秋 【月】明月はけふ明日はあしたなり

全然堂歳時記 秋

【月】つき

 

◎葉書俳句

 

 

◎テキスト

赤々と月の出を待つ夕焼ゆやけかな ハードエッジ

  出を待つ俳句:
  殺されるために出を待つ団扇うちわかな 富安風生とみやす ふうせい

  の先に月の出を待つもずにえ ハードエッジ

  待てない場合は
  月の出を待てず落花らっかの限りなし ハードエッジ

髪乾くまで月の出を待たせある ハードエッジ

  待たせあるの自作:
  歌留多会かるたかい雪のくるまを待たせある ハードエッジ

 

虫籠むしかごやみに沈めて月を待つ ハードエッジ

  闇に沈む俳句:
  恋を得てほたるは闇に沈みけり 鈴木真砂女   まさじょ

 

人待つや月の光を浴びながら ハードエッジ

 

ふる雪もちる花もなき月夜なり ハードエッジ

  雪月花の月

 

けふの月あしたの月や日々の月 ハードエッジ

  毎日、変化

 

名を変へてときたがへて月上る ハードエッジ

  翌日以降、
  十六夜いざよい立待たちまち月、居待いまち月、寝待ねまち月、更待ふけまち

 

満ち欠けの欠けを楽しむ月とこそ ハードエッジ

 

満月や永遠とわこぼるるがけの土 ハードエッジ

  満月も欠け、崖もやがては、、、

 

屋上に駐車場あり今日の月 ハードエッジ

  近頃のスーパーや生協は

 

一駅を歩いて月のしもべかな ハードエッジ

  一駅を歩くは常套句ですが、、、

 

中庭の木のてらてらと月の宿 ハードエッジ

  月の宿の秀句:
  信濃しなのなる旅も終りの月の宿 福田蓼汀    りょうてい

  風鐸ふうたくが床に置かれて月の宿 阿部みどり女

  蚊帳かや吊ると庭に追はれぬ月の宿 島村元    はじめ

  月の宿二階のとなり同士かな 車谷弘くるまたに ひろし

  今朝は早まき割る音や月の宿 高濱虚子

  自作も、
  長々と月の廊下ろうかや月の宿 ハードエッジ

 

座布団ざぶとんしてこれより月の舟 ハードエッジ

  参考句:
  人下りしあとの座布団月の舟 今井つる女

  座布団の自作:
  座布団を腹に乗せたる昼寝かな ハードエッジ

  座布団や小春日和こはるびよりの人を待つ ハードエッジ

  座布団をおざぶというて時雨しぐれかな ハードエッジ

  わが去りて座布団残る日向ひなたぼこ ハードエッジ

 

月の波かにさらつて行きにけり ハードエッジ

 

故郷の月のおはぎを思ひつつ ハードエッジ

 

ふたあけて月の光のオルゴール ハードエッジ

 

真夜中の月夜の日本大使館 ハードエッジ

 

すやすやと草木の眠る月夜かな ハードエッジ

  うし三つ時

 

明月めいげつはけふ明日みょうにちはあしたなり ハードエッジ

  言葉遊び

 

お日さまが遠くに消えてお月さま ハードエッジ

  出番ですよ
  主役交代

 

 

 

◎推敲過程

全然堂歳時記 秋 【月】

 

 

◎葉書俳句 表

以上です