開発素句報 2020-04 豆腐屋の早寝早起き冷奴

開発素句報 2020-04

早寝早起き

2月以来、5ヶ月ぶりの開発素句報です
結局、今年の春の開発素句報は発行できませんでした

 

◎葉書俳句

改訂版=頭3句推敲

 

 

◎テキスト

人々に見られてにじの美しや ハードエッジ

  見られて の秀句:
  水着干し我が身見られてゐるごとし 吉田林檎   りんご

  参考:吉田林檎第三回星野立子新人賞50句/2015→pdf

  やぶの樹や見られて鳴ける秋のせみ 飯田蛇笏   だこつ

  書いてゐる手紙見られてゐる炬燵こたつ 嶋田摩耶子しまだ まやこ

  咳込せきこむを人に見られてかなしけれ 菖蒲しょうぶあや

  股引ももひきをもう見られてもよきよわい 伊藤伊那男  いなお

  けものども人にみられて日脚ひあしのぶ 久保田万太郎

 

全山ぜんざんたき快楽けらくとどろけり ハードエッジ

  轟けりの秀句:
  滝落ちて群青ぐんじょう世界とどろけり 水原秋櫻子    しゅうおうし

 

積み上げし積木涼しくくずれたり ハードエッジ

  積木が崩れる句は常套ではありますが、、、

  推敲:<崩れて涼しけれ>→<涼しく崩れけり>→<崩れたり>
  きっかけは、前句との連続「けり」回避策
  結果的には、
  「けり」の鋭さより、
  「たり」の重さが積木っぽいような、、、

  ※ヒントになったマンガ:
  倉田けい「息子と積み木」 感謝です
  しみじみ名作
  で、感動に浸っていたら、オチまであって手玉に取られました

 

  積木秀句:
  春雨はるさめの積木豪華ごうかな家作り 上野泰    やすし

  宿の子の寝そべる秋の積木かな 田中裕明

  隙間すきまなくおさまる積木冬隣ふゆどなり 鶴岡加苗

  さびしさは木をつむあそびつもる雪 久保田万太郎

  姉絵本弟積み木日向ぼこ 上野泰

  枯るる中ことりと積木完成す 高柳克弘たかやなぎ かつひろ

 

  涼しく+動詞の秀句:
  地球こそ其処そこに涼しく照るといふ 中村汀女

  朝市のあとの涼しくかれけり 大串章

  水底の砂の涼しく動くかな 長谷川櫂      かい

  面白く聞きて涼しく忘れけり 岸本尚毅   なおき

  白涼し紫も亦涼しく着 星野立子

 

 

豆腐屋とうふやの早寝早起き冷奴ひややっこ ハードエッジ

  「や」が5つ!

  豆腐屋秀句:
  豆腐屋が一軒起きて水を打つ 阿部みどりじょ

  豆腐屋が寄附きふを集めに秋祭 阿部みどり女

  豆腐屋の早寝につもる夜の雪 関成美せき しげみ

  

四本の弾力に立つ鹿かな ハードエッジ

  鹿の子秀句:
  奈良へ来て鹿の子と遊ぶ一日かな 高濱年尾たかはま としお

  鹿の子に小旗のやうな耳二つ 石川文子

  うつとりと人見る奈良の鹿子かな 正岡子規  しき

  親と行くたそがれ顔の鹿の子かな 渡辺水巴   すいは

  弾力秀句:
  紙で包む枝の弾力桃の花 川崎展宏    てんこう

  セーターの黒い弾力親不孝おやふこう 中嶋秀子

  ついでに自作の弾力も、
  一管いっかんの肉の弾力蚯蚓みみず鳴く ハードエッジ

 

 

薄紅うすべに今宵こよい限りの月見草 ハードエッジ

  今宵限りの秀句:
  小雨こさめなる今宵かぎりの阿波踊あわおどり 上崎暮潮うえさき ぼちょう

  この方の阿波踊り秀句:
  足袋たび白く踊りはじめし阿波踊 上崎暮潮

  指先のしなといふもの阿波踊 上崎暮潮

  夕立の上るを待たず阿波踊 上崎暮潮

 

 

サングラス・ピアス・イヤホン・夏マスク ハードエッジ

  前書の「○○年後には、、、なつますくって何ですか?」
  何で「マスク」が平仮名かというと、
  Excelの振仮名機能がタコ仕様のため
  漢字や平仮名はOKなのに、
  片仮名は強制的に平仮名に戻す謎仕様

  ヒントはこのツイートでした 感謝

 

 

◎推敲過程

改訂分3句含まず

開発素句報 2020-04

 

 

◎葉書俳句初版

 

 

◎葉書俳句表面短信

 

 

以上です