類題 【鼻】 お大事に嚔・鼻水・鼻詰り

全然堂歳時記 類題
【鼻】はな

 

◎葉書俳句

全然堂歳時記 類題 【鼻】

 

 

◎テキスト

家族の春特急の窓に鼻押し当て ハードエッジ

  上六、中六、下六です (^_^;;;

  「家族の春」という言葉に出会ったのは、それほど昔でもないです
  以下の俳句の解説がキッカケだったかも

  家中が昼寝してをり猫までも 五十嵐播水 いがらし ばんすい

  この句を紹介した「増殖する俳句歳時記」の解説より:
    「家族の歴史にも盛りのときがあり、句の家族はまさに盛りの時期にあるわけだけれど、
     哀しいかな、今が盛りだとは誰もが気がつかない。」/清水哲男

  「春+家族」ではこんな句も、
  いち抜けて長女がとつぐ春家族 鈴木鷹夫

  定形で納めるために、
  「春の家族」を「春家族」のように圧縮するのは、
  俳句業界ではよく見かける手法です

  好みは人それぞれ

  新しき家族の春の始めかな ハードエッジ

  特急が家族の春を乗せて行く ハードエッジ

 

 

鼻の穴に金の詰りし寝釈迦ねしゃかかな ハードエッジ

  寝釈迦や涅槃像ねはんぞうに金を絡めるのは有り勝ちではあります
  →「金の寝釈迦」GGL検索

  「寝釈迦+金」の秀句:
  日照るとき金を横たふ寝釈迦かな 阿波野青畝あわの せいほ

  閉ざされしまぶたも金の寝釈迦かな 若井新一

  手まくらの金ことに照る寝釈迦かな 皆吉爽雨みなよし そうう

 

 

猫の子の小さな鼻も桜色 ハードエッジ

  「鼻+桜」の名句・迷句:
  桜咲くゼロ系新幹線の鼻 涼野海音すずの うみね

  今では、あれを団子っ鼻と呼ぶ人も多い
  失礼じゃないか
  当時は「夢の超特急」だったのに、、、悲しい

  なお、あの鼻の部分(前照灯)は、
  とんでもない技術で光ってると信じてましたが、
  実は、中身は普通の蛍光灯を円錐状に並べたものでした
  な~んだ!
  本で読んだ時は愕然たる思い、でした

  また、この句を読んでから、かなりの間、
  あの新幹線の鼻を黒と思い込んでました

  同時代の鉄腕アトムに出てくる、
  犬の(おまわりさんの)パトカーとイメージがダブったようです

  そうそう、初期の横尾忠則のポスターに、
  小さく新幹線と桜が出てきたような、、、

  ググったけど発見できず、、、思い過ごしか?

  万人の鼻息に散る桜かな 正岡子規  しき

 

 

枯色をまとふ香水鼻を打つ ハードエッジ

  今回、「鼻」の俳句を考えていて、
  「鼻を打つ」という表現を思い出しました

  高校の頃の教科書に出てた記憶 ←はるか昔
  言葉に関するエッセイだったが、作者とかは不明
  (知ってる方いたら、コメントください)

  初案:
  香水の枯色にして鼻を打つ ハードエッジ 2016
  「にして」が目障りで今回推敲
  順番を入れ替えたり受け身にしたり、あれこれ
  半ば、匙を投げたところで、
  「まとふ」を召喚、、、

  平凡な措辞だけど、これで妥協/take-10
  とはいえ、もう少し何かありそう/2019.11.5

  香水の名句:
  香水の正札しょうふだびんを透きとほり 星野立子

  香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女   はつじょ

  香水や不死身のごときバーのママ 西村麒麟   きりん

  負けずに自作も、
  小癪こしゃくなる香水瓶の小兵こひょうども ハードエッジ

  香水や諸肌脱もろはだぬぎの夜会服やかいふく ハードエッジ

  汗の香も香水の香も夜濯よすすぎへ ハードエッジ

  

 

ぼろぼろの鼻の頭や日焼の子 ハードエッジ

  「ぼろぼろ」の名句:
  ぼろぼろの羽子を上手につく子かな 富安風生    ふうせい

  日焼子の特集はこちら:
  日焼子

 

 

丸ごとの西瓜すいか巻き取るぞうの鼻 ハードエッジ

  もう少し小さい場合は、
  風花かざはな林檎りんごもたぐる象の鼻 小川軽舟    けいしゅう

  「象の耳」では、
  初春の風にひらくよ象の耳 原和子

  初学の頃に出会った句で、
  こんな俳句もあるんだと驚いた句です

 

白粉花おしろいの種のおしろい鼻に塗る ハードエッジ

  白粉花おしろいばなの語源解説風俳句

  黒い種を指で潰すと中から白い粉が出てきます
  手のひらに乗せ、唾で伸ばして鼻筋に塗るとお祭り気分です

  改案:
  白粉花の種のおしろい鼻筋に ハードエッジ 2019.11.5

  白粉花は得意季語です
  おしろいの花のお祭り騒ぎかな ハードエッジ

  全然堂歳時記 秋 【白粉花】も御覧ください
  白粉花

 

 

鼻先に提灯ちょうちんとも炬燵こたつの子 ハードエッジ

  鼻提灯という言葉もいまや死語です
  文明の進歩、生活の向上です

 

お大事にくしゃみ・鼻水・鼻詰り ハードエッジ

  風邪薬のCM

 

二筋の白炎はくえんを吐く鼻のて ハードエッジ

  頭韻3連発

  果たして二筋に見えるかどうかは検証せず
  文芸の真!

 

冬眠のりゅうの鼻息聞くべかり ハードエッジ

  「龍+眠」の秀句:
  冬ごもり眠れる龍のかたはらに 長谷川櫂

  生きものに眠るあはれや龍の玉 岡本眸     ひとみ

 

人の世の目くそ鼻くそ山眠る ハードエッジ

  作句段階では、単に大小の比較のつもりだったのですが、
  後々になって考えてみると、
  「目糞鼻糞を笑う」のモジリではありませんか

  ああ、胸くそ悪い道徳俳句にニアミス

  それでも「山笑ふ」としなかっただけマシか?

  いや、捨てるには惜しい、、、とか二転三転

  「山眠る」の名句:
  その重さとてつもなくて山眠る 鈴木鷹夫

  自作も一句:
  夢にみる月雪花つきゆきはなや山眠る ハードエッジ

 

 

◎推敲葉書

全然堂歳時記 類題 【鼻】推敲

以上です

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です