ペアリング46 嘘のやうに晴れて花見の水たまり ハードエッジ

ペアリング46

◎風と顔

春一番はるいちばんし顔なればまとまらず  伊藤白潮    はくちょう

颱風たいふうに目鼻飛ばして歩きをり  上野泰      やすし

 

 

◎川と海

海に入ることを急がず春の川  富安風生    ふうせい

海に出てしばらく赤し雪解川ゆきげがわ  三橋敏雄

 

 

◎黒猫

黒猫の這入はいりそれきり春のやみ  鳴戸奈菜なると なな

黒猫の影も黒ねこ日のさかり  牛田修嗣    しゅうじ

 

 

◎形無し

草餅くさもちほおばりし時目が会ひぬ  星野立子

つづけざまにくしゃみ/くさめして威儀いぎくづれけり  高濱虚子たかはま きょし

 

 

◎首傾げ

あぜ塗るや首をかしげてねんごろに  高濱虚子

かしこげに首をかしげて子猫かな  長谷川櫂      かい

首かしげおのれついばみ寒鴉かんがらす  西東三鬼さいとう さんき

 

 

◎食われるもの

時同じくねずみの子猫の子が育つ  右城暮石うしろ ぼせき

へびの夢かえるの夢や春を待つ  ハードエッジ

 

 

◎簡略化

白魚しらうおのさかなたること略しけり  中原道夫

形代かたしろとして省略をつくしたる  後藤比奈夫  ひなお

 

 

◎昨日の雨

椿落ちて昨日の雨をこぼしけり  与謝蕪村よさ ぶそん

うそのやうに晴れて花見の水たまり  ハードエッジ

石段に昨日の雨や七五三  ハードエッジ

道の上にきのふの雨の氷りけり  今井杏太郎     きょうたろう

節分やきのふの雨の水たまり  久保田万太郎

 

 

◎時の流れ

の輪とれ神の月日もまたはやし  伊藤柏翠    はくすい

松過ぎの又も光陰こういん矢のごとく  高濱虚子

 

 

◎人の話

竈猫かまどねこ人の話を聞いてをる  富安風生

蜜柑みかんむき大人おとなの話聞いてゐる  西村和子

 

 

以上です