうとどけに ハードエッジ

弁当:
弁当に玉子焼あり水温みずぬるむ 池田秀水    しゅうすい

弁当くふて青きを踏んで遊びけり 正岡子規  しき

届きたる花見弁当あたたかし 高野素十    すじゅう

弁当をひざに広げて雲雀ひばりの野 ハードエッジ

草刈の人の弁当草の上 依光陽子よりみつ    

コンビニ弁当積み上げ祭本部なる 野崎海芋   かいう

行先ちがふ弁当四つ秋日和あきびより 松永典子

弁当に海山のものとよの秋 西宮舞にしみや まい

弁当のまはりのちり松手入まつていれ 桂信子

弁当や松美しき松手入まつていれ ハードエッジ

弁当にかぶる焚火たきびのほこりかな 角田竹冷つのだ ちくれい

弁当のふた沢庵たくあん置いておく 中嶋憲武なかじま のりたけ

 

ボンネット開けて桜を見せてやる ハードエッジ

見せてやる:
うぐいす鶯餅うぐいすもちを見せてやる ハードエッジ

本当の血のあかぎれを見せてやる ハードエッジ

 

超然ちょうぜん歳月さいげつに立つ桜かな ハードエッジ

超然:
百合の花超然として低からず 高屋窓秋たかや そうしゅう

 

ひとひらが落花らっかふうを切らんとす ハードエッジ

封切:
封切れば句集やきりの重さて 下村槐太   かいた

封切ればあふれんとするかるたかな 松藤夏山

 

直列ちょくれつ並列へいれつ花吹雪はなふぶきかな ハードエッジ

花吹雪かな:
一天のかたむきて花吹雪かな 成瀬正俊なるせ まさとし

鎌倉かまくら搦手からめては花吹雪かな 飴山實あめやま みのる

わが門のわが町の花吹雪かな 安住敦あずみ あつし

黒髪に剃髪ていはつに花吹雪かな ハードエッジ

 

花ふぶき赤子は永久とわに泣き止まず ハードエッジ

永久に、永遠に:
温泉のとはにあふれて春尽きず 高濱虚子たかはま きょし

モナリザは永久に人妻春の闇 斉田仁さいだ じん

水平線永遠に新し夏の航 小川軽舟    けいしゅう

青年の黒髪永遠に我鬼忌がききかな 石塚友二いしづか ともじ

秋の字に永久にむ火やきのこ雲 三橋敏雄みつはし としお

一閃いっせんを永久につたへて原爆忌げんばくき 蔦三郎つた    

七夕や岸まじはらぬこと永久に 片山由美子

木犀もくせいや団地Aとう永遠にA 押野裕おしの ひろし

障子しょうじに日あふれて永遠に母の留守るす 鈴木鷹夫   たかお

永久に、永遠に/自作:
地獄じごくには永久に割れない石鹸玉しやぼんだま ハードエッジ

桜貝永久に幼き女の子 ハードエッジ

この滝や裸身らしんの神の永久に立つ ハードエッジ

一瞬を流れて永遠に消ゆる星 ハードエッジ

満月や永遠にこぼるるがけの土 ハードエッジ

織姫おりひめの永遠に老いゆく星祭 ハードエッジ

宿の湯の永久にあふるる初日かな ハードエッジ

 

女房にょうぼうも一つ年取る桜かな ハードエッジ

年取:
くまの子も一つ年とり穴をづ 三橋敏雄みつはし としお

白をもて一つ年とる浮鴎うきかもめ 森澄雄もり すみお

 

玉砂利たまじゃりの上に花見の忘れ物 ハードエッジ

忘れ物:
こんなにも春雨傘はるさめがさの忘れ物 ハードエッジ

忘れ物出てきたやうに雪解ゆきげ村 阿部静雄

雛道具ひなどうぐ時の流れの忘れもの ハードエッジ

あくる日の忘れ物めく螢籠ほたるかご 片山由美子

あかあかと屏風びょうぶすその忘れもの 波多野爽波はたの そうは

今年はや先日といふ忘れもの ハードエッジ

 

ふたあけて天丼てんどんにおふ花の雨 ハードエッジ

蓋あけ:
紐解ひもといて蓋開けてひな飾りけり ハードエッジ

蓋あけしごと極暑ごくしょきたりけり 星野立子

いろいろの蓋あいてゐるキャンプかな 齋藤朝比古さいとう あさひこ

蓋あけて月の光のオルゴール ハードエッジ

蓋あけて宝づくしの雑煮椀ぞうにわん 能村登四郎のむら としろう

 

花の雨もすべりにたれすべり台 ハードエッジ

滑り台:
滑り台経由けいゆぶらんこ行きの風 金子敦かねこ あつし

花散るやぞうのかたちの滑り台 上田信治うえだ しんじ

子供の日すべり台よくすべりけり 成瀬櫻桃子なるせ おうとうし

け木も灼け滑台一基いっき 小澤實おざわ みのる

緑陰りょくいんにひんやりとある滑り台 杉原祐之

初秋の砂すべり来る滑り台 箱森裕美はこもり ひろみ

滑り台/自作:
暖かやお尻でみがく滑り台 ハードエッジ

花びらの滑つて行きし滑り台 ハードエッジ

雪うさぎすべり台よりすべらせて ハードエッジ

 

下水へとさかさまや花の雨 ハードエッジ

下水:
夕焼へ下水の口のならびたる 《    はくせん》

 

咲き満ちて月にまみゆる桜かな ハードエッジ

まみゆる:
薄墨うすずみの富士にまみゆる遅日ちじつかな 川崎展宏    てんこう

閨秀けいしゅうにまみゆるおもひ返り花 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

 

花疲れ回送電車通りけり ハードエッジ

回送:
龍天りゅうてん回送かいそう電車くらやみへ 三宅やよい

回送のバス涼しげに走り去る 中本真人なかもと まさと

 

ざあざあと夏も近づくマンホール ハードエッジ

ざあざあ:
夜濯よすすぎのざあざあ水をつかひけり 森川暁水    ぎょうすい

竹瓮たつべ上ぐ水ざあざあとこぼれけり 藤松遊子   ゆうし

 

 

モノクロのカラーのかびの声聞かな ハードエッジ

黴の声:
くずに出す堆書のあぐる黴の声 綾部仁喜あやべ じんき

線切れし黒電話より黴の声 小川軽舟    けいしゅう

 

まぶしさの裸電球はだかでんきゅう夏祭 ハードエッジ

裸電球:
裸電球もりめぐらせ夏祭 高澤良一たかざわ よしかず

虫売の裸電球ゆるめ消す 染谷佳之子そめや かなこ

裸電球鬼やらふ影おおきくす 山根真矢やまね まや

裸電球ひとつ切れゐるかざり売り 染谷佳之子

切れぎわをひとひかり裸電球は 桑原三郎

 

金魚にするか花火にするか子の浴衣ゆかた ハードエッジ

参考句:
夏は来ぬパジャマの柄の月と星 神野紗希こうの さき

 

浴衣ゆかた着て母校ぼこうつどふ花火の夜 ハードエッジ

母校:
田のわれにとどく母校の卒業歌 中川博秋    ひろあき

運動会の昼餉ひるげ母校の低き椅子いす 伊丹三樹彦いたみ みきひこ

ひろしま忌一基いっきの墓を母校とす 赤松蕙子   けいこ

 

宿浴衣やどゆかた見よとばかりにつらね ハードエッジ

干し連ね:
苗代なわしろや干し連ねたる何のあみ 会津八一あいづ やいち

昆布こんぶ干し連ねて焦茶こげちゃ色の村 成田智世子

柿の木に柿干しつらね大地主 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

実南天みなんてん幼き物を干しつらね 白岩てい子

 

古浴衣ふるゆかた古き命を包むなり ハードエッジ

包むなり:
友の手をまづ包むなり火事見舞 朝倉和江

 

せみの穴地中よりきたりけり ハードエッジ

地中より:
地中よりあく穴うれし蝉しぐれ 三橋敏雄みつはし としお

 

鱗粉りんぷんかすかな汚れ捕虫網ほちゅうもう ハードエッジ

鱗粉:
鱗粉をこぼしつつ花衣はなごろもかな 櫂未知子かい みちこ

鱗粉にまみれて捕虫網の臀部でんぶ昏睡こんすい 江里昭彦えさと あきひこ

ありの巣に鱗粉の部屋ありぬべし ハードエッジ

の腹に鱗粉詰まりゐはせぬか ハードエッジ

 

朗報ろうほうあり一目散いちもくさんく ハードエッジ

朗報:
大雪を朗報のごと春立てる 百合山羽公ゆりやま うこう

 

ありの道お天道様てんとさまが見てをられ ハードエッジ

見てをられ:
神々もつの切る鹿しかを見てをられ ハードエッジ

客人は青無花果あおいちじくを見てをられ 岸本尚毅   なおき

 

ありでなきものをかつぎてありの列 ハードエッジ

でなき:
邪魔じゃまな日と邪魔でなき日の春炬燵 ハードエッジ

照らされてさくらの色でなき桜 抜井諒一ぬくい りょういち

山淋し雨でなき時深いきり 松根東洋城まつね とうようじょう

が神のわが神でなき寒さかな 恩田侑布子おんだ ゆうこ

 

夕立ゆうだちの天にささげる観覧車かんらんしゃ ハードエッジ

捧げる:
火の神に捧げるごと秋刀魚さんま焼く ハードエッジ

 

 

行く声と来る声秋の電話線 ハードエッジ

電話線:
ぴんと張る雪倒れ樹の電話線 右城暮石うしろ ぼせき

 

夕方は昼間の終り秋のくれ ハードエッジ

昼間:
手花火てはなびが昼間は見えぬもの照らす 行方克巳なめかた かつみ

昼間から裸で遊ぶ風呂場かな ハードエッジ

虫籠むしかごの美しからぬ昼間かな 上野泰    やすし

昼間からじょうさす門の落葉かな 永井荷風   かふう

 

のぞき見る点検孔てんけんこう夜長よながかな ハードエッジ

点検:
ぶらんこの点検済ませひとぎす 百瀬ももせはな

 

寒林かんりんの真ん中にゐる寒さかな ハードエッジ

寒林:
寒林の陽を見上げては眼をつぶる 飯田蛇笏いいだ だこつ

寒林に雨だれの音おびただし 西村和子

寒林の奥に慟哭どうこくあるごとし 青木重行    しげゆき

寒林の一番端の風当り ハードエッジ

 

きゆつと鳴く踏んでおさな霜柱しもばしら ハードエッジ

きゆつと:
きゆつきゆつとシャワーのせん全開ぜんかいに ハードエッジ

布袋草ほていそうきゅっとくびれるところかな 高澤良一たかざわ よしかず

きゅっと鳴る紅茶の砂糖秋の昼 高澤良一

 

 

新年

初夢に初恋の人こんにちは ハードエッジ

 

 

◎初案50句

季語順
最終稿の順とは異なる
季語も異なることあり
初案が最終稿:8句

春昼の時報の響く港町 ハードエッジ
ざあざあと春の下水の元気なり ハードエッジ
特急も行先同じ春の駅 ハードエッジ
花満ちて首都に路線図道路網 ハードエッジ
春雷や洋酒グラスのずんぐりと ハードエッジ
行く先や春一番のバスに乗り ハードエッジ
玉砂利を行く人もなし花の雨 ハードエッジ
玉砂利は花見の客に踏まれ踏まれ ハードエッジ
滑り台を滑り流るる花の雨 ハードエッジ
散りゆくや一日一日の花衣 ハードエッジ
花疲れ降りし電車は回送に ハードエッジ
寺までのゆるい坂道花の雨 ハードエッジ
天丼に上と並あり夜の桜 ハードエッジ
がさごそと浅蜊の鍋の断末魔 ハードエッジ
音のなき宇宙囀る地球かな ハードエッジ
蝶々にパンもケーキも無けれども ハードエッジ
つばくらや雨ふる国の深庇 ハードエッジ
舐めてみる泥の好みや燕 ハードエッジ
切味はナイフの如しつばくらめ ハードエッジ
熱飯に卵を落す初桜 ハードエッジ
村々の小学校の桜かな ハードエッジ
ボンネット開けて桜を見せてやる ハードエッジ
歳月を押し留めたる大桜 ハードエッジ
人払ひして月に見ゆる桜かな ハードエッジ
古妻も一つ年取る桜かな ハードエッジ
幼子は桜の国の幼稚園 ハードエッジ
山盛の洗濯籠や朝桜 ハードエッジ
花満ちて山に水力発電所 ハードエッジ
花満ちて涙こらへてゐるやうな ハードエッジ
山奥に海を知らざる山桜 ハードエッジ
封切の花散る宵となりにけり ハードエッジ
隣の木隣の木へと花吹雪 ハードエッジ
夕立やその絶頂の観覧車 ハードエッジ
宿浴衣見よとばかりに干し連ね ハードエッジ
へうたんの柄を選びし宿浴衣 ハードエッジ
古浴衣古き命を包みけり ハードエッジ
浴衣着て母校に集ふ花火かな ハードエッジ
鱗粉で鱗粉汚す捕虫網 ハードエッジ
電球に裸ありけり夏祭 ハードエッジ
お天道様の見てゐる蟻の列 ハードエッジ
迷ひたる蟻か一目散に駆く ハードエッジ
蟻でなきものも混りて蟻の列 ハードエッジ
蝉の穴下から掘つて来りけり ハードエッジ
生きてゐる青黒白や黴の声 ハードエッジ
梅雨空にある電気線電話線 ハードエッジ
夕方は昼間の終り秋の暮 ハードエッジ
覗き見る点検孔の夜長かな ハードエッジ
寒林の真ん中にゐる寒さかな ハードエッジ
きゆつと鳴く寸に満たざる霜柱 ハードエッジ
遠くとも初夢でまた逢ひませう ハードエッジ

 

◎推敲過程データ/pdf

推敲途中で季語入替という荒業も使いますが、
一括して、
最終稿の季語で登録するようにしてます、、、あくまで原則ね

最終稿50句の推敲:推敲数430句
角川俳句賞 2021 プランA 改定

途中断念句37句の推敲:推敲数199句
角川俳句賞 2021 プランA 断念句

 

 

◎推敲過程 プリント+手書き/pdf

角川俳句賞 2021 プランA 推敲 手書き

◎葉書俳句背景画像

 

◎落選葉書一覧

DuckDuckGo 検索:
最新版はこちら

Google検索:
最新版はこちら

以上です