開発素句報 2019-09 日本に神の名あまた柿の名も

開発素句報 2019-09

神代の昔

 

◎葉書俳句

開発素句報 2019-09

 

 

◎テキスト

日曜の朝は運動会の朝 ハードエッジ

  運動会秀句:
  秋晴の運動会をしてゐるよ 富安風生    ふうせい

  半袖はんそでをさらにまくつて運動会 大塚次郎

  ねかされて運動会の旗の束 千葉皓史   こうじ

  運動会午後へ白線引き直す 西村和子

  子を走らす運動会後の線の上 矢島渚男    なぎさお

 

  「日曜の朝」は宇多田ヒカルにありますが、
  彼女の母、藤圭子の時代にも、
  Velvet Underground-“Sunday Morning” 1967があります
  しかし、私の好みは同年の「水曜の朝」at five o’clock

 

 

申し訳なささうな黄を青蜜柑あおみかん ハードエッジ

  桃なら、
  桃青し赤きところの少しあり 高野素十    すじゅう

 

 

菊ののつんと神代かみよの昔かな ハードエッジ

  神代の昔といえば、
  畠山みどり『恋は神代の昔から』

 

 

日本に神の名あまた柿の名も ハードエッジ

  神の名の秀句:
  あたたかや一番星に女神めがみの名 山口速    そく

  清水にもあるや神の名仏の名 正岡子規  しき

  むつかしき神の名となへ大祓おおはらえ 山上樹実雄

  紅葉して山に神の名仏の名 成田千空    せんくう

  柿の色んな種類はこちら「旬の食材百科」

 

 

らちもなく秋のたたみに昼寝かな ハードエッジ

  自作による畳の四季:
  ひな飾る古き畳に緋毛氈ひもうせん ハードエッジ

  初夏や畳の家に靴を脱ぎ ハードエッジ

  蚊遣火かやりびにつくづく古き畳かな ハードエッジ

  畳なき国は寂しや天の川 ハードエッジ

  新年や畳の部屋に椅子いすつくえ ハードエッジ

 

一年でつる虫草秋の風 ハードエッジ

  「果つる」秀句:
  焼却炉しょうきゃくろび果つるとも梅白し 岸本尚毅   なおき
  紅梅こうばい病臥びょうがに果つる二十代 古賀まり子
  波はみななぎさに果つる晩夏かな 友岡子郷    しきょう
  んで果つるほかなし秋の波 鈴木真砂女   まさじょ

  自作も、
  蜂蜜はちみつのとろりと夜学果つる頃 ハードエッジ

 

 

秋深しいねの色してマヨネーズ ハードエッジ

  マヨネーズ秀句:
  晩春をヌード気分のマヨネーズ 小枝恵美子こえだ   

  マヨネーズおろおろ出づる暑さかな 小川軽舟    けいしゅう

  さびしいぞ越冬小屋のマヨネーズ 須佐薫子すさ かおるこ

 

 

◎推敲過程/pdf

開発素句報2019-09

 

以上です