開発素句報 2021-03 苦しまず死せりと遺髪終戦日

開発素句報 2021-03

遺髪/残暑見舞

◎葉書俳句

注記にある、
日暮えむ『新ひぐらし日記』の2021.8.7の記事リンクです
「本当のことなんて、言えるわけない」

但し、現在は、
無料会員では途中までしか読めません
有料会員は、500円/月 です

 

 

◎テキスト

打水うちみず刹那せつなにじたまわりぬ ハードエッジ

  参考句:
  打水や虹を投出す大柄杓ひしゃく 正岡子規  しき

  打水の柄杓:
  打水のおけに浮べる柄杓かな 篠原温亭しのはら おんてい

  桶柄杓なくてホースの水を打つ ハードエッジ

 

母と読むおばけ絵本や蚊帳かやのなか ハードエッジ

  蚊帳の母:
  やはらかき母にぶつかる蚊帳の中 今井聖    せい

  次の間に母ゐてたのし蚊帳の子等 星野立子

  蚊帳低し泣けば母来てくれるかも 岡本ひとみ

  子は母のものか母呼ぶ蚊帳の中 石塚友二いしづか ともじ

  母を呼ぶだけで楽しき蚊帳の中 ハードエッジ

 

暑さなど残らずてて秋よ来い ハードエッジ

  残らず:
  泡は手に長く残らず昭和の日 櫂未知子かい      

  東海道のこらず梅になりにけり 夏目成美なつめ せいび

  雪舟せっしゅうは多くのこらず秋螢あきほたる 田中裕明    ひろあき

  落る葉は残らず落ちて昼の月 永井荷風   かふう

  いつしかにくいも残らず菊枯れし 中村汀女    ていじょ

  枯菊を残らず刈りて春を待つ 阿部みどりじょ

 

苦しまず死せりと遺髪いはつ終戦日 ハードエッジ

  遺髪:
  なまなまと白紙の遺髪秋の風 飯田蛇笏   だこつ

  遺髪となる髪をのばさむ草の花 大木あまり

 

絵日記もその子も燃えて終戦日 ハードエッジ

  絵日記:
  とらはれて絵日記になる兜虫かぶとむし 津田清子

  絵日記の白を広げて日焼の子 ハードエッジ

 

杜氏とうじ来て月をあげたる新酒しんしゅかな ハードエッジ

  杜氏:
  新酒上りて安堵あんど杜氏とじ夕餉ゆうげかな 野村泊月   はくげつ

  大寒だいかんや杜氏の白衣はくいれるくぎ 辻桃子

  杜氏寝てをるや蒲団ふとんの盛り上り 高野素十    すじゅう

  湯気ゆげの濃きあたりが動き寒杜氏 今瀬剛一

 

太陽系第三惑星わくせい夜長よながの灯 ハードエッジ

 

 

◎推敲過程

開発素句報 2021-03

 

 

◎葉書俳句表側

 

 

以上です