開発素句報 2021-04 神々も寂しがりしや秋の暮

開発素句報 2021-04「種硬し」

◎葉書俳句

◎テキスト

第十八回だいじゅうはっかいオリンピアード秋のはれ ハードエッジ

 

腸詰ちょうづめ/ウインナが秋の河原にはじけ飛ぶ ハードエッジ

野菜なら、
バーベキューピーマン破裂はれつさせてこそ 小林貴子   たかこ

 

くもるだけ曇りし秋の夕焼ゆやけかな ハードエッジ

リピートの「だけ」:

伸びるだけのび啓蟄けいちつぞうの鼻 岩淵喜代子いわぶち き よ こ

乗れるだけ乗せて流しぬ古雛ふるひいな 相生葉留実あいおい は る み

落るだけ落てさびしき椿哉つばきかな 正岡子規  しき

月の雨ふるだけふると降りにけり 久保田万太郎

長雨のふるだけ降るや赤のまま 中村汀女    ていじょ

北風の吹くだけ吹きし星のえ 渋沢渋亭

飲めるだけのめたるころのおでんかな 久保田万太郎

 

神々もさびしがりしや秋の暮 ハードエッジ

「寂しかりしや」「さみしかりしや」も考えたが、
「カミガミ」と「さびしがり」のガ音、そしてビ音が捨てがたかった

「寂しがりしや」の中に潜む、「寂しがり屋」

一応、日本なので、推敲:
神もまた→神々も

さびしが:
おとうとのさびしがりたる雛納ひなおさめ 佐藤美恵子

桜並木一番はしがさびしがる 小泉八重子  やえこ

樹上より垂らして素足すあしさびしがる 能村登四郎のむら としろう

き我をさびしがらせよ閑古鳥かんこどり 松尾芭蕉    ばしょう

灯ともして秋の夕を淋しがる 正岡子規  しき

鉄塔は鉄の頃からさびしがり なかはられいこ

此道をさびしがらせて料理人 攝津幸彦せっつ   

足裏がさびしがるから男下駄 福本弘明    ひろあき

 

もやもやとはらわたのある南瓜かぼちゃかな ハードエッジ

もやもや:
あめつちや春をもやもやき玉子 池田澄子

春のこいもやもや影を重ねゐつ 大串章おおぐし あきら

うすら氷のけてもやもやしてゐたる ハードエッジ

はまぐりのもやもやと出す明日かな 上田信治   しんじ

古株の底やもやもやすすきの芽 正岡子規  しき

もやもやと老人のゐる夏祓なつばらえ 小原啄葉おばら たくよう

もやもやと鶏頭けいとう磨硝子すりがらすごし 生駒大祐いこま だいすけ

 

顔だけのはれ残りの秋刀魚さんまなり ハードエッジ

食はれ残り:
春雨はるさめや喰はれ残りのかもが鳴く 小林一茶   いっさ

食はれ残りの泥鰌どじょうが我にひげを振る 加藤楸邨    しゅうそん

鈴虫すずむしの食はれ残りがひげ振れる 加藤楸邨

 

行く秋の実を柔かに種硬し ハードエッジ

類句:
かたくなにとげある花の種をく ハードエッジ

小さくて硬くて黒し花の種 ハードエッジ

草の花やがて草の実草の種 ハードエッジ

 

 

◎推敲過程/テキスト

捨句を含む

開発素句報 2021-04

 

◎推敲過程/手書き

全15枚

開発素句報 2021-04 手書き

 

◎葉書俳句表側

 

以上です