和語俳句 【け】 弟やまだ穢れなき捕虫網 ハードエッジ

削る、蹴る、分割/2017.12.20
◎和語俳句、か行の「け」です
→「か」
→「き」
→「く」
→「こ」

◎穢る=けがる、穢す=けがす

穢れざる天のひろさや囀れる  古賀まり子
  ※囀れる=さえずれる

蠅打つていさゝか穢す団扇哉  高井几董(きとう)
  ※蠅=はえ、団扇哉=うちわかな

弟やまだ穢れなき捕虫網  ハードエッジ
  ※捕虫網=ほちゅうもう

鷺草の飛べば穢るる白ならむ  片山由美子
  ※鷺草=さぎそう

 

 

◎削る=けずる

→削ぐ=そぐ

春宵やセロリを削る細身の刃  石田波郷(はきょう)
  ※春宵=しゅんしょう

大木を白木に削る秋の暮  ハードエッジ

秋雨に焚くや仏の削り屑  高桑闌更(らんこう)
  ※屑=くず

待春のバターにぐぐと削り跡  鈴木牛後(ぎゅうご)
  ※待春=たいしゅん

 

 

◎蹴る=ける

御神馬も羽目板を蹴り梅雨長し  鍵和田[ゆう]子(かぎわだ・)
  ※御神馬=ごしんば、梅雨=つゆ

死神を蹴る力なき蒲団かな  高濱虚子(たかはま・きょし)
  ※蒲団=ふとん

落葉蹴るわが足跡は印し得ず  下村梅子

 

 

以上です