和語俳句 【み】 咲き満ちてこぼるる花もなかりけり 高濱虚子

◎和語俳句、ま行の「み」です
→「ま」
→「む」
→「め」
→「も」

◎満つ=みつ

厄介やっかい紅梅こうばいの咲き満ちたるは  永田耕衣こうい

咲き満ちてこぼるる花もなかりけり  高濱虚子たかはまきょし

花満ちてこぼるるものに鳥のこゑ  ハードエッジ
  零してみました (^_^;;;

花満ちて玉の如くにふるへをり  岸本尚毅なおき

花満ちて山と積まれし未読の書  ハードエッジ
  視点を転ずる、というやつ

ひたに入りひたひたに満ち田水たり  小川軽舟けいしゅう

満ち足りて水田明りの水田なり  ハードエッジ
  満足してます

満ち欠けの欠けを楽しむ月とこそ  ハードエッジ

ひざに来て模様に満ちて春着の子  中村草田男くさたお

 

◎漲る=みなぎる

漲りて一塵を待つ冬泉  飯島晴子
  ※一塵=いちじん

雪吊の裾に漲る力かな  小林草吾
  ※雪吊=ゆきづり、裾=すそ

 

以上です