開発素句報 2022-05 母に見せたきハンカチの団子虫

開発素句報 2022-05 冷し中華

◎葉書俳句

 

◎テキスト

細く長く良き片蔭かたかげたまわりて ハードエッジ

 

りゅうのこと語るはへび古老ころうなり ハードエッジ

 

幾重いくえにもかさねたる大瀑布だいばくふ ハードエッジ

元々、兼題句
行き詰まって、文字遊びに逃避

「掛け重ね」の収まりの悪さは自覚
データベースにも先行句なし
が、時間切れ

発行後、あれこれ考察、翌朝の推敲作は、

幾重にも白を重ねて大瀑布 ハードエッジ 2022.7.24

この辺が無難か?

なお、
もっと、時間に余裕を持って、
十分に推敲せよ、と言う意見には反対である

推敲に時間を掛け過ぎるよりは、
適当に締め切りを設けて発表した方が、
直後に、客観視できて、推敲が捗る ←経験則

twitterでの出来立てツイート
(NHK俳句などの公募は例外)
開発素句報でのマトメ
全然堂歳時記
と、3段構えで推敲している

結社の人なら、
句会→俳誌→句集だろうか?

でも、
ネットの方が、フットワークが軽い

その後、さらなる改良でダジャレ化:

幾重いくえにも白布はくふを重ね大瀑布だいばくふ ハードエッジ 2022.7.25

その後、更に推敲
「瀑布」=布、に入れ込む

滝壺に晒して瀑布純白に ハードエッジ 2022.8.7

こまごまと冷し中華の飾り付け ハードエッジ

こまごま:
啓蟄けいちつや木々も細々を分ち ハードエッジ
草餅くさもちの草こまごまと見えてをり 齋藤朝比古さいとう あさひこ
こまごまと白き歯並や桜鯛さくらだい 川端茅舎かわばた ぼうしゃ
ことごとくこまごまと出て夏料理 鷹羽狩行たかは しゅぎょう
細々とこんな事さへ年用意としようい ハードエッジ

 

気化熱きかねつうばへと団扇うちわたけらせて ハードエッジ

夕日より高き乾杯かんぱいビヤホール ハードエッジ

母に見せたきハンカチの団子虫だんごむし ハードエッジ

 

◎推敲過程/テキスト

開発素句報 2022-05 推敲 テキスト

 

◎推敲過程/葉書加筆

開発素句報 2022-05 推敲 葉書

◎葉書俳句表側

 

 

以上です