和語俳句 【よ】 恋猫の汚れきつたる寧けさよ 行方克巳

◎和語俳句、や行の「よ」です
→「や」
→「ゆ」

◎汚る=よごる

恋猫の汚れきつたる寧けさよ  行方克巳(なめかた・かつみ)
  ※寧けさ=やすけさ

画用紙の汚れやすさよ地虫出づ  ハードエッジ

田植笠今年の汚れのみならず  中本真人

温もるは汚るるに似て風邪ごもり  岡本眸(ひとみ)
  ※温もる=ぬくもる、風邪=かぜ
  「汚るる」は「けがるる」の可能性あり
  しかし、それではやや大げさかと、、、

◎捩る=よじる

捩る=ねじる

千年の命よぢれて藤枯るる  高橋悦男

乳のめる仔馬の首のよぢれをり  青葉三角草

 

 

 

◎装ふ=よそおう

薄暑来ぬ人美しく装へば  星野立子

風が死し草々も死を装へり  相生垣瓜人

 

 

◎澱む=よどむ

花筏寄りつ離れつ澱みつつ  中村苑子
  ※花筏=はないかだ

藪蚊吐き古墳の暗さよどみをり  山田弘子
  ※藪蚊=やぶか

 

 

◎蘇る=甦る=よみがえる=黄泉帰る

古草もまたひと雨によみがへり  高濱年尾(としお)

蘇るなにもなけれど盆の道  齋藤玄

元旦や祖の心の蘇る  高濱虚子(きょし)

 

以上です