和語俳句 【む】 春眠をむさぼりて悔なかりけり 久保田万太郎

剥く/2018.2.13
◎和語俳句、ま行の「む」です
→「ま」
→「み」
→「め」
→「も」

◎剥く=むく

→剥ぐ=はぐ
そら豆剥き終らば母に別れ告げむ  吉野義子

なし剥きしナイフ梨より甘からむ  鈴木牛後ぎゅうご

くり剥くは上手じょうず所帯しょたいくずしても  小沢信男

牡蠣かき剥くは身ぐるみ剥ぐに似たりけり  相生垣瓜人あいおいがきかじん

禁句なる蜜柑みかん剥きつつ尻取しりとりす  ハードエッジ

えんなものとぞみかん剥きあへる  久保田万太郎

 

 

◎貪る=むさぼる

春眠をむさぼりてくいなかりけり  久保田万太郎

雲水うんすい蛇口じゃぐちむさぼる炎暑えんしょかな  生田力丈

熱湯をむさぼりこぼす湯婆たんぽかな  西島麦南

凍蝶いてちょう日差ひざし貪ることもなく  高木石子

 

 

 

◎蝕む=むしばむ=虫食む

夜光虫岩を蝕むごとく燃ゆ  大野林火りんか

蝉の腹八分目ほど蝕まれ  ハードエッジ

 

以上です