ペアリング50 髪長き螢もあらむ夜はふけぬ 泉鏡花

追記:白酒・ガス/2019.9.23

ペアリング50

◎手を合はせ

さくらもちそなへたる手をあはせけり  久保田万太郎

知らぬひと手をあはせゆく門火かどびく  藤岡筑邨    ちくそん

ひびの手をあはせて拝むほとけかな  橋本鶏二

大根焚だいこたきぶ大根に手を合わせ  木田千女

 

 

◎出入り

やどかりの脚あふれ出て動きけり  奥坂まや

でで虫のごくりともどるからの中  大石雄鬼   ゆうき

ガスの火は穴に引つ込み春浅し  小川軽舟    けいしゅう

白酒の引つ込んで注ぎ終りけり  小川軽舟

 

 

◎二階から

二階から紙屑捨てる柳かな  会津八一あいづ やいち

二階から目薬すてる年の暮  橋閒石はし かんせき

 

 

◎髪の有無

髪はなくくちびるはある落椿  ハードエッジ

形代かたしろに黒髪の無きうらみみかな  鈴木鷹夫

髪長きほたるもあらむ夜はふけぬ  泉鏡花  きょうか

  怖い闇夜の句:
  或る闇はむしの形をしてけり  河原枇杷男かわはら びわお

 

 

◎十四五本

百合の黄の十四五本や梅雨つゆえん  ハードエッジ

鶏頭けいとうの十四五本もありぬべし  正岡子規  しき

鶏頭の十四五本のひかげりぬ  高野素十    すじゅう

鶏頭の十四五本の哀れかな  ハードエッジ

鶏頭の十四五本のありし庭  野木藤子

曼珠沙華まんじゅしゃげ十四五本も生けたらむ  相生垣瓜人あいおいがき かじん

干大根十四五本の冬籠ふゆごもり  ハードエッジ

 

 

◎潜水艦

潜水艦夏空を見てまた沈む  ハードエッジ

窓のなき潜水艦に雪降れり  茨木和生いばらき かずお

 

 

◎すべての人

全員が喪服もふくで日傘さしてをり  辻桃子

少女みな紺の水着を絞りけり  佐藤文香   あやか

  もう少し年上:
  色水着干す女子寮の昼深し  清水基吉    もとよし

 

 

◎バラバラそうめん

素麺そうめんひもとくといふことのあり  ハードエッジ

さうめんの束のほどけし施餓鬼せがきかな  岸本尚毅   なおき

 

 

◎一時代

遠ざかる一つの時代天の川  ハードエッジ

一ト時代八つ手の花に了りけり  久保田万太郎

 

 

◎薄目の山

薄目せる山も混りて山眠る  能村登四郎のむら としろう

眠る山薄目してを生みつげり  堀口星眠    せいみん

 

以上です