類題 【髪】 おかつぱの黒髪に花盆踊

全然堂歳時記 類題
【髪】かみ

ひげを含む

 

 

◎葉書俳句

全然堂歳時記 類題 【髪】

 

 

◎テキスト

雪解川ゆきげがわたてがみ白くなびかせて ハードエッジ

  先行句:
  冬濤ふゆなみの白きたてがみ日本海 林徹はやし てつ

 

針山に母の黒髪針供養はりくよう ハードエッジ

  針山の秀句:
  針山に休める針や冬の雨 利普苑りーふぇんるな

  「母と髪」の四季:
  黒髪の母より知らず沈丁花じんちょうげ 利普苑るな

  母あはれ帰省子きせいしむかふ髪たばね 岸風三楼  ふうさんろう

  秋風に母が髪く鏡の傷 寺山修司

  しぐるるや母の少なき髪梳けば 金子敦かねこ あつし

  木の葉髪母に糸屑いとくずつきやすし 宮坂静生   しずお

 

黒髪を輪ゴムで止めて桃の花 ハードエッジ

  「黒髪は」がいいか、まだ迷ってる

 

そよ風に髪そよがせて五月ぬ ハードエッジ

  柄にもなく擬人法の五月

  吹かれついでに、
  そよ風に吹かれ薄暑の旅へかな ハードエッジ

  ならば、流れる曲は、
  マージョリー・ノエル「そよ風にのって」

 

薫風くんぷうに赤子の髪の逆立さかだてる ハードエッジ

  さして量もないのに結構長かったりします

 

白髪はくはつの目元涼しき日焼人 ハードエッジ

  日焼に対して髪と目でかえって、ごたついたかも

  参考句:
  日焼人帽子目深まぶかひげ白し 高濱虚子たかはま きょし

  日焼と目の旧作:
  ぱつちりと目の玉ふたつ日焼の子 ハードエッジ

  目口鼻あることはある日焼の子 ハードエッジ

 

髪洗ふ背にありありと天の川 ハードエッジ

  ※twitter発表時から推敲

 

黒髪のやみに流るるほたるの夜 ハードエッジ

  髪と蛍の名句:
  髪長き螢もあらむ夜はふけぬ 泉鏡花  きょうか

  旧字体「螢」のおどろな感じ

 

おかつぱの黒髪に花盆踊ぼんおどり ハードエッジ

 

手を当てて髪のあつさや秋桜あきざくら ハードエッジ

  髪とあつさでは、

  ただ居りて髪をあつがる遊女かな 八十村路通やそむら ろつう

  気に入らぬ髪結直ゆいなおすあつさ哉 永井荷風   かふう

  さらに、あつさが募ると、
  秋晴に我焦げてをる匂ひする 星野立子

 

曼珠沙華まんじゅしゃげ枯れゆく髪の乱れかな ハードエッジ

  別案:
  黒髪と変じ枯れゆく曼珠沙華 ハードエッジ

 

かわくまで月の出を待たせある ハードエッジ

  「待たせある」旧作:
  歌留多会かるたかい雪のくるまを待たせある ハードエッジ

 

爺婆じじばば白髪しらがめでたし七五三 ハードエッジ

 

ふる雪や白布に巻かれ髪切らる ハードエッジ

  今どきの床屋なら色物、縞、柄物もあるでしょうが、
  ここでは白布

  イメージとしてはてるてる坊主ですが、
  強引に雪に埋もれた感じで

  外では白い雪が舞っているのに対し、
  室内では黒い!髪がはらはら落ちる対照の妙!!

  私の頭からはちょっと出てこないイメージですが、
  実は、本歌取りです

  本歌:
  西日受く切られし髪の真中まなかに座し  相子智恵あいこ ちえ

  この句いいなあ、じゃあ、西日でない場合はどうだろう、、、
  と、安直に西日は夏→冬なら雪、の連想で作句しました

  相子さん、ありがとうございました

 

銀髪ぎんぱつや赤いコートをひるがへし ハードエッジ

  色の対比は私の常套じょうとう手段です

 

たてがみごとき銀髪雪女郎ゆきじょろう ハードエッジ

 

新年

黒髪の長からねども歌留多会かるたかい ハードエッジ

 

母と子のひげむつまじく猫眠る ハードエッジ

 

足長の飛蝗ばったなれども髭短か ハードエッジ

 

泡立ててサンタの髭や子に分つ ハードエッジ

 

 

◎登録画面/桐v9

全然堂歳時記 類題 【髪】PC画面

以上です