和語俳句 【ぬ】 自転車にちりんと抜かれ日短 齋藤朝比古

追加:拭ふ 塗る/2018.5.4

◎和語俳句、な行の「ぬ」です

→「な」
→「に」
→「ね」
→「の」

◎抜く=ぬく

あたたかや抜けば用なき箸袋はしぶくろ 上村占魚せんぎょ

春雨や抜け出たままの夜着の穴 内藤丈草じょうそう

原爆ドーム仔雀こすずめくぐり抜けにけり 草間時彦

したたりの力抜けたるとき落ちぬ 正木ゆう子

遊船ゆうせん連絡船れんらくせんが抜いてゆく 中本真人

稲雀いなすずめ汽車に追はれてああ抜かる 山口誓子せいし

猫じやらしすくすく抜けて楽しいぞ ハードエッジ

自転車にちりんと抜かれ日短ひぃみじか 齋藤朝比古

大寒の湯を抜かれたる湯舟かな ハードエッジ

ねぎ抜くや土ぱらぱらと雪の上 南うみを

大根を抜きつ大根抜かれつつ ハードエッジ

淋しい幽霊ゆうれいいくつも壁を抜けるなり 高柳重信

 

 

◎拭ふ=ぬぐう

美しき五月の汗を拭はずに  鷹羽狩行たかは しゅぎょう

な泣きそと拭へばひび吾子あこほほ  杉田久女ひさじょ

 

 

◎塗る=ぬる

春の日やポストのペンキ地まで塗る  山口誓子

金泥きんでいを塗られしごとき春の風邪かぜ  大木あまり

梅雨のやみ小さき星は塗りこめて  福永耕二

白きもの白く塗り直されて夏  望月しゅう

闘牛の刷毛で塗り込む薬かな  中本真人

薬塗るやうに冬日を背に当つる  岡本ひとみ

以上です