夏 【飲料 酒】うたかたのうすきみどりのソーダ水

全然堂歳時記 夏
【飲料 酒】

 

◎葉書俳句

◎テキスト

たすきして新茶娘が駅前に ハードエッジ

注文の新茶を待てる釘煮くぎにかな ハードエッジ

色も香も新茶なりけり飲むべかり ハードエッジ

  「飲むべかり」と言えば、
  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  若山牧水わかやま ぼくすい

山葵漬わさびづけなめて新茶をいれかへて ハードエッジ

 

ある時はカルピスも飲む麦湯かな ハードエッジ

行く夏やいくたび麦湯ふきこぼし ハードエッジ

 

置かれあるアイスコーヒー稲荷いなりずし ハードエッジ

女中頭じょちゅうがしらアイス珈琲コーヒーひと口飲み ハードエッジ

 

うたかたのうすきみどりのソーダ水 ハードエッジ

がれたる後のつぶやきソーダ水 ハードエッジ

ソーダ水深きところを吸はれをる ハードエッジ

  上下逆転なら、
  アイスコーヒー上より薄くなりゆける  上田信治

  全体なら、
  飲むたびに冷める珈琲がくの花  鶴岡加苗

サイダーとラムネの差異さいを雲に聞く ハードエッジ

とらはれの身をからからとラムネ玉 ハードエッジ

  「からから」の名句:
  からからと雨戸を廻す杜若かきつばた  長谷川櫂はせがわ かい

  からからと初湯のおけをならしつつ  高濱虚子たかはま きょし

 

アイスクリーム食べさせてゐる古写真 ハードエッジ

幽霊ゆうれいは甘いアイスにとろけたり ハードエッジ

 

漁師町色あざやかにき氷 ハードエッジ

 

蚕豆そらまめ翡翠ひすい麦酒ビール琥珀こはくなり ハードエッジ

夕焼が赤し麦酒の一杯目 ハードエッジ

生ビール過去も未来もほろ苦く ハードエッジ

 

冷酒ひやざけや友の中なる酒の友 ハードエッジ

  「酒の友」の名句:
  大名に酒の友あり年忘れ  炭太祇たん たいぎ

 

 

◎データベース画面

以上です