夏 【紫陽花】紫陽花や砂利敷き詰めて変電所

全然堂歳時記 夏の部
【紫陽花】あじさい

子季語:七変化しちへんげ四葩よひらの花、かたしろぐさ
熟語:濃紫陽花こあじさい
人気成分:雨、霧、月、傘、舟、毬、色、藍

※角川俳句賞2021の応募で忙しく、 ←5月末締切
全然堂歳時記は3月末発行の【春】以来、3ヶ月ぶりです

 

◎葉書俳句

 

◎テキスト

紫陽花が朝日のごとく卓の上 ハードエッジ

紫や藍色は朝日の色じゃないだろう、への反論
紫陽花自体が、紫の陽の花

 

紫陽花や目に見えねども低気圧 ハードエッジ

目に見:
目に見えて音に聞こえて春らしく ハードエッジ
  先行句:
  今日何も彼もなにもかも春らしく 稲畑汀子

目にみえてやなぎ青めり雛納ひなおさめ 久保田万太郎

このあたり目に見ゆるものは皆涼し 松尾芭蕉    ばしょう
  中八「目に見ゆるものは」を
  定型の7音「目に見ゆるもの」にしたい衝動

目に見えぬ塩の恩寵おんちょう豆御飯まめごはん ハードエッジ

月日とは目に見えねども夏落葉 岸本尚毅   なおき

目に見えぬ火に籾殻もみがらの焼かれゆく 長谷川櫂はせがわ かい
  籾殻焼の画像/Google

散るすすき寒くなるのが目にみゆる 小林一茶   いっさ

 

 

紫陽花は気圧の谷に咲くといふ ハードエッジ

菫なら、
わがうつふちの深さにすみれ咲く 馬場駿吉   ば  ば   しゅんきち

 

明け方のきりの中なる濃紫陽花こあじさい ハードエッジ

霧の中:
てしマツチの火らし霧の中 高濱虚子たかはま きょし
  霧とマッチなら、
  マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや 寺山修司

かたまりて通る霧あり霧の中 高野素十    すじゅう


霧の中「ゐるか」と男牛を呼ぶ 星野立子


ふなばたに物ふるる音霧の中 星野立子


轟々ごうごうと霧の中行く列車かな 徳田秋声    しゅうせい


日本の夜霧の中の懐手ふところで 高柳重信たかやなぎ じゅうしん

 

舟が消え湖が消え濃紫陽花 ハードエッジ

舟と湖:
再びの春雷しゅんらいをきく湖舟こしゅうかな 富安風生

火の山のふもとうみ舟遊ふなあそび 高濱虚子

晩涼ばんりょうや湖舟がよぎる山の影 水原秋櫻子

名月や湖水の中に舟一つ 正岡子規

月影の湖に舟なし風の音 正岡子規

みづうみは真水の寒さ舟を出す 長谷川櫂

湖を船は出られず細雪ささめゆき 小野あらた

 

紫陽花にこの曇天どんてんのいつまでも ハードエッジ

曇天:
曇天の中の一点揚雲雀あげひばり ハードエッジ

無風曇天のむらさきふじるる ハードエッジ


曇天のわなよりぬくきものはずす 長谷川双魚


数へ日や曇天に物干すことも 岡本眸    ひとみ

 

紫陽花や砂利じゃりめて変電所 ハードエッジ

変電所:
青蛙あおがえるあまたをりけり変電所 池田秀水

砂利:
妻抱かな春昼しゅんちゅうの砂利踏みて帰る 中村草田男   くさたお

たんぽぽや線路の砂利のびついて ハードエッジ


落葉掻おちばかき砂利ひびかせてゐたりけり ハードエッジ

 

紫陽花や雨戸を叩く雨の音 ハードエッジ

戸や障子:
朝顔や板戸にしみて釘のさび 長谷川櫂はせがわ かい

紫陽花や古戸十枚戸袋に 野村喜舟    きしゅう


末枯うらがれ障子しょうじにかゝる雨の音 金尾かなお梅のかど

 

水を得ていま紫陽花の濃紫こむらさき ハードエッジ

濃紫:
早春の松に烏や濃紫 星野立子

夜桜に星無き空の濃紫 成瀬正俊    まさとし

紫のあわせ袖口そでぐち濃紫 高野素十    すじゅう

帰省子きせいしに葉がくれ茄子なすの濃紫 水原秋櫻子    しゅうおうし

紫陽花の時流に乗りし濃紫 ハードエッジ

濃紫こむらさき薄紫うすむらさきや草の花 高野素十   すじゅう

朝顔のけてゆゆしや濃紫 原石鼎はら せきてい

朝顔は丸顔にして濃紫 ハードエッジ

朝顔や日陰に咲いて濃紫 ハードエッジ

一枝の濃紫せる紅葉もみじあり 竹下しづの女

短日たんじつに夜のとばりの濃紫 ハードエッジ

 

紫陽花も金魚の墓も雨の中 ハードエッジ

金魚の墓:
子の立てし金魚の墓にもうでやる 上野泰

割箸わりばしを立てて金魚の墓となす ハードエッジ


墓石は金魚の墓に重からん 西村麒麟   きりん

紫陽花やズボンの裾がびしよびしよに ハードエッジ

裾:
春の滝白き裳裾もすそを岩にベ 高濱年尾たかはま としお

梅見婆うめみばばはしよれる裾の派手模様 星野立子

代掻しろかきドロ電柱の裾よごす 高濱年尾《たかはま としお》

裾をやや乱して神の滝落下 片山由美子

信長忌のぶながき浴衣ゆかたの裾に足二本 鈴木鷹夫

新涼しんりょう甚平じんべいに裾なかりけり 草間時彦

名月や何所までのばす富士の裾 加賀千代女かがの ちよじょ

みんなみへ裾すこし延べ山眠る 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

山眠る裾に座禅ざぜんのさまの堂 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

雪女には山茶花さざんか裾模様すそもよう ハードエッジ

 

じやぶじやぶと長靴楽し濃紫陽花 ハードエッジ

じやぶ:
麦秋のソースじやぶりとアジフライ 辻桃子

 

増水の川の濁流濃紫陽花 ハードエッジ

濁流:
濁流の白くくずるる西日かな 茨木和生いばらき かずお

濁流の沖へ拡がる端午たんごかな 茨木和生いばらき かずお

すさまじや濁流に石動く音 矢島渚男    なぎさお

濁流を一本とほす野分晴のわきばれ 井上弘美

 

紫陽花の遠きあこがにじかかる ハードエッジ

紫陽花と虹:
遅れ咲く木の間紫陽花庭の虹 山口青邨    せいそん

憧れ:
西行に憧れてゐる焚火たきびかな 岸本尚毅   なおき

 

 

湯あがりの宿の籐椅子とういす濃紫陽花 ハードエッジ

紫陽花と湯治:
紫陽花の花に日を湯治とうじかな 高濱虚子たかはま きょし

 

薬缶やかんは金に紫陽花はむらさきに ハードエッジ

金色の薬缶/Google画像=アルマイト加工=しゅう酸アルマイト

薬缶:
野に出でて薬缶かがやく田植かな ハードエッジ

万緑ばんりょく寺格じかくほこる大薬缶 斉田仁さいだ じん


ぴかぴかの薬缶の如く冬籠ふゆごもり ハードエッジ


飲んでみたしよラグビーの薬缶水 大島雄作

ずつしりとどんぶり重し濃紫陽花 ハードエッジ

丼:
丼は涼しと猫の子が眠る ハードエッジ

あかあかとイクラ丼雪もよひ 辻桃子


丼に親指大事夜鳴蕎麦よなきそば ハードエッジ

紫陽花やハムを土台の目玉焼 ハードエッジ

苦手な取合せ
形の類似と色の対比

土台でハムの厚さが想像できる
が、それが俳句の出来に直結する訳ではない

植物と卵:
オムレツが上手に焼けて落葉かな 草間時彦

土台:
金銀は虹の土台になるものか ハードエッジ

 

風呂ふろかす水の一トン濃紫陽花 ハードエッジ

 

紫陽花の見頃がありてそれも過ぎ ハードエッジ

紫陽花と時間:
紫陽花をけてより日々過ぎやすき 藤井あかり

 

 

◎推敲過程/テキスト

全250句/A4-4枚
日付を原句日付と推敲日付の二本立てにしたのは、
まだ、ここ2-3年
それ以前は補正しつつも、やや雑

第2列がグレーになってる句は本歌取り
本歌省略

全然堂歳時記 夏 【紫陽花】

 

◎推敲過程/印刷葉書+手書き

全10枚

全然堂歳時記 夏 【紫陽花】推敲

 

以上です