和語俳句 【わ】 庭掃きて雪を忘るる帚かな 松尾芭蕉

追記:「割る」・豆の飯・踊り子・夜の梅・早乙女・蝉の穴・日向ぼこ・着ぶくれ・手毬唄/2018.9.2

◎和語俳句、わ行の「わ」です

◎忘る=わする

庭掃きて雪を忘るる帚かな  松尾芭蕉(ばしょう)
  ※帚=ほうき

亡き人がわれを忘るる夜の梅  鈴木鷹夫

蝶が蝶に出遇ふしばらく花忘れ  鈴木鷹夫
  ※蝶=ちょう、出遇ふ=であう

 

早乙女さおとめの手足忘るるまでつかれ  津田清子

水底みなぞこに暑さ忘るる豆腐とうふかな  ハードエッジ

忘られし水鉄砲みずでっぽうや水の上  ハードエッジ

くずれつつせみを忘るる蝉の穴  ハードエッジ

 

秋草の吹かるるままに忘らるる  ハードエッジ

 

雪の降る町といふ唄ありし忘れたり  安住敦(あつし)
  →UT、内村直也作詞、中田喜直作曲、倍賞千恵子歌『雪の降るまちを』

吾子あことゐて吾子をわするゝ日向ぼこ  五十崎古郷いかざき こきょう

今をすぐ忘るる母や着ぶくれて  山田みづえ

湯上りの蜜柑忘るな柚子買うて  ハードエッジ
  ※蜜柑=みかん、柚子=ゆず

 

手毬唄てまりうたそれも忘るるもののうち  後藤比奈夫  ひなお

 

鉛筆えんぴつ遺書いしょならば忘れやすからむ  林田紀音夫(きねお)
  ※無季俳句

 

 

◎詫ぶ=わぶ

やわらかに出来しと詫びて豆の飯  高野素十   すじゅう

おどり子はの冷たさを詫びて云ふ  西東三鬼さいとう さんき

水仙すいせんびしはさみを花に詫び  桂信子

寒夕焼かんゆやけお詫びのごとく赤くある  ハードエッジ

 

 

◎割る=わる

割れ割れて砂にまぎるる桜貝  ハードエッジ

馬のしり綺麗きれいに割れてすみれ咲く  中村和弘

 

怪獣かいじゅうの背中が割れて汗の人  加藤静夫

柔かに割れてしまひし蝸牛かたつむり  ハードエッジ

 

秋草の中や見事にかめ割れて  波多野爽波はたの そうは

 

大石や二つに割れて冬ざるる  村上鬼城    きじょう

 

みづからの力に割れて鏡餅かがみもち  伊藤通明

鏡餅暗きところに割れてす  西東三鬼

 

以上です