落選!角川俳句賞(60年間の受賞作品集はKindle版月刊「俳句」に)

2018年の落選作は11月4日ころ掲載予定

追記/2017.9.9/2017.9.5-6
落選

◎角川俳句賞2017、落選作抄(5句)

  →全50句はこちら

子鯨も乳呑むころか朧月
  ※子鯨=こくじら、朧月=おぼろづき

 

美しき黒の剥落揚羽蝶
  ※剥落=はくらく、揚羽蝶=あげはちょう
  無論、
  女身仏に春剥落のつづきをり  細見綾子
  を、踏まえています

 

白狐もとより踊上手なり
  ※白狐=しろぎつね、踊上手=おどりじょうず
  盆踊りの一コマ
  お面でもよし、
  ご先祖様の化身でもよし

  「もとより」が俳句っぽくて気に入ってます
  春なれやもとより匂ふ芳名簿  鈴木鷹夫

  ※芳名簿=ほうめいぼ

  夏場所やもとよりわざのすくひなげ  久保田万太郎

  願ぎ事はもとより一つ初詣  高濱虚子(たかはま・きょし)
  ※願ぎ事=ねぎごと

  先行句です
  狐面つけて踊りの輪の中に  中村苑子
  この句より、幻想の度合を強めました

 

この山に氷の瀧の幾柱
  ※瀧=たき、幾柱=いくはしら
  眠る山を守るが如く、、、

  幾柱=結界という想定ですが、
  どうでしょうか?
  実景というよりは想像の風景です、

 

女の神も乗せて目出度し宝船
  ※女の神=めのかみ
  弁天様ですね

 

◎応募要項

仁平 勝/正木ゆう子/小澤 實/岸本尚毅
未発表作品50句

●B4判400字詰原稿用紙を使用してください。
●ワープロ原稿の場合は、B4判無罫用紙を
  20行取りとし、大きめの明朝体を使用してください。
●原稿冒頭に作品の表題(全体を要約するタイトル)と作者名を
  明記してください。
●別紙に次の項目を記して同封してください。
  (1)表題
  (2)俳号・本名・生年月日・年齢・性別
  (3)郵便番号・住所・電話番号
  (4)略歴(師系・俳歴・受賞歴・所属結社等)
  (5)現在の所属結社
  (6)職業
●50句中に既発表作品、二重投句があれば無効となります。
  (既発表作品には新聞、雑誌、結社誌、同人誌、句会報のほか、
  ホームページ、ブログ等に掲載された作品も含まれます)
●原稿の訂正、返却には応じられません。
  受賞作品の雑誌掲載権は主催者(角川文化振興財団)に帰属します。

平成29年5月31日(当日消印有効)

by 角川文化振興財団:角川俳句賞

◎参考資料

応募する人にも、そうでない人にも、

俳句の資料としてお勧めしたいのは、

月刊「俳句」の2014年11月号付録、

<完全保存版!角川俳句賞の60年>  ←全受賞作収録

雑誌は品切ですが、キンドル版があります  ←付録込・手帖ナシ

古本買うときも、この付録が肝心ですから、
付録付かどうかを、ご確認ください  ←付録付って、山本山系ですね

 

◎進捗状況

私は、どうも今年はギブアップ、かも
とんと、やる気ないし、
このブログ制作も夏までに、少しは目処つけたいし、、、
で、連続落選記録も途切れそうです (^_^;;;

ところで、
「角川賞」でググると、
「六角川賞」という競馬の賞がヒットしますね (^o^)

 

なお、(私は部外者で、お世話になるばかりですが)、
ウェブマガジン「週刊俳句」では、
毎年、角川俳句賞の落選展やってます

もし、アナタが応募して、
万が一、、、万が一、、、賞を逃したとしても、
ネットでの発表機会がありますので、頑張ってください
今年の開催詳細は10月頃発表か?

 

◎過去のわが落選作:

ハードエッジ「半丁」/角川俳句賞2016落選作

ハードエッジ「ブルータス」/角川俳句賞2015落選作

ハードエッジ「ゐません」/角川俳句賞2014落選作

 

 

追記:/2017.5.5
連休中、ちょっと調子が出て、目下、手持句数10突破
応募の可能性が出てきました

※2017.5.20
このところ、少しやる気が出てきて、目下手持ち30ほど
今年は推敲も充分重ねてる

※2017.5.28
なんとか50句突破しました
推敲総数は400です
締切前に揃うなんて初体験、
後3日、さらに推敲を重ねます

※2017.6.1
昨日、投函しました
1ヶ月半、フルタイム作句
制作推敲総数470超
A4一覧プリント、ver.25まで
実力+データベース55万句で、 どこまで嵩上げ出来たか?
これでダメなら俳句止め樽
位の心情です、、今は (^_^;;;

※2017.6.3
投函後、正気に戻る、
というのは例年の事ではあります
今回もじわじわアラが、、、
なんと、先頭の1句がコケた
ブチかますはずが、空振りしてる

※2017.6.5
先頭句、バグフィクス
やはり、推敲不足だった
他はまだ、破綻なく
まあ、それだけ大人しい作品だったのかも
いいけどね

※2017.9.5
落選確定
今年も週刊俳句の落選展です
やれやれ、、、

※2017.9.6
3ヶ月ぶりに読んでみると、
やはり、
凡句、
舌足らずの句、
破綻の句、
など発覚
でも、まあ、
マトモなのもあるかな、、、が冒頭の抄録

以上