俳壇賞2018 落選作 飛花の山落花の谷と続きをる

俳壇賞2018

落選作

30句

古雪の解けて流れて消えてさて

飛花の山落花の谷と続きをる

花びらは箱根の山を越すつもり

鬨の声あげよ無頼の花篝

この先は闇へと続く桜かな


花の名の海に目出度し桜鯛

だぼ鯊の子を孕みたる日暮汐

蒲公英に地べたの冷ゆる夜なりけり

初夏や肩甲骨を背に掲げ

田を植ゑて初めての夜来りけり


クロスワードパズルの中のさくらんぼ
改、クロスワードパズルの中の花ふぶき

早起きのお城を巡る捕虫網

金魚玉時の流れを聞かんとす

紫に黄を打つたる茄子の花

地の味は地味に滋味なる新牛蒡


原つぱも喇叭も消えて秋の暮

鬼の子が稲妻捕りに顔を出す

鮭茶漬食ふや夜業の月高し

落葉掻く花を掃きたる箒もて

置かれある落葉の籠に落葉ふる


落葉焚長い煙を上げにけり

朝起きて驚くは良し雪の庭

行く年やいくたび鍋を囲みても

玉砂利の音に我らが初詣

火の鳥の大いなるかな吉書揚


寒晴の雪のお城を見にゆかん

雪兎親の兎も作りやる

泥んこのラガー火の玉雨を駆く

福わあとふくらむやうに福は内

リボンして伴奏の子や卒業歌

 

以上です