名詞 【夫婦】 妻がゐて夜長を言へりさう思ふ 森澄雄

削除:1句/2019.4.15、追記:畑打・桜餅2・白玉・吊忍・野分・凍鶴/2019.4.15

俳句類題 名詞

【夫婦】ふうふ

夫婦を詠んだ俳句です
元はペアリングからの移転です

 

◎歓迎若夫婦

豆飯まめめしや娘夫婦を客として  安住敦あずみ あつし

子の夫婦とまらす柚子湯ゆずゆり上げて  篠田悌二郎しのだ ていじろう

 

 

◎良きかな老夫婦

むつまじき老いの夫婦や桜餅さくらもち  田中冬二   ふゆじ

花咲けば花に茶をれ老夫婦  遠藤梧逸   ごいつ

もち古りし夫婦のはし冷奴ひややっこ  久保田万太郎

姿勢しせいよく蜜豆みつまめを待つ老夫婦  川崎展宏    てんこう
  「姿勢」がらみで展宏さんをもう一句
  外套がいとうの姿勢正しく「飲みませう」  川崎展宏

老父母はまた老夫婦梅漬うめつくる  百合山羽公ゆりやま うこう

巴里祭パリーさいモデルと画家の夫婦老い  中村伸郎   のぶお

秋灯しゅうとうや夫婦互に無き如く  高濱虚子たかはま きょし

粕汁かすじるをすすり早寝の老夫婦  岸風三楼  ふうさんろう

老夫婦いたはり合ひて根深汁ねぶかじる  高濱虚子

夫婦老いどちらが先かなづながゆ  草間時彦

遠き世のごとく春待ち老夫婦  加倉井秋を

 

 

◎夫婦の会話

もう秋とあなたが言いぬうですね  池田澄子

妻がゐて夜長を言へりさう思ふ  森澄雄

いたく降と妻に語るや夜半よわの雪  高井几董   きとう

 

 

◎夫婦と子

桜餅子が寝て夫婦水入らず  西宮舞にしみや まい

白玉しらたまや子のなきつまをひとり占め  岡本眸      ひとみ

白玉に子をあきらめし夫婦かな  筑紫磐井つくし ばんせい

いつしかに夫婦二人や吊忍つりしのぶ  長谷川櫂      かい

 

 

◎夫婦の縁

ぼん夫婦色なき砂糖水飲むも  清水基吉    もとよし

御手討おてうちの夫婦なりしを更衣ころもがえ  与謝蕪村よさ ぶそん

豆飯や幼なじみの夫婦なる  山田弘子

 

 

◎夫婦働き

ものいはず夫婦畑うつふもとかな  正岡子規  しき

麦踏みの夫婦近づきては離れ  大串章

夫婦して雨戸押へる野分哉のわきかな  正岡子規

妻にこにこ夫むつつり稲架はざおさめ  高野素十    すじゅう

もちく夫婦ならねど息合うて  中本真人

 

 

◎夫婦の距離

端居はしいして夫も親しきもののうち  大石悦子

屠蘇散とそさんや夫は他人なので好き  池田澄子

 

 

◎疑似夫婦

薔薇園そうびえん一夫多妻いっぷたさいの場を思ふ  飯田蛇笏   だこつ

黒猿の黒き夫婦の日向ぼこ  三好達治

寄り添うて夫婦の如き海鼠なまこかな  西村麒麟   きりん

 

以上です