【足】 猫の子を膝に世界を牛耳る日

今回から、参考句の書式を少し変えました
行頭の空白2文字を廃止し、
フォントサイズもデフォルトに戻しました 18pt→13pt
作業量がグッと減って快適です

全然堂歳時記 類題
【足】あし

膝を含む

◎葉書俳句

 

 

◎テキスト

足湯あしゆして余生よせいの春といふべしや ハードエッジ

余生自作:
春宵しゅんしょうも余生も値千金あたいせんきんぞ ハードエッジ

余生なほばたばたあお団扇うちわなり ハードエッジ

金賞の菊の余生と日向ひなたぼこ ハードエッジ

いふべしや、の名句:
抱く吾子あこ梅雨つゆの重みといふべしや 飯田龍太    りゅうた

 

かげろふやでてこりこりたこの足 ハードエッジ

茹でての秀句:
春の雪青菜をゆでてゐたるも 細見綾子   あやこ

春の雪茹でてかぶらのすきとほり 長谷川櫂はせがわ かい

蛸足自作:
蛸足の肉の真白を胡瓜揉きゅうりもみ ハードエッジ

 

 

両足で乗つて重たき踏絵ふみえかな ハードエッジ

重たき四季:
ゆく春やおもたき琵琶びわの抱きごころ 与謝蕪村よさ ぶそん

風船を飛ばす重たきガスボンベ ハードエッジ

蜜蜂みつばちの蜜の重たき仏生会ぶっしょうえ ハードエッジ

咲いてゐてすでに重たき椿かな ハードエッジ

剥製はくせいの鳥のつばさの重たき夏 対馬康子つしま やすこ

海底に海の重たき曼珠沙華まんじゅしゃげ 正木ゆう子

たこあげて重たき凧となりにけり ハードエッジ

初髪はつがみのおもたきこともうれしくて 下田實花しもだ じっか

 

スリッパの足組み替へてちょうの昼 ハードエッジ

スリッパ秀句:
スリッパを越えかねてゐる仔猫こねこかな 高濱虚子たかはま きょし

スリッパの裏ましろなる秋の暮 小川軽舟    けいしゅう

朝寒やスリッパ鳴らす寺男 小川軽舟

屋上へスリッパで出て大文字だいもんじ 茨木和生いばらき かずお

 

地に足をつけつつ地虫じむし出でにけり ハードエッジ

出でにけり秀句:
機嫌きげんよく新茶はいろに出でにけり 山田みづえ

もずが鳴き青き蜜柑みかんも出でにけり 岸風三楼きし ふうさんろう

田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男   くさたお

 

磯遊いそあそび二本の足をき出しに ハードエッジ

二本の俳句:
かりゆくや古き映画の二本立にほんだて 安住敦あずみ あつし

さきがけし紅白こうはく二本梅林 鈴木花蓑    はなみの

後の世にはば二本の氷柱つららかな 大木あまり

 

 

花の宿湯舟ゆぶねに足の長きかな ハードエッジ

湯舟の四季:
うとうとと花見疲れの湯舟かな ハードエッジ

柿若葉湯舟のかわく朝のうち 長谷川櫂はせがわ かい

湯舟には水の一トン濃紫陽花こあじさい ハードエッジ

颱風たいふうの湯舟でかける電話かな ハードエッジ

赤とんぼ湯舟に水を入れ始む ハードエッジ

湯ぶねより一とくべたのむ時雨しぐれかな 川端茅舎かわばた ぼうしゃ

湯舟の湯ぬくが如くに湯ざめかな ハードエッジ

 

足腰をきたへん春の草踏んで ハードエッジ

草を踏む四季:
春の草踏まれ踏まれて近道に ハードエッジ

青草を踏んで落花らっかを浴びてをる ハードエッジ

月見草ガラスのくつで踏まれしや ハードエッジ

草踏めば水に飛び込む虫多し 右城暮石うしろ ぼせき

枯草を踏めば氷の音がする ハードエッジ

 

 

沢山の足あるものが梅雨つゆに ハードエッジ

沢山の四季:
沢山の蝶々ちょうちょうをれど皆茶色 星野立子

寄居虫やどかりにたくさんのひじありにけり 齋藤朝比古さいとう あさひこ

たくさんの百合ゆりへて死を頂戴ちょうだいす 正木ゆう子

月見草沢山咲いて月一つ ハードエッジ

唐辛子とうがらし沢山干して恐ろしき 遠藤梧逸   ごいつ

たくさんの活け花のある寒さかな 岸本尚毅   なおき

沢山の落葉を押していてをり 上野泰    やすし

号泣ごうきゅうやたくさん息を吸ってから 池田澄子

 

赤ん坊の足裏あうらふつくら汗臭き ハードエッジ

足裏の四季:
傾城けいせいあしうら/あなうら白き絵踏えふみかな 芥川龍之介あくたがわ りゅうのすけ

ふやけたる海女あまのあうらのみな晝寝ひるね 細谷源二ほそや げんじ

くつ脱いであうらさびしき涼み舟 舘岡沙緻たておか さち

かり渡る足裏あうらを月に照らされて ハードエッジ

足裏あしうら真黒まくろなりける凍死とうしかな 中本真人   まさと

 

蘭鋳らんちゅうや足腰弱き火星人 ハードエッジ

火星人俳句:
梅雨茸つゆたけ土産みやげうて火星人 ハードエッジ

灯火親とうかしたし英語話せる火星人 小川軽舟    けいしゅう

へちま咲く雨を知らない火星の人 福田若之    わかゆき

 

 

 

足跡あしあとや浜辺は秋となりにけり ハードエッジ

切字が2つ!
良い子はまねしないように、、、

足跡の秀句:
黄泉よみはるかまたもや足跡が鏡 夏石番矢なついし ばんや

 

豊年ほうねんの田に突き立てて稲架はざの足 ハードエッジ

突き立つ俳句:
夕立や砂に突き立つ青松葉 正岡子規  しき

煮えたぎる湯に素麺そうめんを突き立てて ハードエッジ

 

刈りし田に足な取られそ球遊び ハードエッジ

刈りし田の自作:
刈りし田に小波さざなみ白き水たまり ハードエッジ

 

 

足長の飛蝗ばったなれどもひげ短か ハードエッジ

なれども俳句:
うららかや旧居なれども行き届き ハードエッジ

さえずりの一羽なれどもよくひびき 深見けん二

明月めいげつ無筆むひつなれども酒はむ 夏目漱石なつめ そうせき

角切つのきりや神事なれども鹿しか必死 ハードエッジ

芋虫いもむしのしづかなれども憎みけり 山口誓子   せいし

小手先こてさき水仕みずしなれども冷たかり ハードエッジ

姿まだ枯木なれども息づいて 稲畑汀子   ていこ

 

 

冬のもの干されて長き足を垂れ ハードエッジ

干されての自作:
蒲公英たんぽぽあじが干されてその日陰 ハードエッジ

毒だみの干され干されて十薬じゅうやくに ハードエッジ

星空に干されて柿の赤裸あかはだか ハードエッジ

皮付のままに干されてもずにえ ハードエッジ

 

差し足のつるや氷をぴしぴしと ハードエッジ

 

 

水鳥の足掻あがけば前に進むなり ハードエッジ

足掻く俳句:
しづしづと馬の足掻あがき賀茂祭かもまつり 高濱虚子たかはま きょし

 

 

山茶花さざんかの散りく上を土足どそくにて ハードエッジ

散り敷く俳句:
薔薇枕ばらまくら作れよと散り敷く薔薇か 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

泣きじゃくるやうにさざんか散り敷ける 市堀玉宗いちぼり ぎょくしゅう

山茶花の散り敷く土のしめりかな 島田青峰    せいほう

 

 

猫の子をひざに世界を牛耳ぎゅうじる日 ハードエッジ

『007は二度死ぬ』とか、
『ゴッドファーザー』とか

猫と膝の俳句:
生れたる猫の子われの膝とふ 加藤楸邨    しゅうそん

このたびは恋の猫とて膝に来ず 篠田悌二郎しのだ ていじろう

猫ねむし落花を浴びて膝の上 ハードエッジ

行く年や猫うづくまる膝の上 夏目漱石なつめ そうせき

 

◎推敲過程/テキスト

古い日付は一部不正確

全然堂歳時記 類題 【手】

 

◎推敲過程/手書き/葉書

3枚

全然堂歳時記 類題 【足】

◎葉書俳句表

以上です