冬 【七五三】 神もまた素数を愛す七五三

全然堂歳時記 夏の部
【七五三】しちごさん

子季語:千歳飴

 

 

◎葉書俳句

 

 

 

 

◎テキスト

七五三

七五三着飾き かざるに良き寒さなり ハードエッジ

着飾る:
着飾りて小さな人のひな祭 ハードエッジ

の花は黄を着飾りて日当りて ハードエッジ

香水や着飾ることも気養生ようじょう 三田きえ子

着飾りて馬来マレー女の跣足はだしかな 高濱虚子たかはま きょし

着飾りて詩歌しいかの国の歌留多会かるたかい ハードエッジ

 

 

七五三電車の中でめらるる ハードエッジ

褒めらるる:
春の星子にほめらるる子守唄 鶴岡加苗つるおか かなえ

草餅くさもちの褒めらるる小会議室 池田澄子

夏休お代りをして褒めらるる ハードエッジ

ほたの火や白髪しらがのつやをほめらるゝ 小林一茶   いっさ

褒めらるるままにうとうと七五三 ハードエッジ

松竹や世にほめらるる日の始 加賀千代女   ちよじょ

 

 

七五三もうで石段石畳いしだたみ ハードエッジ

「石段」と「石畳」同時使用の俳句は、
わが俳句データベース(59.9万句/2021.11)になし!
だから、どうした、ではありますが、、、一応、書いておこう

石段:
石段をひろがりのぼる遍路へんろかな 皆吉爽雨みなよし そうう

石段にふめよと落ちし椿つばきかな 久保田万太郎

石段を上り第二の薔薇ばらの園 橋本美代子

石段のはじめは地べた秋祭 三橋敏雄

山路やまみちに石段ありてくずの花 高濱虚子たかはま きょし

石段に並べてありし木の実かな 野村泊月    はくげつ

春近し石段下りてなずなあり 高野素十    すじゅう

石段のぬるるにはやきしぐれかな 久保田万太郎

石段に一歩をかけぬ初詣はつもうで 高濱虚子たかはま きょし

子を抱いて石段高し初詣 星野立子

石段の変らぬかたさ初詣 桂信子

広々と大石段や初詣 池内たけし

石畳:
三月やモナリザを売る石畳 秋元不死男あきもと ふじお

石畳つぎ目つぎ目や草青む 小林一茶   いっさ

晩涼ばんりょうせみ落ちまろぶ石畳 木下夕爾   ゆうじ

新涼しんりょう靴音くつおとを待つ石畳 西村和子

神迎かみむか出雲いづもの国の石畳 有馬朗人ありま あきと

 

石段/自作:
石段を上る四つ足鹿しかの秋 ハードエッジ

石段のはての果なる追儺寺ついなでら ハードエッジ

降りてくる長き石段義士祭ぎしまつり ハードエッジ

石段はり減り返り花咲いて ハードエッジ

坂道に続く石段初詣 ハードエッジ

石段を白息しらいき上る初詣 ハードエッジ

石畳/自作:
花篝はなかがり消えて夜明の石畳 ハードエッジ

流星の降りて転がる石畳 ハードエッジ

大寒だいかんかれて硬き石畳 ハードエッジ

 

石段に昨日の雨や七五三 ハードエッジ

昨日の雨:
椿落ちて昨日の雨をこぼしけり 与謝蕪村よさ ぶそん

道の上にきのふの雨の氷りけり 今井杏太郎    きょうたろう

節分せつぶんやきのふの雨の水たまり 久保田万太郎

 

境内けいだい日蔭ひかげひんやり七五三 ハードエッジ

境内:
しもどけの境内広く植木市 高木晴子

境内に東京の土朝顔市 橋本美代子

境内のもう片付きし秋祭 内田美紗  みさ

境内のじん取り遊び神の留守るす 若井新一

境内はにぎやかなれど落葉かな 正岡子規  しき

境内や落葉きゐる僧遠し 橋本鶏二   けいじ

境内のまつくらがりや除夜じょやの寺 高橋淡路女   あわじじょ

境内になずなみけり七日粥なのかがゆ 大谷句佛おおたに くぶつ

 

 

平日の三々五々の七五三 ハードエッジ

平日:
平日も週末もなき暑さかな ハードエッジ

住む町の平日知りし風邪寝かぜねかな 小川軽舟    けいしゅう

 

 

人生に階段いくつ七五三 ハードエッジ

階段:
階段の昼間さみしきありの列 中嶋憲武なかじま のりたけ

階段の裏にわれある夜食かな 小澤實おざわ みのる

待春の大階段となりにけり 齋藤朝比古

とんとんと上る階段年忘れ 星野立子

階段を来る薔薇ばら色の家族計画 仁平勝にひら まさる

 

階段/自作:
階段を落ち来るごと雪解川ゆきげがわ ハードエッジ

道路から梅雨つゆ外階段そとかいだん上る ハードエッジ

階段の多き薔薇園ばらえん町が見ゆ ハードエッジ

階段をいて降り来る小春こはるかな ハードエッジ

ゆるやかに階段状の雪として ハードエッジ

大仏の中の階段着膨きぶくれて ハードエッジ

 

神もまた素数そすうを愛す七五三 ハードエッジ

素数:
その数も素数なりける素足すあしかな ハードエッジ

重陽ちょうようの素数ならざることおしむ ハードエッジ

 

 

胎内たいない次女じじょすこやか七五三 ハードエッジ

胎内:
春暁しゅんぎょうをまだ胎内の眠たさに 野澤節子のざわ   

寒明かんあけて胎内くぐりせし思ひ 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

胎内のみどりにまるまで昼寝 鎌倉佐弓かまくら さゆみ

胎内へ戻りゆくごと蛍狩ほたるがり 西宮舞にしみや まい

胎内のぬれ髮の子よ星祭ほしまつり ハードエッジ

 

 

両の手を父母に与へて七五三 ハードエッジ

与へて:
花の名を魚にあたへてあたたかし 日原傳ひはら つたえ

へば茅花つばなすべて与へてにし子よ 中村汀女   ていじょ

好きな虫ひとつ与へて蟻地獄ありじごく 櫂未知子かい      

 

九九すこしいへる子七五三十五 ハードエッジ

九九:
授業いま五の段の九九さくら草 樋笠文ひかさ ふみ

そらんじて九九を手玉てだまの涼しさよ ハードエッジ

 

黒髪に挿せばちりりと七五三 ハードエッジ

ちりり:
朝涼あさすず/ちょうりょうやちりりと貝のシャンデリア 松野苑子

葉桜はざくらやちりりと銀のイヤリング ハードエッジ

 

振袖ふりそでの袖ふり廻す七五三 ハードエッジ

振袖:
振袖はよきかも振つて青き踏む 山口青邨    せいそん

振袖を着せてやりたや猫の妻 正岡子規  しき

振袖によろいをかくす夏野かな 椎本才麿しいのもと さいまろ

世の中は花に振袖松にとび 正岡子規

初弓はつゆみの振袖しぼる白だすき 岸川素粒子

 

こつぽりの高きが嬉し七五三 ハードエッジ

こつぽり:
こつぽりの高さや地虫じむしでにけり 波多野爽波はたの そうは

楽しいのは、
しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子

 

初詣ほどには混まず七五三 ハードエッジ

逆に、混み合ふ方は、
啓蟄けいちつ裁縫箱さいほうばこの混み合へる ハードエッジ

滝壺たきつぼや水混み合つてみ合つて ハードエッジ

店頭に風の混み合ふ扇風機せんぷうき 山田露結   ろけつ

江ノ島の日傘ひがさの白く混みあへる 安里琉太あさと りゅうた

虫の闇これより恋の混み合へる 山田露結   ろけつ

おとなしく人混みあへる初電車 武原はん女

 

 

千歳飴

じょううばふくろに笑めり千歳飴ちとせあめ ハードエッジ

不気味な笑ひ:
緑蔭りょくいんに三人の老婆ろうばわらへりき 西東三鬼さいとう さんき

尉と姥:
雛飾ひなかざわれらも尉と姥になり 品川鈴子

中中に落穂おちぼひろはずや尉と姥 与謝蕪村よさ ぶそん

初春や懐紙かいしかし尉と姥 石田克子   かつこ

 

 

鶴亀つるかめ松竹梅しょうちくばい千歳飴ちとせあめ ハードエッジ

鶴亀:
禅寺ぜんでらの鶴亀の松手入まつていれかな 毛塚静枝

 

細く長くと蕎麦そばの長さの千歳飴ちとせあめ ハードエッジ

推敲後:
細く長く蕎麦そばより甘く千歳飴ちとせあめ ハードエッジ

あああ、
もう葉書俳句n10部を印刷完了し、知り合いに配り始めてたのに、、、
ゆえに、
葉書は再印刷せず、小手先の追記
でも、
俳句自体は格段によくなった? ←甘いか? ←飴だもん

そもそも、
「蕎麦の長さの千歳飴」なんて、どういうセンスしてるんだ >オレ

細く長く:
素麺そうめんを細く長くと流すなり ハードエッジ

 

長きものフランスパンと千歳飴ちとせあめ ハードエッジ

フランスパン:
フランスパン立てて売らるる麦の秋 長谷川久々子はせがわ くぐし

ねぎ持つやフランスパンを持つやうに ハードエッジ

 

 

めてみて千年甘し千歳飴ちとせあめ ハードエッジ

千年:
春晝しゅんちゅう持物じもつ千年ちりまとふ 中原道夫

千年の仏を守る堂涼し ハードエッジ

千年の留守るす瀑布ばくふを掛けておく 夏石番矢なついし ばんや

千年の寺いつからの蟻地獄ありじごく 津田清子

千年の飛花ひかめしいひし蚯蚓みみずかな 恩田侑布子おんだ ゆうこ

秋風や皆千年の物ばかり 正岡子規  しき

みちのくのここ千年の雪景色 ハードエッジ

千年の鶴万年の雪の上 ハードエッジ

千年の命よぢれて藤枯るる 高橋悦男

 

 

◎推敲過程/テキスト/pdf

データベースが不十分で、
20句中、6句ほど、推敲過程が追跡できず、除外してます
最終稿の数句も漏れてます、、、もう面倒で、、、 (^_^;;;

全然堂歳時記 冬 【七五三】

 

 

◎推敲過程/葉書+手書き/pdf

近日、、、のつもり

 

 

 

以上です