和語俳句 【こ】 初雪をどろにこねたる都かな 水田正秀

擦る、転ぶ、分割/2017.12.20
◎和語俳句、か行の「こ」です
→「か」
→「き」
→「く」
→「け」

◎志す=こころざす

志す惜春の句や墨をする  星野立子
  ※惜春=せきしゅん

 

 

◎拗る=こじる

→拗ぬ=すぬ
→拗る=ねじる

まゆ玉や一度こじれし夫婦仲  久保田万太郎

 

 

◎擦る=こする

→擦る=する

地虫出て目をこするさま人の子なら  加藤楸邨(しゅうそん)

がりがりとこする音して鹿のゐる  岸本尚毅(なおき)

  オマケ:「鹿の音」系俳句
  涙目の鹿の角切るずいずい切る  小澤實

  ぎこぎこと鹿の角切る神事かな  ハードエッジ

 

 

◎捏ぬ=こぬ

初雪をどろにこねたる都かな  水田正秀(まさひで)

 

 

◎転ぶ=ころぶ

寝転ぶに春の証の腕まくり  ハードエッジ
  ※証=あかし

宇宙服大地に転ぶ七五三  石川多歌司

 

以上です