【腹】 空腹を宥めつつ朝寝坊かな

全然堂歳時記 類題
【腹】はら

はらわた・胸を含む

◎葉書俳句

 

 

◎テキスト

空腹も忘るるやうな朝寝坊あさねぼう ハードエッジ

イマイチ作

なかなか決定打が出ないままに推敲30句 →see pdf

自分のサイトなので、締切は自由なのに、
意味もなく、ワンツースリーの12月3日リリースにこだわっての見切り発車

しかし、
後出しジャンケンで簡単に修正できるところがネットの利点

その利点を活かすなら、
ホントに納得できる最終稿を待つのでなく、
適当な締切で中間稿を発表し、 ←この人目に晒すこと大事!
一服した精神状態でデバッグするのも一法ではないか?

改案:
空腹をなだめつつ朝寝坊かな ハードエッジ

句跨くまたが

わがデータベースに朝寝の句は380句ほど
その内、朝寝坊は3句のみ
意外に少ない気がする

我に許せ元日なれば朝寝坊 夏目漱石なつめ そうせき

宥めつ俳句:
なだめつつかめよりはづす薄氷うすごおり 鷹羽狩行

死にゆくを宥めつ運ぶ蟻の列 ハードエッジ

 

腹黒はらくろ鶯餅うぐいすもちや鳴きもせず ハードエッジ

鳴きもせず自作:
鬼の子の内にこもつて鳴きもせず ハードエッジ
※鬼の子=蓑虫みのむし

かりそめのみつにふくるるはちの腹 ハードエッジ

ふくるる自作:
豆腐屋とうふや大豆だいずふくるる春の月 ハードエッジ

釘のびて膨るる板はび ハードエッジ

座布団ざぶとんを腹に乗せたる昼寝かな ハードエッジ

座布団自作:
座布団にしてこれより月の舟 ハードエッジ

座布団をおざぶというて時雨しぐれかな ハードエッジ

わが去りて座布団残る日向ひなたぼこ ハードエッジ

腹巻の腹話術師ふくわじゅつしもありぬべし ハードエッジ

腹巻(腹当)秀句:
腹当はらあてや男のやうな女の子 景山筍吉かげやま じゅんきち

腹当や赤く大きな紋所もんどころ 高濱虚子たかはま きょし

夏痩なつやせ素麺腹そうめんばらとなりにけり ハードエッジ

正月には、
餅腹もちばらの重きをゑてすみをする 杉本零    ぜろ

快晴の餅腹で行く日本橋 鈴木鷹夫   たかお

の腹に鱗粉りんぷん詰まりゐはせぬか ハードエッジ

ゐはせぬか有名句:
ひるがほに電流かよひゐはせぬか 三橋鷹女みつはし たかじょ

せみの腹八分目ほどむしばまれ ハードエッジ

静かさやかえるかす蛇の腹 ハードエッジ

その直前は、
まれゆく蛙や脚を真つ直ぐに 南うみを

 

切腹の菊人形に水をやる ハードエッジ

春夏の切腹/ハラキリ:
稽古けいこする腹切の場や春の雨 正岡子規  しき

なかんづく切腹の間の涼しさよ 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

夏芝居なつしばい腹切つてより長台詞ながぜりふ 安里道子やすざと みちこ

ながながと切腹の場や夏芝居 大木あまり

ふつくらと腹を刺されしもずにえ ハードエッジ

意味がちょっとねじれているが強行

刺され俳句:
花菖蒲はなしょうぶ赤子たちまちに刺され 岸本尚毅   なおき

見晴みはらしの良きに刺されて鵙の贄 ハードエッジ

編棒あみぼうを刺されて休む毛糸玉けいとだま ハードエッジ

刺されたる枝につぼみ雪達磨ゆきだるま ハードエッジ

柔かな秋刀魚さんまの腹へはしの先 ハードエッジ

蟷螂とうろうの腹べんべんと枯れゆくも ハードエッジ

べんべんの名句:
敗戦忌腹べんべんとながらへし 中戸川朝人なかとがわ ちょうじん

※蟷螂=かまきり

はららごや熊の親子がこぼす ハードエッジ

鮭主体で、
手負ておい鮭火の粉のごとく腹子はらこく 八牧美喜子やまき みきこ

食べ零す名句:
栗飯くりめしを子が食ひ散らす散らさせよ 石川桂郎    けいろう

 

 

青虫のはらわた青き機嫌きげんかな ハードエッジ

腸の四季:
腸に春したたるやかゆの味 夏目漱石なつめ そうせき

腸のようもくさらぬ暑さかな 尾崎紅葉    こうよう

ししわた落葉まみれに俯分ふわけせり 小川軽舟    けいしゅう

腸の煮えくり返る鮟鱇鍋あんこうなべ 市堀玉宗いちぼり ぎょくしゅう

乾鮭からざけはらわたのなき叫びかな ハードエッジ

欠落の叫び:
顔の無き踏絵ふみえの叫びありにけり 稲畑廣太郎いなはた こうたろう

蟷螂とうろうこえ無き叫び聞くべかり 相生垣瓜人あいおいがき かじん

なき+かな の四季:
ひずまざるものなきひなの鏡かな 山西雅子

眠るよりほかに手のなき暑さかな 久保田万太郎

菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴   すいは

やすやすと立ちて根のなき聖樹かな 菖蒲しょうぶあや

たてかけてあたりものなき破魔矢はまやかな 高濱虚子たかはま きょし

 

理容師の胸にはさみや春の雪 ハードエッジ

胸の四季:
初ひばり胸の奥処おくどといふ言葉 細見綾子   あやこ

が胸の谷間の汗や巴里祭パリーさい 楠本憲吉くすもと けんきち

菊人形胸辺むなべ枯るるは鬼婆おにばばよ 鍵和田かぎわだ[ゆう]子

流すべき流燈りゅうとうわれの胸照らす 寺山修司

胸中きょうちゅうこがらしせきとなりにけり 芥川龍之介あくたがわ りゅうのすけ

寒泳かんえいのみな胸抱いて上がりくる 斉田仁さいだ じん

 

青空を胸一杯にさえずるよ ハードエッジ

空+胸の俳句:
空港のクルーの胸の赤い羽根 中本真人

 

さえずりに胸のつかへはなかるべし ハードエッジ

なかるべしの四季:
水温みずぬるむとも動くものなかるべし 加藤楸邨    しゅうそん

短命のほたるに老はなかるべし 安住敦あずみ あつし

蟷螂とうろうおのの代りはなかるべし 高橋悦男

鮟鱇あんこうくしゃみと云ふはなかるべし ハードエッジ

寒雀かんすずめ小さな胸をふくらませ ハードエッジ

胸のふくらみ:
春草や光りふくるるはとの胸 松本たかし

重ね着に胸ふくれたる乳母うばの香よ 久米三汀くめ さんてい

胸ふくるる思ひ毛糸玉大きくて 内藤吐天   とてん

 

 

◎推敲過程/pdf

全然堂歳時記 類題 【腹】

◎オマケ:連想ポップス4曲

◎イントロで書いた123絡みで、
「1-2-3」レン・バリー 1965

 

◎青空と言えば、
「青空のある限り」ザ・ワイルド・ワンズ 1967

 

◎胸一杯なら、
「胸いっぱいの愛を Whole Lotta Love」レッド・ツェッペリン 1969

 

 

◎胸に秘めた思いは、
「この胸のときめきを/You Don’t Have To Say You Love Me」ダスティ・スプリングフィールド 1966

 

以上です