ペア82 豆腐屋の早寝につもる夜の雪 

追記:雪の墓/2020.12.23
削除:1句/2020.12.23

ペア82

 

◎笛と鈴

鈴に入る玉こそよけれ春のくれ 三橋敏雄

冬晴や玉一つ入る呼子笛よびこぶえ 小川軽舟    けいしゅう

 

 

◎閉店時間

ゆく春やけふも花屋の早仕舞はやじまい 久保田万太郎

豆腐屋とうふやの早寝早起き冷奴ひややっこ ハードエッジ

豆腐屋の早寝につもる夜の雪 関成美せき しげみ

 

 

◎靴を脱ぐ

くついであうらさびしき涼み舟 舘岡沙緻たておか さち

靴脱げば足裏あうらおどろく秋の風 正木ゆう子

 

 

◎すっぱり、ざっくり

たけのこの腰の辺りをすつぱりと ハードエッジ

すつぱりと葉先は落す新生姜しんしょうが 嶋田麻紀

くわあとざつくりとあり衣被きぬかつぎ 長谷川櫂はせがわ かい

ざつくりと割れたるものを闇汁やみじるに 岸本尚毅   なおき

 

 

◎湯と石

湯あみせしごと句碑くひあり緑蔭りょくいんに 星野立子

てんでんに温泉かるごと雪の墓 恩田侑布子  ゆうこ

 

 

◎蓑虫がなく

秋蝉あきぜみも泣き蓑虫みのむしも泣くのみぞ 高濱虚子たかはま きょし

蓑虫の父よと鳴きて母もなし 高濱虚子

蚯蚓みみず鳴けば蓑虫もなくゆうべかな 正岡子規  しき

 

 

◎明るい店舗

菊の香や花屋がともしむせぶ程 炭太祇たん たいぎ

店のの明るさに買ふ風邪薬かぜぐすり 日野草城    そうじょう

 

 

◎通行止

わだち伸ぶ通行止の雪の先 抜井諒一ぬくい りょういち

これよりは通行止めと雪に灯す 前北かおる

通行を遮断しゃだん聖夜の道路工 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

 

 

◎地球の中心

この星のはらわたは鉄冬あたたか 正木ゆう子

地の底の燃ゆるを思へ去年今年こぞことし 桂信子

 

 

◎炬燵との距離

本箱に手の届かざる炬燵こたつかな 会津八一   やいち

かわやまで遠しと思ふ炬燵かな 佐藤郁良   いくら

 

以上です